サイン ネタバレと感想 第8話 裏切り

大森南朋さん主演の【サイン~法医学者柚木貴志の事件~】の8話を視聴しました。この曜日この時間帯ではおなじみで、来週の9話が最終回だそうです


こうした展開ではたしてどんなラストを迎えるのか~以下早速ネタバレですサインのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


島崎楓が犯人だと確信した柚木たちは、事務所社長の会田から真相を聞き出そうとしましたが、その会田も楓に殺されてしまいました。現場検証をした警察は、飛び降り自殺との見解を示し、島崎の秘書・佐々岡充(木下ほうか~水原重治@下町ロケット)も、伊達に解剖を依頼し、事実を伏せるよう命じます


和泉は、もう二度と真実に目をつぶることはできないと上司の下山益男(利重剛~我聞慎介@凪のお暇)に食い下がりました。下山は、表面上は和泉を止めましたが、こっそり知恵を授けてくれます


和泉は早速法医研へ行き、遺族の希望があったから、会田の解剖には柚木も立ち会うよう依頼しました。伊達も仕方なくこれを了承しますが、当然、柚木は伊達が隠ぺいしようとした事実を明らかにします。会田は頭を殴られた形跡があったのだそうです。


意外にも伊達はこの事実をあっさり認めてくれました。佐々岡は話が違う!と詰め寄りますが、伊達は「これで分かったか」と言わんばかりです。私はここの院長だ。口の利き方に気を付けてもらいたい


佐々岡がその後土下座したかどうかは存じませんが、伊達はコロリと態度を変え、会田の死亡推定時刻を偽りました


会田が殺されたのは19時前後であり、和泉と高橋は、その時間に楓が会田のホテルに来ていたとの証言を得ていたのですが、伊達が、死亡推定時刻を23時と発表したため、楓にアリバイができてしまいます


そんなばかな!


柚木や中園を始めとする法医研のメンバーがこぞって食い下がりましたが、伊達に黙らされてしまいました


でも中園は諦めず、例の青い繊維を警察に届けようとしますが、これも伊達に阻止されました。伊達は、中園の妹が心臓移植もしくは人工心臓を必要としていることを知り、証拠の繊維を渡せば、妹を助けてやると約束したのです


果たして中園は己の信念を貫くことができるのでしょうか?


そして柚木は???死なないで!( `ー´)ノ


最初は見ないつもりだったのに結局ず~っと見ちゃいましたが、これでまたあの最後を見るのは辛いですよね~。何度も言うようでしつこくて恐縮ですが、なんとか違うエンディングを期待するのみでござりまする


←前回のレビュー  最終回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません