いだてん あらすじと感想 第35話 民族の祭典

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の35話は「民族の祭典」です。これはベルリンオリンピックの記録映画「オリンピア」の日本語訳(=民族の祭典)を使ったものと思われます


ベルリンオリンピックと言えば「前畑頑張れ」しか存じませんでしたが、こうして当時の映像を再現されると、いかにこのオリンピックが特殊な状況下で行われたのかがひしひしと伝わってきます


それでも選手たちは「民族の祭典」を謳歌しようと頑張っていたようですが、もし次のオリンピック(1940年)が予定通り東京で開かれていたら、この二の舞になってしまったかもしれませんね


以下ネタバレのあらすじですいだてんのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


そのオリンピックが開催される直前、ついに次回オリンピックの開催地が決定しました。東京です


この結果は、治五郎の熱のこもったスピーチに感動したからではなく、以前河野が推測していたように、ヒトラーのおかげだったことが判明しました。ラトゥールが東京を推してくれたのも、ヒトラーの後押しがあったからです。それはラトゥール自ら田畑に明かしました


ラトゥールの訪日の感動が嘘のように薄れていきますね~。当時のナチスの勢いはそれほど大きかったのです


そうは言いながら、スポーツと政治は関係ないという信念も表明されます。中国が敵国=日本に票を投じてくれたのです。日本も中国も「アジア」という点では同じなのですよね。オリンピックは欧米人だけのものではないという気骨が、中国の代表から伝わってきました


実際のオリンピックでも、この「政治」の影は色濃く映し出されました。何せ日本人選手団からして、田畑を除く皆が「戦闘帽」をかぶり、何かにつけて「ハイルヒットラー」を繰り返していたのだそうです


日本人選手のほとんどは、その意味を本当に理解していなかったようですが、通訳のユダヤ人の青年は違いましたね。彼にとってのナチス、ヒトラーは「迫害と殺戮」でしかなかったのでしょう。


田畑も実際どこまで理解していたかは不明ですが、少なくとも、オリンピックの五輪マークの隣に貼られた鉤十字には違和感を抱いていたようです。というより不気味でしかなかったですが


このオリンピックは気に入らねえ


夜中にひとり練習をしていた前畑に田畑が声を掛けました。前畑は、自分もこのオリンピックは好きではないが、勝てばきっと好きになれる、と答えたそうです


その結果は次回へのお楽しみに取っておくとして、この大会ではマラソンに、日本で練習を積んでいた朝鮮人が参加したそうです。ハリマヤのマラソン足袋を履いた彼らは、見事に金メダルと銅メダルを獲得したそうですが、当時の朝鮮は日本の統治下にあったため、表彰台で聞いた国家は君が代で、目にした旗は日章旗だったそうです


日本でラジオを聞いていた四三たちは、彼らの心中を思いやりますが、ハリマヤの辛作は、そんなの関係ねえと切り捨てました。俺は、俺の足袋を履いて走る皆を応援する!それでいいじゃねえか


そのハリマヤでは、シマの忘れ形見の「りく」(杉咲花~二役)が働いていました。四三は思わず、シマが生きていた、と勘違いしたそうです。よかった、シマちゃん!!


そのりくは、これは期待通り、小松と仲良くなるようですね。それでめでたく五りんが誕生するのですね


今回その五りんがハリマヤを訪ねましたが、辛作はかなり年老いていて、彼がりくの息子だとは気づかなかったようです。写真もあったけれど、りくが撮影したため本人が写って無かったので、五りんも分からなかったらしい


さていよいよ来週は「前畑がんばれ」です。政治やナチスの思惑などどこかに吹き飛ばした前畑の活躍が今からとっても楽しみです


←34話のレビュー  36話のレビュー→



いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪
本当に不気味で怖かったですよね~。

それでも出場した選手たちにとって
「オリンピック」には違いないのですものね(;´Д`)。

来週の「前畑頑張れ」が楽しみですね(^^)/。こん