ピョン・ヒョクの恋 ネタバレと感想 第13&14話 清掃員たちとヒョクの絆が楽しい

チェ・シウォンさん主演のラブコメディ、【ピョン・ヒョクの恋】の13話と14話を見終わりました。これはまたラブコメとは違った意味でも面白くなってきましたね~。以下早速ネタバレですピョンヒョクの恋のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


でもまずはその「ラブコメ」から参りますると、前回ヒョクは、ジュンはヒョクが好きなのに気づいていないだけだと考え、熱烈なキスをしました。そうすれば相手が「運命の人」だと分かると信じていたのです


その目論見通り、ふたりには「ビビビビっ!と電流が流れましたが、ジュンは流れなかったと嘘をつきました。まだ心の準備ができていなかったようですね


一方で、セマン食品の作ったガンス焼肉丼を売るには、ちょいとした根回しが必要でした。ヒョクは、叔父でガンス流通社長=ビョン・ガンホ(キム・ウンソク)の弱みを盾に脅し、置いてもらう許可を得ます。これがまさにジュンの言う、財閥3世のヒョクにしかできないことですね


が、いざ店頭には並んだものの、まったく売れず、そもそもセマン食品を切った理由の新製品に押されっぱなしでした


そこでジュンは、昔営業をしていたというギソプから知恵を借り、皆で「サクラ」になって顧客を誘導します。人は、誰かが美味しいと言っていたり、売り切れそうになっていると、つい、じゃあ自分も買ってみようと思うものなのです。


この作戦は見事に成功し、セマン食品の売り上げは新製品のそれを圧倒的に上回りました


報告を聞いたガンスは激怒しますが、そこに「ブルーハウスから電話が入ります。青瓦台をホワイトハウスに引っ掛けたのですね~なるほど。


大統領は、下請け切りが横行する中、ガンス食品がそれをよしとせず、下請けの在庫処理に協力したと大いに評価してくれました。また、清掃員の直接雇用も寄与したようです


大統領から表彰されたガンスは、すっかりご機嫌で、ヒョクの株も上がりました


ウソンがこれを面白く思うはずがありません。ウソンは早速ガンスに、ヒョクを助けているペク・ジュンは、ペク・スンギの娘なのだと言いつけました。


ウソンはまたジュンにも、スンギは賄賂を受け取ったために解雇されたと伝えます。母から父は不当解雇されたと聞いていたジュンは驚いて抗議しますが、スンギの不正を告発したのはチャン社長と聞かされて愕然としてしまいます


どうやらチャン社長は、ガンスの命令で虚偽の告発をしたようですね。それはソル・ギファン専務も承知していたようです


ジュンがスンギのことで傷ついたと知ったジュンの母のヨンウンは、ギファンに抗議に行きました。会社が夫にしたことはすべてわかっている。ガンス・チキンのことを暴露されたくなければ、これ以上娘を傷つけるな!


この話はヒョクが立ち聞きしていましたから、ガンスチキンが何たるかは、早晩分かることでしょうね


ここでも、ギソプがその立ち聞きに協力しています。このふたりの阿吽の呼吸がまた実に楽しかったですね~。同じ釜の飯を食った仲間同士の絆でござるね


一方でジェフンが、ガンスフードの借名口座のデータを持っていたようです。ということはつまり「裏金」のためのマネーロンダリングですよね。汚い手段で稼いだ金なら、せめて広く社会に還元すべきなのに、独り占めするとは罰が当たるぞ!この守銭奴!


苦しむジュンを、ヒョクが黙って慰めます。前にジュンに作ってもらったラーメンが美味しかったと言って、今度はヒョクがジュンのために作りました。ふたりで一緒に食べたから美味しかったんだ。

ジュンとヒョクがお似合い♪


ジュンも少しずつこのヒョクの優しさに心がほぐれていくようでしたね絡める指と指♪


またヒョクはウソンにも釘を刺しに行きます。ウソンは、ヒョクに(最終的にはチュンソプに)事故の罪を着せた11年前からずっと、1日も欠かさず泳いでいるのだそうです


ヒョクはそれを指摘したうえで、今後ジュンを苦しめたら許さない、と言い渡しました。いよいよ宣戦布告でござるね子供じゃあるまいし親に言いつけるな!


ヒョクとジュンの恋バナももちろんのこと、ギソプ達清掃員との絆も大いに楽しめる「ピョン・ヒョクの恋」は続きもとっても楽しみですね



ピョン・ヒョクの恋 DVD-BOX1&2


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、ヒョクはまさにリーダーの器ですよね~。
不正が発覚してガンスフードが潰れても、
ヒョクは立派にやって行けそうですね( `ー´)ノ。
占い大当たり!ですね(^_-)-☆。こん