スケッチ 最終回 ネタバレと感想 正義の行方

韓国ドラマ、【スケッチ-神が予告した未来-】の最終回を視聴しました。これはなかなか面白かったですね~。少なくともおばさんが懸念していた憂鬱なシナリオではなく、未来に希望の持てる結末でした


以下早速ネタバレですスケッチのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


シジュンは、卑怯にも、ドンスとドジンを呼び出して殺し合いをさせようとしました。あのテジュンですら、シジュンがドジンの妻スヨンの死を予知した時は、助けたかったらしいのに


たとえシジュンが共通の仇であっても、実際にジスを殺したのはドジンであることは変わらないと息巻くドンスに対し、ドジンはもう、自分がどれほど愚かだったかに気づいています。亡くなったペク・ウジンの言葉が今更ながらに胸をえぐりました


ドジンは、せめてスヨンの仇を討つためにシジュンを殺させてほしいと訴えましたが、それが叶わぬなら、大人しくドンスに殺されようとします。


でもドンスも、ようやく、そうした殺戮はジスの望むところではないと悟り、ドジンに自首を進めました。犯した罪を一生かけて償え


思惑通りに事が運ばないと見てとったシジュンは、ドンスを殺そうとします。そのドンスをドジンが庇って撃たれました


それまでドジンは毎晩ずっと、帰宅するとスヨンが死んでいた夢を見ていたらしいのですが、死ぬ直前に見たのは、帰宅したドジンをスヨンが笑顔で迎えてくれた光景でした。ドジンは満足げな表情を浮かべて旅立っていきますドジンが可哀想過ぎた~(;´Д`)


一方のシジュンは、ムンギの名を騙ってチョ・ミンスクを呼び出しました。ミンスクは、国を代表するチョンサン法律事務所の代表だそうです。シジュンはミンスクを、シジュンとシヒョンが幼い頃住んでいた地方の廃校へ連れていきました。


そこへ行く途中でシジュンは、電話をかけてきたシヒョンに、行先を突き止めるのはシヒョンしかいないが、決して来てはいけないと釘を刺します。シヒョンの死を予知したシジュンは、自分がシヒョンを殺すのではないかと憂えていたそうです。


シジュンは、たとえ「ご老公」が存在しなくても、せめて組織のリーダー格であるミンスクを殺そうとしますが、そこにシヒョンが駆け付けてきました。シヒョンは、ドンスから、いざとなったら兄を殺すぐらいの覚悟がなければ捜査から外れるよう促されていたのですが、兄を止められるのは自分しかいないと覚悟を決めてきたのです


シジュンはそんなシジュンに「俺を撃て!」と命じました。そうしなければ、俺がお前を殺す!!


そこにドンスがやってきます。ドンスは口では厳しいことを言ったものの、シヒョンに兄を殺させたくはなかったのです。もちろんその逆も防ぎたかった。ドンスはシヒョンを庇って肩を撃たれました


その後すぐにシジュンが予知をしますシジュンの最後の予知がよかった♪。その予知こそ、「ご老公」の組織によるコールド・セールの全貌が明らかになり、ドンスとシヒョンが中心となって「聖域なき捜査」が行われた未来でした。国中では組織に対する大規模なデモが起き、ドンスとシヒョンはミンスクを逮捕しますご老公組織が逮捕されます( `ー´)ノ


その予知に満足したシジュンはかすかな笑みを浮かべて自殺を図りましたが、そこはドンスが止めました。それもすべてはシヒョンのためです


シジュンは自分の予知を誰にも語らなかったらしく、ドンスたちは「コールド・セール」が始まったのをニュースで知り、ご老公組織逮捕への闘志を燃やしました。ミンスクはシヒョンとドンス、特にシヒョンを始末するよう仲間に命じていたようですが、それも失敗に終わるのでしょう


できればそこをシッカリ見たかったですが、予知で知らせて終わるというのもなかなか粋な展開でしたね


欲を言えばドジンも生かして罪を償わせてあげたかったですが気の毒なドジン(´;ω;`)、その点を除けば満足です



スケッチ~神が予告した未来~ DVD-SET1&2


←前回のレビュー


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません