グランメゾン東京 ネタバレと感想 第1話 この重厚感がたまらない

木村拓哉さん主演の日曜劇場、【グランメゾン東京】を見始めました。キャストも舞台も、そして料理も実に豪華で、見ているだけでワクワクさせられましたね。ドラマ全体に漂う重厚感がいかにも「本物」を感じさせてくれましたグランメゾン東京が面白い(^^)/


それもそのはず、舞台となった「ランブロワジー」はパリでも有名な三つ星レストランで、実際にその場を借りて撮影したのだそうです


内容もこの時間帯ではお約束のサクセスストーリーというのがまたいいですね。日曜の夜は是非スカッとさせていただきたいです


前回のノーサイド・ゲームも良かったですよね~。おかげでラグビーW杯も大盛り上がりです。日本は惜しくも負けちゃったけど、最後まで世界最高のプレイを堪能する所存です


あ、すっかり横道にそれてしまいました。おばちゃんだから許してね


以下ネタバレのあらすじですグランメゾン東京のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


主人公の尾花夏樹(木村拓哉~家路久@アイムホーム)はかつてランブロワジーで修業をし、パリに自分のレストラン=エスコフィユを開いた天才シェフです。エスコフィユはミシュランの2つ星を獲得しましたが、3年前の会食の席で外務大臣トにアレルギーを起こさせてしまったために業界から追放されてしまいました


当時尾花はすべてを自分の責任だと認めましたが、実際には、他の誰かが故意にアレルゲンのナッツを混入させたものと思われます。なぜなら尾花はその時わざわざナッツを戸棚にしまわせたのですからね。しまったのは平古祥平(玉森裕太~河村恭之助@ぴんとこな)という見習いで、それを確認したのは相沢瓶人(及川光博~渡真利忍@半沢直樹)です。


調査に来た官僚は「テロ」を疑い、エスコフィユの従業員に移民が多いことを指摘しました。仲間を疑われた尾花は思わずその官僚を殴ってしまいます。これが無ければ単なる混入事故で済んだのかもしれませんが、暴力を振るったために大事になり、エスコフィユは潰れてしまったのだそうです


それからというもの、鼻つまみ者となった尾花はパリの街中を転々とし、再起の機会を伺っていました。


そこへネギをしょって現れたカモが早見倫子(鈴木京香~森村朋美@だから荒野)というおばちゃん、否、料理人です。早見は、舌には絶対の自信があるものの、料理の腕はイマイチらしく、どんなに頑張って修行をしても上手くいかなかったのだそうです


それでもどうしても夢をあきらめきれなくて、パリのランブロワジーで修業をしたいと思い立ち、単身、パリにやってきました。ミシュランで星をとりたいんです!!


ランブロワジーのシェフは、年齢は関係ないと言って、早見にチャンスをくれました


この様子を外から覗いていた尾花は、早見に助言をします。俺は以前この店にいた。だからシェフの好みや店のコンセプトを知っている。テナガエビのエチュベを作れ!


そう言っている間に尾花は手早く「キャプシーヌのオイル」を作って置いていきました。これを使えば必ず採用される


それなのに早見は言うことを聞かず、自分の一番の得意料理=フォアグラのポアレを作りました。もちろん、不合格です。が、シェフは尾花が作ったオイルだけは褒めてくれたのだそう


そこで早見は材料を持参し、尾花に「テナガエビのエチュベ」を作るよう命じました。あなたの料理を食べにきたの


尾花が早速作って出すと、早見は一口食べて「おいしい!と叫びます。すっごくおいしい!


この時早見は自分の才能のなさを嫌というほど実感したそうです。それに早見は昔母親と一緒にエスコフィユに行ったことがあり、それ以来ずっと尾花を尊敬してきたのだそうです尾花シェフは天才よ!


その時食べた料理のレシピを正確に指摘したのには、さすがの尾花も驚きました。早見は、料理を食べただけで、その料理に使われた素材と調理法が分かるのだそうです


でもそれだけではダメなのだと痛感したと語る早見に尾花は、もったいねえな、とつぶやきました。


お金持ってる?レストランやらない?俺と一緒に。2人で一緒に世界一のグランメゾン作るってのはどう?俺が必ずあんたに星を取らせてやるよ


これがすべての始まりでした。尾花は早速早見とともに日本に帰国します。ふたりはとりあえず食事をしようと東京で一番のフレンチレストラン=gakuにやってきました。シェフの名前、丹後学(たんご・まなぶ~尾上菊之助、伊丹大@下町ロケット)から取ったのですね。


この丹後もまたかつて尾花とともにランボロワジーで修業をしていたそうです。丹後は、その時の同僚で、その後は尾花のエスコフィユで共同経営者だった京野陸太郎(沢村一樹~三田村幸雄@ブラックプレジデント)をギャルソンとして引き抜いたそうです。その時、エスコフィユが抱えていた膨大な借金も肩代わりしてくれたのだそう。


gakuは今、ミシュランの1つ星を獲得しており、さらなる上を目指していました。ちょうど尾花たちが来店したその日にミシュランの調査員が来るとの情報が入り、まさに尾花たちが席に着くのとほぼ同時に、調査員の二人連れがやってきます


尾花はすぐに彼らの正体を見抜き、彼らと同じメニューをオーダーしました。味は悪くなかったようですが、盛り付けはかなり雑だったようです。化学実験の残骸食ってるみたいだったよ


尾花は帰り際、京野にそう憎まれ口をききました。京野はそれが嘘だとすぐに見抜きます。お前が黙って天井見上げた時はその料理を認めた時だ


それほど尾花の事を知っていながら、どうして最後まで彼を信じられなかったのでしょうね~


尾花は早速京野を仲間に誘いました。もちろん京野は即断ります。二度と来るな!


早見にも、一緒になんてやらないほうがいい、コイツはサイテーの人間だ、と助言しました。


それでも早見は仕方なく尾花を家に(正確には車に)泊めてくれます。翌朝尾花はそのお礼に美味しい和食の朝食を作ってくれました


一方の京野は、gakuのオーナーの江藤不三男(手塚とおる~早川道郎@ゆとりですがなにか)から、利益を上げるためにワインの品質を落とすよう命じられました。最高の料理を客に喜んでもらいたいと願う京野が満足できなくなるのは当然です


折よく尾花は早見に頼んで京野を連れてこさせました。尾花は、ふたりがパリで修業していた時の京野の大好物だった賄いごはん=クスクスアラメゾンを作ったそうです。その名の通り、実際にはご飯ではなく「クスクス」です。


これを食べた京野は懐かしさで一杯になったようですが、早見はケチを付けました。ゆずを入れた方が絶対いいわ。日本で食べるならご飯でもいいわね


その時は即却下した尾花がその後、早見の言う通りゆずを入れて作り直します。もちろんご飯も焚きました


一方、丹後は早速早見を懐柔しに来ました。早見を呼び出してgakuで雇うと誘います。でも、それが実力を見込んでの誘いではないことは、早見が一番よく知っています。あんまりおばちゃんを舐めんなよおばちゃん舐めたらあかんで!


早見はその情けなさと腹立たしさを尾花にぶつけました


尾花さんのような人が、私みたいな大して才能のない料理人を本気でパートナーに選ぶわけない


でも尾花を尊敬していたからつい浮かれてしまったと語り、丹後の誘いを受けるから、出て行ってほしいと息巻きました


尾花はここで早見を選んだ理由を打ち明けます。早見がテナガエビのエチュベを食べた時においしい!と言ったことがとっても嬉しかったのだそうです。おいしいと言ってもらえることがあんなに嬉しかったってことを久々に思い出したのだそう


そしてもう1つ、尾花の料理をあれほどまでに見抜いた人間は早見が初めてだったそうです


あんたに才能はある


尾花はそう言い残して出ていきました。丹後の店で困ったことがあったら京野を頼ればいい。


尾花が出て行った後、ゆずの入った賄いを食べた早見はついに決意しますやっぱり合うじゃない(^_-)-☆。早速gakuを訪れて1千万を差し出し、京野を引き抜きに来た、と宣言しましたさすがはおばちゃん、やるときゃやるわね(^^)/。足りない場合は請求してください


まだ迷っている京野にはこうダメ押しします


自分の力のなさを思い知った時、尾花が誘ってくれた。世界一のグランメゾンを一緒に作ろうって言ってくれた。誰よりもあの人のことを知っている京野さんなら分かるはず~尾花夏樹の料理には人を動かす力がある


確かに最低の人間かもしれない。でも、不器用なだけなのではないか。性根まで腐った最低の人間にあんなにおいしい料理を作れるわけがない


こうして京野はついに説得されてしまいました。これからは、尾花ではなく、早見のために働いてくれるそうです。


尾花は店にちょうどいい物件も見つけていました。40坪で50万、駅からは遠いけれど、一度来たら必ずリピートさせる自信のある彼らにはピッタリの立地だそうです


日常から離れた場所で味わう料理のほうが、俺達の店にはふさわしい


店の名を決めるよう促された早見は「グランメゾン東京」と名付けました。そして料理長は早見倫子おばちゃん、頑張れ!。尾花はあくまでスーシェフです。


早見倫子の店グランメゾン東京は新しい三ツ星のフレンチになる!いよいよ開始!(^^)/


この噂を聞いたリンダ・真知子・リシャール(富永愛)は、3年前の混入事件は尾花を恨む何者かの仕業だと考えて調査をしているようでしたね。尾花が店を作るとなれば、また潰しに来ると考えていたようです


グランメゾン東京」は色んな要素が楽しめる贅沢なドラマになりそうですね。来週の放送も楽しみですねグランメゾン東京が楽しみ(^^)/


次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 3件

コメントはまだありません
ヒデ  

どうもこんばんはー🌙😃❗ このドラマも楽しみにしてましたー。ラグビーと被っていたので視聴率も心配されてましたけどなかなかの好発進だったみたいですねー。来週も15分拡大で今から楽しみです。一話づつ仲間が戻ってくる展開なんでしょうねーまさにサクセスストーリー王道パターンで大好物です笑 手塚とおるさんや玉森くんは好きな役者さんなんで今から楽しみですし、あの廃墟みたい店舗のグランメゾン東京が来週以降どのような変貌していくのかも楽しみの一つですね😃

  • 2019/10/21 (Mon) 19:44
  • 返信
こん
ヒデさんへ  
楽しみですね( *´艸`)

ヒデさん、こんにちは~♪

「グランメゾン東京」はまた実に面白くなりそうでしたね~。

アタイは同じおばちゃんとして(爆)、
紅一点の早見を応援したいですね~( `ー´)ノ。

おっしゃる通り、仲間が戻ってくる前提で
「群像檄」の要素も強くなりそうなのも楽しみです♪
ミッチーも良い仕事をしそうですし(^_-)-☆。

玉森さんにはどうやら秘密がありそうな感じでしたね(妄想ですが)。

そうそう、グランメゾン東京がどんな店になるのかも楽しみ~。
見どころ一杯でう~んと贅沢なドラマになりそうですね(^^)/。こん

こん
りこりさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

りこりさん、こんにちは♪
いつもブログをご利用いただきましてありがとうございます(^^)/。

そうそう、まさに「キムタクだからできる主役」ですよね~。
こういう役をやらせたらやっぱり木村さんはピカ一です。

>鈴木京香、沢村一樹とのトリオの活躍が期待十分

まさにおっしゃる通りで私も本当に楽しみですv-441

来週の放送が待ち遠しいですね~v-341
またいつでも遊びにいらしてくださいね。お待ちいたしておりまするv-254。こん