スケッチ-神が予告した未来-ネタバレと感想 第6&7話 シヒョンのトラウマ

韓国ドラマ、【スケッチ-神が予告した未来-】の6話と7話を視聴しました。いくら予知能力があるとはいえ、シヒョンが未来の悲劇を阻止するためにあれほど必死になる理由が明かされます


以下早速ネタバレですスケッチのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


以前も少し話題に上りましたが、ジェヒョンにはシヒョンと同い年、しかも誕生日も同じだった娘=ヨニ(カン・ジウ)がいたのだそうです。ヨニは正義感が強く、警察官の父を誇りにしていました。


誕生日が同じということをきっかけにふたりは仲良くなります。当時から予知能力のあったシヒョンは、親友のヨニにだけその能力を打ち明けました。ヨニがしているミサンガが、絵に登場したからです


その絵には、ミサンガをしていない人間の遺体も描かれていたため、シヒョンは、ヨニ以外の誰かが亡くなるはずだと語りました。ヨニは、シヒョンの言葉を信じながらも、他の人には言わないほうがいいと忠告します。


ある日のこと、クラスメイトのヒスクが学校に来ないのを心配したふたりは、ヒスクの家を訪れました。ヒスクは父親から虐待を受けていたらしく、二人に「水が飲みたい」と語って水を飲んだ後、「美味しかった」と言って絶命してしまいます


そこへヒスクの父親が戻ってきました。ふたりは他の部屋へ逃げて鍵を閉め、窓を開けるとすぐそばに隣のビルがあります。実際ヨニは飛び移ることに成功しますが、下を見てしまったシヒョンは飛ぶのを怖がったため、ヨニが戻ってきてシヒョンを励ましました。


大丈夫、私が後ろで見ているから。あなたなら飛べる!


そのおかげでシヒョンも隣のビルに飛び移り、あとはヨニが来るだけ、となった時、ヒスクの父親が鍵を壊して飛び込んできました。急いで窓から飛んだヨニはその足をつかまれてしまいます。シヒョンは必死でヨニの腕をつかみましたが、ヨニはシヒョンに逃げるよう促しました。その時ミサンガが切れたのだそうです


スケッチの予言通り、ヨニは落下し、亡くなってしまいました。シヒョンはその時のミサンガを今でも大事に持っているそうです


そのシヒョンが自分の遺体をスケッチしました。3日の期限内には誕生日を迎えるそうです


しかも、イルスが護送されると知ったシヒョンは一人で出かけてしまい、イルウがイルスを逃亡させようとした現場を抑えて逆に捕まってしまいます


このイルスが、ここまで来てもまだシヒョンを襲おうとするのがまた実に浅ましかったですね~。兄のイルウも呆れていました


現場に急行して事情を察したジェヒョンは、シジュンに連絡して協力を要請します。シジュンはオ博士を脅迫してドンスへの訴えを取り下げさせ、ドンスにシヒョンの救出を手伝わせることにしたのです


ドンスは早速、持ち前の観察眼を生かしてイルウの居場所を突き止めました。イルウの後をつけたドンスがついにシヒョンにたどり着くと、そこへドジンも現れます。イルウとイルスは、イルスへの復讐に燃えるドジンをおびき寄せるために利用されたのです


~ここでドジンがドンスに、ジスを殺したのは「因果律」のためだと語ったことから、シヒョンは、自分と同じ能力を持つ者がいることに気づいたかもしれません


ドジンはイルスを射殺して、妻の復讐を遂げました。それを黙って見逃がしたドンスは、俺にも復讐させろ=ドジンを殺す、と息巻きますが、そこへナム・ソヌの部下=パク部長が現れて、ドジンを連れ去ってしまいます。ドンスの見立てでは、パク部長は特殊部隊の出身のようですが、ソヌはいち早くパク部長を高跳びさせてしまいました。


そのソヌはドンスに取引を持ち掛けてきます。ドジンを引き渡す代わりに、カディノクスの副作用を見逃がせとでもいうつもりでしょうか


その一方、シヒョンは何とか無事救出されたものの、スケッチの期限はまだ残っています


ヨンシムが用意してくれた誕生日のケーキを切ったシヒョンは、ヨニのために1本のロウソクを立てました。それをシヒョンと一緒に吹き消したジェヒョンは、私を恨んでいるかとのシヒョンの問いに対し、これまで一度もシヒョンを恨んだことはないと、答えます。きっとヨニも同じだ、と


シヒョンがヨニと友達にならなければヨニは死なずに済んだというなら、そもそもジェヒョンが妻と出会わなければヨニは生まれることもなく、殺されることもなかったのだから。人生でそんなことを言い出したらきりがないのだから


その話をドンスが物陰で聞いていました。そのドンスはドジンを、そしてシヒョンを救うことができるのでしょうか?


スケッチ-神が予告した未来-」は来週の放送も楽しみですね



スケッチ~神が予告した未来~ DVD-SET1&2


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません