これは経費で落ちません!ネタバレと感想 第8話 嘘つきとノベルティの巻

これは経費で落ちません!のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: これは経費で落ちません! あらすじと登場人物リスト


多部未華子さん主演の【これは経費で落ちません!】の第8話は「嘘つきとノベルティの巻」です。今回は、森若はもちろんのこと、佐々木真夕の優しさが際立ったエピソードでしたね~これは経費で落ちません!が面白い(^^)/。感動しました特に伊藤沙莉ちゃん大好き♪


以下早速ネタバレですネタバレ感想行きますよ~(^^)/


森若は、山田が可愛い女の子と抱き合っているのを見てからずっと悶々としていました。でも、これまでずっと山田が「嬉しい気持ち」をくれていたことを思えば、「苦しい気持ち」ももらって初めて「イーブン」なのかもしれないなどといかにも森若らしい「計算」をします。


しかも山田が抱き合っていた「大学の後輩=樹菜」はどうやら山田の「元かの」だったそうです


山田もハッキリ言わないし、森若も確認できずにいたところに、新たな、今度は会社の問題が持ち上がりました。社長の息子で、通称「ジュニア」円城格馬専務(橋本淳)が専務に就任したのです。


このジュニアは、最初の頃の麻吹同様、天・天コーポレーションの効率化と経費削減を前面に押し出してきました。最初にターゲットとなったのは、営業用キャンペーンのノベルティ、トートバッグです。担当は佐々木の同期の中島希梨香(松井愛莉~森下汐里@グッド・ドクター)。


中島は経理にいくつかサンプルを持ってきて、モニターを依頼していきました。佐々木はすっかり気に入って、家用と会社用の2つほしいとおねだりします。麻吹が断ったため、数的にはちょうどよかったのですが、そこにジュニアがやってきました。本人は「ジュニア」と呼ばれるのは嫌らしいですが、実力のほどが分からないうちは「ジュニア」で十分ですよね


このジュニアが、サンプルのバッグを取り上げて品定めしたために、森若のバッグと佐々木のバッグが入れ替わってしまうのですが、ここでは誰も気づきません


ジュニアはこんな無駄なキャンペーンはやるだけ無駄だと、中止を命じました


入社したての頃、毎日中島に愚痴を聞いてもらって助けられた佐々木は、なんとか中島の役に立とうとします


一方で、営業部のおっさんたちが「天天ガールズという新しい広告塔を選ぶことになりました。図々しい荒井樹菜はここぞとばかりに売り込んで、おっさんたちに色目を使います。中でも、鎌本義和(髙橋洋~吉本耕三@集団左遷!!)は鼻の下を伸ばしっぱなしでした


荒井からトートバッグをねだられた鎌本は、山田に圧力をかけてきます。仕方なく山田は中島に交渉しに行きますが、必要最小限しかないと断られたため、今度は佐々木に頼みに来ました。佐々木が2つ持っていると聞いたからです。


佐々木が断ったのを聞いた森若は、山田が喜ぶ顔を見たさに、自分のバッグをあげることにします


恐らくこれでイーブンかと思われますので


山田はようやくここで、抱きつかれたことは確かだけれど深い意味はないと釈明しました。森若が嫉妬してくれて嬉しいとも伝えます。


森若が、ふたりでイーブンでいるためにしてほしいことはないかと尋ねると、山田はあるあるある!と元気よく答えました。「言えること」はお弁当だそうですが、「言えないこと」は何だったのでしょうか

bentou


森若は、お弁当を作るのは好きだが、会社用は勘繰られるからダメだと断りました。それで山田は、一緒にマミー牧場へ行こうと誘います。森若は、それでは山田の大赤字だと心配しますが、山田はまったく気にしません


沙名子さんが喜んでくれれば、俺も嬉しくなるから山田もイイやつ♬


が、そんな良い雰囲気も、また荒井のせいでぶちこわしになりました。荒井は山田から手に入れたトートバッグをネットオークションに出したのです!?


これを知った中島は、そのバッグの番号から佐々木のものだと誤解しました。佐々木はちょうど、大好きでおっかけしているアレッサンドロという歌手のパネルを6万円で落札したばかりだったからです。


金欠だけどそんなことしない!


佐々木は中島のために、楽しみにしていたアレッサンドロのコンサートを諦めて残業までして、ノベルティに販売促進効果があると証明しようとしていたのに


トートバッグをオークションに出した犯人を探すには落札が一番だということで試したところ~これは経費で落ちるらしい~早速出品者から連絡が入りました。それが荒井樹菜です


荒井はノベルティ専門の転売屋なのだそうですよ。このトートバッグのデザイナーはインフルエンサーで、20代30代の女性から絶大な支持を得ているのだそうです。


まったくね~おっさんたちが鼻の下伸ばしてあんな詐欺師に騙されたばっかりに、佐々木の気持ちが踏みにじられてしまいましたよ


もちろん森若も「妹のため」という嘘に騙されたのですから、ここは怒って当然ですね


それでも山田は言葉を尽くして理解を求めました。ここの会話が、森若と山田はデートの話をしていたのに、佐々木と麻吹たちはトートバッグのことだと思い込んでいたズレが可笑しかったですね~


また佐々木は遅ればせながらもコンサートに駆け付けました。ほんの少しだけ顔を見られたと満足しようとしていたのですが、その帰りに寄ってコーヒーを買ったコンビニで、ぶつかられてコーヒーをこぼした佐々木をアレッサンドロがハグしてくれます。神様が優しい佐々木にご褒美をくれたのですね~きっと


その山田や森若、そして佐々木たちの尽力で、トートバッグはなんとか日の目を見ることになりました。でもジュニアにはあくまでも「営業の山田」のアイディアとして報告されたようで、次は経理が標的にされそうです。ジュニアはアウトソーシングを活用して社員をリストラしようと目論んでいるようなのです


他の部署ならいざ知らず、経理を外部に委託するなんて信じられんわ~。いよいよ部長が立ち上がる番か?新発田部長ガンバレ!(^^)/


これは経費で落ちません」は続きもとっても楽しみですね



これは小説も面白そうこれは経費で落ちません!


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪
佐々木は実に可愛かったですね~。

でも確かに

>あのケバイグループのどこが…なの?

は同感ですね( *´艸`)。

次回分(本日)は録画できそうなので、
早めに見ちゃうかも~です(^_-)-☆。こん