刑事ルーサー ネタバレと感想 第6話 頭の中のクモ

英国ミステリー、【刑事ルーサー】の6話は「頭の中のクモ」です。いや~同じ猟奇物でも、これは面白かったですよ。丁々発止の心理戦に相当イライラさせられましたが刑事ルーサーが面白い( *´艸`)、最後はかなりスカッとしました


このドラマを見始めた頃、どうにもシックリこなくて評判をググった際、アリスのファンが多いことにヒジョーに驚いたものですが、今なら分かります。アリスはかなりイケてます


以下早速ネタバレです刑事ルーサーのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


卑怯なリードは、あらかじめテラーに連絡を入れ、ルーサーは自分でゾーイを殺しておきながらリードに罪を擦り付けようとしている、と伝えました。人の好いリードはすっかり信じ込まされます


これでルーサーは殺人の容疑者となり、警察から追われる身となりました。行き場を失ったルーサーは、アリスの家を訪れます


Alice, I need you to help me.
アリス、俺を助けてくれ


アリスは喜んで協力を申し出ました。Excellent. Where do we start? 最高、何から始める?


一方、リプリーだけはルーサーを信じてくれました。ゾーイが殺された現場ではノースとゾーイの関係を表すようなものが破壊されていたため、一緒に現場を検証したシェンクはルーサーの仕業だと断定しましたが、リプリー曰く、こうした夫婦間の嫉妬による犯罪の場合、銃が凶器になることはまずないのだそうです


リプリーは、何者かがルーサーに罪を着せようとしていると直感しました。もしルーサーが犯人なら、マーク・ノースの仕業に見せかけるはずだ


そこへそのルーサーから電話がかかってきました。俺はやっていないというルーサーに、リプリーもそう思うと応じます


ルーサーは、そんなリプリーを必要以上に巻き込む気はないが、と前置きしたうえで、イアン・リードを信じるな、と忠告しました。


リプリーが詳しく事情を聴こうとした時、凶器の拳銃が見つかったとの知らせが入ります。その声はルーサーの耳にも届きました。


それでルーサーは、リードが使った凶器の拳銃は、以前ルーサーが触った銃に違いないと思いつきます。リードは、ルーサーの指紋が付いている銃でゾーイを撃ち、その銃を捨てておいたのです


ルーサーとアリスは早速その銃を奪いに行くことにしました。アリスはルーサーに、もし捕まったらルーサーに脅迫されたと言う、と平然と答えた時のルーサーの反応がまた可笑しかったですね~


Do you ever step outside yourself, wonder what you're doing and think you've gone mad?
君は自分がどうかしていると思ったことはある?


キッパリ、無いわと答えるアリス


Look, you and I are who we are. You need to know this. Of all the people in the world, I will never betray you.
ねえ、あなたと私はこういう人間。世界中で私だけは決してあなたを裏切らないと知るべきだわ。


ルーサーとアリスはリプリーたちの車を襲い、銃を奪いました。ルーサーはリプリーを傷つけるつもりはなかったのですが、リプリーがルーサーに(疑われないよう)リプリーを殴るよう促します。だからってろっ骨が折れるほど殴らんでも良かったのに


これで確固たる証拠は無くなりました。


リードは逆に、これでルーサーが真犯人だと証明されたと語りましたが、実際は不安でならないようです


そこでリードは賭けに打って出ました。ルーサーに電話をし、ゾーイを殺したことを仄めかしながら、こんな思いをするくらいなら死んだ方がましだとルーサーを挑発します。一度会って話がしたい


It's like my head's full of spiders.
まるで頭の中にクモがうじゃうじゃいるようだ。


リードは前回盗んだダイヤをロッカーに隠し、テラーには、ルーサーが会いたいと言ってきた、と嘘をつきました。いかにもルーサーに恩義を感じている口ぶりで、防弾チョッキなど着ていけない、と善人ぶります


テラーは激高し、丸腰でなど行かせられない!特殊武器支援班を呼ぶ!!と息巻きました


それこそがリードの狙いです。リードはルーサーを殺させるつもりなのです


が、そこはルーサーが1枚も2枚も上手でした。ルーサーはノースに会って協力を仰ぎます。自分は決してゾーイを殺してなどいないと説明し、ノースに警察へ行って、リードのロッカーからダイヤを奪ってくるよう依頼しました


そんなことは夢にも思っていないリードは、待ち合わせの場所にルーサーがやってくると、わざとルーサーの怒りをかきたてるような話を始めます。ルーサーがリードに手を掛けたら、テラーが「射殺」を命じる手はずになっているからです


これもまたルーサーはお見通しでした。ルーサーはリードに「ダイヤ」のことを話します。俺がここに来たのは、お前をロッカーから引き離すためだ


リードは負けじとゾーイのことを口にし、ルーサーを挑発しようとしました。さすがのルーサーも耐え切れずに怒鳴り返し、ポケットに手を入れたため、ついにテラーが狙撃を命じます


John! Run! Run!
ジョン、走れ、逃げろ!!


リプリーが叫びました


ルーサーは無事逃げおおせ、テラーはリプリーに激怒しますが、シェンクは違和感を抱きます。家族思いで忠誠心にあふれたリプリーがルーサーを助けようとするのはただ一つの理由から~ルーサーが無実だからだと気づいたのです


一方のリードは、ダイヤが持ち逃げされたと気づき、ノースの後を追ってきました。リードがロッカーに監視カメラを仕掛けておいたのには参りましたね~。どんだけ疑り深い小心者だったのでしょうか。シェンクはこの映像も目にしたようです


リードを待ち伏せしていたルーサーは、そこでゾーイ殺しの自白を録音しました


ルーサーはリードを逮捕しようとしましたが、リードはそれを嫌い、またしてもゾーイのことを持ち出して、今度はノースを挑発します。ゾーイはルーサーに相手にされないのが不満でリードに抱かれていたというのです


殺すだけでは飽き足らず、死者を貶めるこの言動には、ノースばかりかアリスも我慢できませんでした。アリスは、ルーサーが止めるのも聞かず、リードを射殺してしまいます


そこへ警察が乗り込んできて??


Now what?
今度は何だっていうんだ?


ルーサーのセリフに加え、BGMのDon't let me be misunderstood(俺を誤解されないようにしてくれ)も効いてましたね


予告ではシェンクがアリスに、ルーサーに頼まれたのか?と聞いていたようですが、アリスは果たして何と答えたのでしょうか?


犯罪自体は猟奇的なものが多いのですけど、そこはイギリスドラマらしく、あちこちに効いているウィットが緩衝材となっているため、フィクションとして十分楽しめます。「刑事ルーサー」は続きもとっても楽しみです



刑事ルーサー第1話


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 2件

コメントはまだありません
あいっち  

「刑事ルーサー」ハマっています!
このドラマは、数話まとめて見ようと思って楽しみにしていたら・・・よりによってこの回の後半が録画できていませんでしたv-399
リプリーが叫んだあたりで・・・。
リプリー、かなりいいです!ルーサーが信頼してるのもわかります!!
その後は、こちらに飛んできて話の続きを読ませていただきました。
ありがとうございましたm(__)m

こん
あいっちさんへ  
面白いですよね♪

あいっちさん、こんにちは♪

刑事ルーサー、面白いですよね~。
私もリプリー好きですよ~。

最初はリード推しだったんですけどね~(;´Д`)。
とんでもないク〇野郎でしたね( `ー´)ノ。

録画に失敗すると凹みますよね~。
アタイも何度も皆さまに助けられてきました(笑。こん(^_-)-☆