シャーロック ネタバレと感想 第2話 菅野美穂はアイリーン??

ディーン・フジオカさんの【シャーロック】、第2話には菅野美穂さんがゲストで登場しました。やっぱり彼女はいいですね~。最後の不敵な笑顔がまだ目に焼き付いています菅野美穂さんがいいわ~。「ベルグレービアの醜聞」に登場したアイリーンがモデルだったりするのでしょうか青木藍子がアイリーン?


またシャーロックお得意のバイオリンのシーンも良かったですよね。ディーンさんは素人らしいですが、実際に弾いているように見えたのは素晴らしかった。前回のパトカーのサイレンは実際に弾かれたのでしょうけど


カンバーバッチの「シャーロック」と比べると、誉はともかく、ジョン=若宮が綺麗すぎるのがおばさんにとっては不満なんですが、まあこれはこれでイケメン同士のバディという設定なのでしょうからしょうがないですね~。個人的にはジョンとシャーロックの凸凹感が好きなんですが。ルックスはシャーロックが上だけど、心はジョンが数段イイと、外見と内面の真逆の凸凹感がまたたまりませんの。とはいえ、前回黙っていたのに今回暴露したのは許容範囲になったからです


と、おばさんのあまり一般的ではない趣味はさておき、以下、ネタバレのあらすじですシャーロックのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


新宿で「高橋博美」という女性が電車に轢かれて亡くなりました。所持していた運転免許証から身元が判明し、家族がいないということで司法解剖したところ、遺体は高橋博美ではないことが判明したそうです。戸籍からたどって調べた血液型と遺体のそれが一致しなかったのだそうです。今後は仮に「314番」と呼ばせていただきまする。


免許証の住所の部屋を調べると、婚約指輪が見つかりました。保証書の日付は1カ月前と最近なのにもかかわらず、捜索願が出ていません。身分偽装の結婚詐欺でふられたのかとも思われましたが、それには身分証がすべて高橋博美本人なのが解せません


この時点で誉は、314番の身分証がすべて2年前の同じ時期=2018年4月付で発行されていたことに気づいていたようです。オタクとしては、思わず、免許証とパスポートの日付を確認しちゃいました


また彼女の手帳には「高橋博美」の詳細なプロフィールがびっしり書き込まれていました。314番はこれを覚えて高橋博美に成りすましたのです。


誉はまず、314番の婚約者、佐々木守(内村遥~田畑庄吉@いだてん)に会いに行きました。佐々木は小学校の教師をしており、児童たちには

「人というのは過ちを犯すもの。そしてそれを許すのも人

とエラソーに教えていたくせに、自分は2年前の博美の不倫を許せずに別れたのだそうです


それで誉は、博美が不倫相手の妻から慰謝料を請求された時に助けてくれたダーリントン法律事務所青木藍子(菅野美穂~勝田千夏@監獄のお姫様)という弁護士に会いに行きました


その青木もまた

「不幸な巡り合わせで人生の歯車が狂った方に寄り添い、壁を乗り越えるお手伝いをしてきた

とのたまいます。佐々木の偽善が明らかになった後ですから、これはこれでまた相当胡散臭いです


また事務所の名前の由来はイギリスのダーリントン(=世界で最初に鉄道が走った駅)で、その記念として機関車の車輪のレプリカが事務所に飾られていました。青木はかつてイギリスに留学していたそうで、依頼人がこの事務所から新しいスタートが切れるようにとの願いも込められていたそうです


誉は早速青木に、博美に最後に会ったのはいつかと尋ねたところ、青木は「去年の春くらいだった」とあいまいな答えをしました。つまりは2018年の4月頃です。その時の視線はレプリカに向けられていたそうです


それに弁護士たるもの、依頼人と最後に会った時期を忘れるはずがありません。何せ青木は「依頼人の人生に一生寄り添う」のが信条なのですからね


また「高橋博美」の免許証を見せて顔を確認してもらうと、間違いないと答えました。


でも、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの~橋本エミリ@ルパンの娘)はそこでひどく動揺します


これで誉は、青木が嘘をついていると確信しました。偽物の博美が博美に成りすましたのは、ID発行の時期からして2018年の4月に違いなく、ということは2年前に不倫をしたのは本物の高橋博美という推測が成り立つからです。


誉は早速江藤に命じて、青木が過去に担当した裁判記録を全て調べさせました。その結果、青木が尊属殺人の裁判を途中で投げ出したことが判明します。一審で無期懲役を勝ち取ったのに、二審では勝手に弁護を降りたそうで、これまた彼女の信条に反していますね


誉はこの事件の被告だった山下に面会に行きました。すると山下は、青木が担当を降りたのは妹が消えたことに責任を感じたからだと教えてくれます。妹の佐和子(三浦透子~お菊@ぬけまいる)は、兄が両親を殺したためにマスコミに追い詰められていたのだそうです


誉はこれで、本物の高橋博美は既に死んでいて、佐和子が博美に成りすましたに違いないと推理し、江藤に身元不明遺体のデータベースを調べるよう命じました。依頼するんじゃありませんよ。命令するんです


その結果、2年前の不倫のいざこざで骨折の治療を受けた病院の記録と一致する遺体が見つかりました。死因は頭部を「輪状の特殊な鈍器」で殴られたことによる撲殺です。死亡推定時期は約1年半前だそう。


これで誉は確信しました。青木が本物の高橋博美を殺し、314番を高橋博美にしたに違いない。凶器は事務所に飾ってあった列車の車輪のレプリカだ!


この推理は見事に的中しました。青木は本当の高橋博美を殺し、追い詰められていた佐和子に博美の戸籍を与えたのです。


青木がこのような暴挙に出たのは、博美が青木の偽善を鋭く見抜いたからのようでしたね。


あんた、優しい顔しながら、人の不幸を利用して笑いたいだけでしょ?褒められたいだけでしょ?偽善者じゃん。偽者じゃん


青木はかつて留学したいばっかりに、母親が自殺するのを知りながら知らん顔をしたようです。それなのに、そんな自分が許せないという気持ちも手伝い、そうではないと否定して生きてきたらしいです


その罪滅ぼしのために人を救ってきたんじゃないのか?


誉はでも、偽物でもいいじゃないか、これまで大勢救ってきたんだろうととりなそうとしますが、青木は鼻で笑って否定しましたふん、そうじゃないわ( `ー´)ノ


虫けらでも救えば救われると思ったけれど、虫けらは甘い顔をされればされるほど図に乗るのよ。最後には蜜をすいつくす害虫になるの。母とかあの女みたいにね


でも、アルバイトの河本は、佐和子は自殺していないと断言します。河本も自己破産して青木に救われたひとりだそうで、佐和子とは同じ境遇として励まし合ってきたらしいです。佐和子は遺体で発見される前日、これからも頑張ると語っていたのだそう。


~え~だったら何故死んだと??


河本は青木に感謝し、励まそうとしたらしいですが、青木はこれも鼻で笑って連行されていきました。だから何?


いやいや、シャーロック、否誉が食指を動かすはずです彼女がアイリーンだとすると、若宮とデートしていた河本はメアリーでしょうか?!ありそう!(^^♪


だんだんキャラにも慣れてきて楽しくなってきました


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません