これは経費で落ちません! あらすじと登場人物リスト シリーズ化を期待して

青木祐子氏原作、多部未華子さん主演の【これは経費で落ちません!】は、実に楽しいドラマでしたね


天・天コーポレーションという、石鹸では古くから知られた中小企業の「経理部」という、一般的には地味な部署を舞台に繰り広げられる人間ドラマが、こんなにも多彩でドラマチックに思えたのは、主人公の「森若さん」をはじめとする登場人物たちが自分たちの仕事に誇りを持って毎日を過ごしていたからにほかなりません


同僚や先輩、上司との信頼関係も好ましかったですね~。そうそう、仕事へのプライドと良好な人間関係さえ保てれば、会社は実に楽しいところなのです。もちろん職場恋愛も大いに結構


役者が役にピッタリはまった個性豊かなキャラクターも勢ぞろいで、これで10話で終わるのはまったくもってもったいないです。是非、シリーズ化していただきたいとの願いを込めて、あらすじと登場人物のリストを作成することにいたしました。登場人物に関しては(敢えてそう呼ぶ)「シーズン1」が終了した時点での説明になっています。ネタバレされたくない方はくれぐれもご注意くださいませ


-目次-


  1. あらすじと感想
  2. 登場人物とキャスト
    1. 経理部
    2. 営業部
    3. 営業部広報課
    4. 総務部
    5. 仙台工場
    6. 他社員
    7. その他


【これは経費で落ちません!あらすじと感想】


これは経費で落ちません! ネタバレと感想 第1話 経理部の森若さんの巻


第2話 落とす女、落とせない女の巻


第3話 逃げる男の巻


第4話 女の明日とコーヒー戦争の巻


第5話 流された男の巻


第6話 うさぎとタイガーの巻


第7話 石けんの秘密とキスの巻


第8話 嘘つきとノベルティの巻


第9話 水曜日の領収書の巻


最終回 どうしますか、森若さんの巻


▲目次に戻る



【これは経費で落ちません!登場人物とキャスト】


《経理部》


森若沙名子(多部未華子~雨宮鳩子@ツバキ文具店):
誰からも一目置かれる優秀な中堅社員。同僚とはうまくやりながらも一歩距離を置き、プライベートを大切にする奥手な女性だったが、営業部の山田太陽に押し切られて付き合うことに。何事も「イーブン」がモットーで、座右の銘は「ウサギを追うな(意味は第2話)をご参照ください)


佐々木真夕(伊藤沙莉~松任谷夢子@獣になれない私たち):
経理部では新米。何事も一生懸命に努力する一方で、部長にも臆さずにモノを言う明るい女性。義理人情には厚く、たまの外出でコーヒーを買ってくるのが息抜き。ヴィジュアル系バンドCAROLINEのメンバー、アレッサンドロの大ファン


田倉勇太郎(平山浩行~米山貢次@集団左遷!!):
経理部では(部長を除いて)一番の先輩で、森若も絶対の信頼を置く。高校時代はラグビー部で活躍しただけあって、カチカチの見た目よりずっと人情派。親友のために不正に目をつぶったり、営業部広報課の皆瀬と不倫をしたりと意外性あり


新発田英輝(吹越満~ガカイ@精霊の守り人):
部長。いつも経理部員たちを温かい目で見守っているナイスガイだが、時々都合が悪くなると気配を消すため、佐々木から「お地蔵様」と呼ばれている。遅くに生まれた子どもの「MIYUを溺愛している。営業部の吉村部長とは一見犬猿の仲だが実は仲がいい


麻吹美華(江口のりこ~河合映美@グッドワイフ):
新人部員。「麻吹」は爽やかに風が吹き抜ける麻の布。「美華」は美しく華やかと書きます~が自己紹介の決まり文句だが、早速ついたあだ名はタイガー。安易に妥協できない性格から、もともとはNYFジャーナルで記者として2年間在籍した後、今までの15年間に7回も自主退社したつわものだが、天・天コーポレーションの経理部は居心地がよさそうで何より。「人は変われるが信念



《営業部》


山田太陽(重岡大毅~海老沢ゆずる@ごめんね青春!):
若手のエース。森若の仕事ぶりに感心しているうちに女性として好きになる。営業マンらしい明るさと憎めない押しの強さで鉄壁ガードの心を開く。専務に見込まれての香港への出向も「森若にふさわしいカッコいい男」になるためと勇んで出かけていく


山崎柊一(桐山漣~田中みちる@俺のスカート、どこ行った?):
営業部のエース。もともとは研究職を希望していて、何度も異動願を出していたが、そのたびに吉村部長にごまかされる。女性からの人気も絶大だが、クールな本人はどうやら森若に気がありそう?吉村部長が左遷された後、実績を買われて営業部の部長に就任


吉村晃広(角田晃広~タクシー運転手@いだてん):
会社は営業で持っていると思い込んでいる。機械&カタカナ音痴。新発田部長とは犬猿の仲だったが、最後には営業不振を理由に沖縄営業所の「経理部部長」となってからは毎日のように電話で新発田部長のご指示を仰いでいる


鎌本義和(髙橋洋~池部重行@いだてん):
上にはゴマをすり、下には威張る典型。若い子に目がない~まだ独身か?吉村部長の左遷後は自分が部長!と期待したが、後輩の山崎に先を越される


中島希梨香(松井愛莉~森下汐里@グッド・ドクター):
佐々木の同期かつ親友。仕事より恋愛優先で社内のスピーカー的存在



《営業部広報課》


皆瀬織子(片瀬那奈~北原有里@花咲舞が黙ってない):
天天コーポレーションの広告塔。一部の女性社員からは憧れているが、金遣いが荒いことから経理に目を付けられる。旦那は売れない俳優


室田千晶(真魚):
派遣社員



《総務部》


新島宗一郎(モロ師岡~北堀啓哉@下町ロケット):
部長とはいえ、部下に気を遣うあまり、嫌いなコーヒーも我慢するお人よし


横山窓花(伊藤麻実子~呈子@平清盛
後輩からも慕われている、よく言えば気配りの人。コーヒーを淹れることに全精力を注いでいるのは、コーヒー係が歴代玉の輿に乗ったという逸話から


平松由香利(平岩紙~花山三恵@ドクターX):
コーヒー係の無駄を訴える女性社員。誠実な森若を気に入り、自身が参加している意識高い系セミナーに誘う


有本マリナ(ベッキー)
秘書課の社員で社長のお気に入りなのをいいことに、社長肝いりの「特別枠」で経費を私物化し、六本木のバーで副業もしている困ったちゃん



《仙台工場》


留田辰彦(でんでん~野上@ゆとりですがなにか):
製造部所属の石鹸マイスター。認知症で腕が落ちたため、後輩の藤見を育てる


藤見アイ(森田望智):
製造部所属で犬並みの嗅覚を持つ留田の後継者。見た目よりずっと情に厚い


住谷光男(小松和重~昊天@おんな城主直虎):
製造部仙台工場工場長。肌が弱く自らも天天石鹸の愛用者



《他社員》


鏡美月(韓英恵~チョン・ヒジン@僕とスターの99日
研究開発室所属で森若の同期。実は専務の婚約者


円城格馬(橋本淳~宇都宮朝房@軍師官兵衛
社長の息子、専務取締役。通称ジュニア。天・天コーポレーションの改革に乗り出す


熊井良人(山中崇~鍋島智樹@インハンド
製造部静岡工場社員。田倉の幼馴染



《その他》


曽根崎ミレイ(藤原紀香~伊達理沙@アリスの棘):
天・天コーポレーションの「パラダイスカフェ」の設計デザイナー


曽根崎由美(高松咲希~君塚雪乃@クロスロード
ミレイの娘


皆瀬知也(ダイキ):
織子の夫で売れない役者


三並愛美(須藤理彩~杉優子@サバイバル・ウェディング):
意識高い系セミナーの講師。ほぼ詐欺師


熊井知歌(黒坂真美~深田麻由@トクボウ):
熊井の妻


アレッサンドロ(緑川裕宇):
ヴィジュアル系バンド、CAROLINEのメンバー


リー(バッファロー吾郎A~葛城茂警部@TWO WEEKS):
麻吹に恋する男。裏の仕事が得意?


荒井樹菜(筧美和子~桜木るり@あなたの番です
山田の元カノ。ほぼほぼ詐欺師


▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る




これは小説も面白そう


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪
早速お訪ねくださりありがとうございます!(^^)/

早速作っちゃいましたよ~♬。
楽しいドラマはこうした作業もめちゃ楽しいです( *´艸`)。

「ほぼ」は余計かと思いましたが、とりあえずつけてみました(爆。

他にも「後で作る」とか言ってそのままにしておいたのが
結構あるんですよ~(;^ω^)。
今日も暇なのでその作業に打ち込みまする( `ー´)ノ。

明日からまた通常営業(?)いたしますね~(^_-)-☆。こん