シャーロック ネタバレと感想 第1話 人間ドラマとして楽しめそう

ディーン・フジオカさんがあの【シャーロック】を演じるというので、いったいどんなシャーロックになるものかと楽しみにしていました。同じコナン・ドイルの作品でも「ホームズ」とは言わずに「シャーロック」と言うからには、ベネディクト・カンバーバッチのシャーロックSHERLOCK)を意識しているのですよね


実際に視聴した感想は~そうですね~ミステリーとしてよりも人間ドラマとして楽しめそうだというのが正直なところでしょうか。これは役者や演技がどうこういうのではなく、あくまでも脚本の問題だと思われまする。その脚本は井上由美子さん(おやじの背中遺産争族など)だということなので、それまた納得ですね


と、感想はそれぐらいにして、以下簡単なネタバレのあらすじですシャーロックのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


主人公の誉獅子雄(ディーン・フジオカ~柴門暖@モンテ・クリスト伯)は犯罪捜査専門のコンサルタントをしています。警察側の担当者は警視庁捜査一課の警部、江藤礼二(佐々木蔵之介~萩島勝秀@コウノドリ)。その江藤には巡査の小暮クミコ(山田真歩~木下あかね@あなたの番です)がいつもくっついていますお調子者の江藤と堅物な小暮のやり取りがまた面白い


今回の事件は、勤務医の赤羽栄光(中尾明慶~夏目@ゆとりですがなにか)が屋上から突き落とされて亡くなったというものでした。が、この時点で遺体に「防御創」がなかったことから、自殺したのではないかと(ミステリー好きなら)誰もが思うところですミステリーとしては正直言ってつまらんわ(;´Д`)。しかも、いかにも取ってつけたような証人がいたから尚更です


誉も多分この時点で「自殺」を疑い、それを証明するために捜査を続けたはずです。特に知りたかったのは、赤羽の胃に「バターとパセリ」だけが残っていた理由でしょうか


また、証人の話から、赤羽が同僚の精神科医、若宮潤一(岩田剛典)と争っていたことが判明しました。若宮は赤羽とは同じ大学の同期で、大学時代の成績はふたりとも芳しくなかったことも明らかになります。同じサークルに参加していたというふたりの相違点は赤羽が裕福な家の息子だったのに対し、若宮は貧乏奨学生だったこと。


誉がこのサークル=未来医学研究会について調べたところ、ひとりだけ医者にならなかった学生がいたことが分かりました郡司貴生(淵上泰史~岸田裕也@デザイナーベイビー)といって今ではジャーナリストです。その郡司が2週間ほど前に赤羽の診察を受けていたことも明らかになりました。


しかもこのサークルでは「CLEOPATRA号」というクルーザーで勉強会をしていたそうです。彼らは携帯も繋がらない海の上でいったい何を勉強していたのでしょうか


以下ネタバレです


なんとこのサークルでは、赤羽の父親のコネを利用して医師国家試験の問題を入手し、それをクルーザーの中で丸暗記したのだそうです。が、船酔いをした郡司はひとりだけ不合格だったらしく、医者として成功をした赤羽を脅しに来たのだそう。


赤羽は、たとえきっかけは「不正」でも、たくさんの患者を救えば許されるだろうと一生懸命頑張ったそうです。コンパニオンをしていた妻の汀子(松本まりか~小川唯菜@グッドワイフ)には、結婚前に子どもができた時に過去を打ち明けましたが、汀子は許してくれたのだとか。


赤羽は、もう一度汀子に相談し、郡司と話すことにしたそうですが、これが悲劇の始まりでした。もともと「医者」という肩書を目当てに赤羽に近づいた汀子は、邪魔な郡司に熱湯をかけ、赤羽に消火器を渡して殴り殺すよう促します


光をニセ医者の娘にしていいの?ほら 早くやって!やれって言ってんだよ!


本性を現した汀子に唆されたとはいえ、赤羽はもう生きる気力を失くしていました可哀そうな赤羽( ;∀;)。にせ医者ばかりか今や殺人犯となってしまった赤羽を汀子がこう罵倒したからです。


医者じゃなくなった夫には何の価値もない


それでも赤羽は、そんな鬼嫁・汀子と娘の光に保険金を残すため、自殺をしたのだそうです。その直前、赤羽は汀子と光をファミレスに呼び出し、光の嫌いなパセリにバターを塗って食べたのだそう。全部食べないと汀子に叱られるという光を庇うためです


欲深い汀子は、保険金が事故では6千万のところ、事件に巻き込まれたら倍額の1億2,000万が支払われると知り、若宮を犯人に仕立てることにしたそうです。若宮が汀子に言い寄っていると嘘をつき、若宮の写真を破ったりしたために、逆に誉に見破られてしまったのですが。また喪服に付いていたタグの日付も、赤羽が死ぬ直前だったらしいです


誉は、汀子の罪は「自殺教唆」と「殺人死体遺棄の共犯」だと指摘しますが、もし汀子が捕まれば若宮のカンニングも明らかになる、とここで手を引いてしまいました


若宮は病院を辞め、おそらくは医師免許も返上し、汀子は無事逮捕されます。もちろん手柄はすべて江藤のものです


自宅が雨漏り?で住めなくなっていた誉は、若宮が無職になったことを理由に、若宮のマンションに引っ越してきました。若宮は、怪しげな誉との同居にあたり、何かあった時のために記録を取ることにしたそうです。ジョンはブログに書いてたけど、若宮は日記ですかね


汀子役の松本まりかさんの鬼嫁ぶりがすさまじかったのと対照的に、娘のために美味しくもないパセリを食べた優しいパパの赤羽がなんとも気の毒でしたよね。これが最後の食事だというのに、自殺を悟られぬよう何も食べなかったなんて


来週は菅野美穂さんが弁護士として登場するそうです。それまたとっても楽しみです


次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません