海上牧雲記 ネタバレと感想 第4話 運命の星回り

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の4話は「運命の星回り」です。以下早速ネタバレです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回はまず、第6皇子の母親の正体が分かりました。魅族の銀容(ぎんよう~张钧甯、徐慧@武則天)です。皇帝の牧雲勤(芦芳生)の、この銀容への寵愛は並々ならぬもので、皇后の明儀は、なんとかして銀容のようになりたいと必死だったそうです。明儀自身も、銀容の魅力には大いに引き付けられたそうですが、それは銀容が「精霊」だったからなのですね早く銀容出てこないかな♬


南枯の女性はプライドが高いことで有名らしく、姪の月漓はそんな叔母を歯がゆく思っていたのだそうです


だから月漓も、蘇語凝に負けるのはそのプライドが許さず、密かに語凝を排除しようと企んでいました。時期皇后と予言された語凝は、誰からも、同部屋になることすら敬遠されてしまうのですが、月漓は作り笑いを浮かべて語凝を部屋に迎え入れます。いったい何を企んでいるのやら


また和葉は、初めての対戦相手がとてつもない大男だったため、苦戦を強いられました。その様子を見ていた寒江は秦胴元に取引を持ち掛けて、寒江も入れた3人で戦うよう促します。さすがの大男も、ふたりがかりで来られては、KOされてしまいました


次は和葉と寒江が戦うという段になって、寒江が穆如鉄騎に連れ去られます。観客席で対戦を見ていた寒山が寒江に気づいたからです


寒江は穆如家に連れてこられ、父の槊に対面しました。穆如家の当主である槊を尊敬していたと語る寒江に、槊は、寒江が槊の三男であることを明かします。お前を捨てたのはこのわしだ!


寒江が皇帝になるという星読みの予言を恐れた槊は、本来なら寒江を殺さなければならないところ、情が湧いてどうしても殺せず、捨ててきたのだそうです。それを穆如元が知って密かに育てのか、はたまた槊がそう命じたのかは不明でござる


槊はあらためて寒江に自害を命じました。寒江は驚きながらも父の言葉に従います。これで貸し借りは無しだ!


ここで寒江は自ら胸を刺したものの、まだ死ぬまでには至ってなかったようです


槊は息子の体を皇宮に運び、これまでの嘘を詫びました。すると皇帝の雲勤は、寒江を治療して生かすよう命じます。しかも寒江を、件の第6皇子、牧雲笙(鄭好)の勉強相手に指名したのです


それだけはなりません!


槊がどんなに反対しても、皇帝は聞き入れませんでした


この牧雲笙ですが、生い立ちが生い立ちだけに、皇宮の奥深くでひっそり暮らしていたようです。皇帝も、彼に愛情がないわけではないようですが、その愛情を素直に注げなかったようですね。


帝位簒奪者との予言を受けた寒江と人ならぬ母を持つ笙


皇族の一員らしい牧雲嚴霜に買われた和葉もここに絡んでくるのでしょうね


海上牧雲記」は見どころ満載で実に楽しいドラマでござるね。続きもとっても楽しみです


←前回のレビュー  次回のレビュー→



海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎 DVD-BOX1~4


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません