シャーロック ネタバレと感想 第3話 モリアーティー現る?

ディーン・フジオカさんの【シャーロック】は、前回のアイリーン(?)に続き、今度はシャーロックの宿敵=モリアーティーが名前だけ登場しました。以下早速ネタバレですシャーロックのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


その名は「守谷」(モリヤ)というらしく、5年前に地面師詐欺を働いて21億をだまし取るとすぐに海外に逃亡したそうです


今回は、その詐欺でだまし取られた渋谷の坂東邸の中で、ひとりの男の遺体が発見されました。男の名前は吉野正夫(六平直政~ゴオヤ@精霊の守り人)。遺体の側には小さな枝が3本置かれていました。


その意味は、後に吉野が遠洋漁船乗組員だったと分かった時点でハッキリしましたね。枝はモールス信号を表すダイイングメッセージだったのです。もちろん誉はその前から気づいていたようですが


また吉野の死因は頸髄損傷で、犯人は格闘技経験者だと推察されました。


詐欺師が詐欺を働いた現場で殺された理由は何なのか?


そこへ捜査二課の市川利枝子(伊藤歩~堀江龍子@わたしを離さないで)がやってきて、5年前の詐欺事件はまだ終わっていないと意気込みます。地面詐欺は「チーム」で行うものなのに、吉野以外はまだ誰一人捕まっていないのだそうです。


誉は早速、当時不動産の担当をしていた営業マンの古田和人(岡田義徳~与論祐弥@コンフィデンスマンJP)に会いに行きました。逮捕はされなかったものの、この古田もまた詐欺グループの一人ではないかと誰もが感じていたそうで、この古田が最近坂東邸の近くで目撃されていたのだそうです


古田の様子を見た「精神科医」の若宮は、古田は嘘をついていない、過去の失敗を思い出したくないだけだと分析しました


が、古田は最近、またしても、13億という大口の話を持ってきたそうで、上司はひどく心配していたそうです。疑いたくはないけれど、地面師とグルになっているのではないか?


古田に確認したところ、この話を紹介してくれたのは前の会社で世話になった先輩だったそうです。倒産後は独立して不動産業を営んでいるということでしたが、どう考えても怪しいのはこの「先輩」ですよね。まったくも~人が良いんだ、この古田は


「グレ」こと小暮が早速、古田の先輩だという丹波倶楽部の丹波社長と司法書士を調べたところ、ふたりともこの半年間ロクな仕事をしていないことが分かったそうです


13億の物件の持ち主は斎藤順子(山村紅葉~皆川妙子@ブラックペアン)という女性でしたが、その順子の車椅子を押して屋敷に入ろうとした息子の浩平が門の開け方を知らないのには呆れましたね。もちろん誉が見逃すはずがありません


一方、グレは吉野が出所後、坂東家の元家政婦をしていた細川保奈美(山口いづみ)に電話をしていたことを突き止めました。誉は若宮に会いに行くよう命じます


~山口いづみさん、実に懐かしかったですね~。相変わらずお綺麗でした


吉野はこの細川に何度も謝罪に来ていたそうです。細川の誕生日には手作りの箱まで送ったのだとか


その箱には細工がされていて、中に「決定的な証拠」が隠されていました。吉野を詐欺に誘った丹波と二課の市川が車の中で話をしている写真です


吉野はこれを市川に見せて市川を問い詰めたそうです。俺は丹波に誘われて成りすまし役をやったんだ。その俺を逮捕したあんたが、なぜ丹波と一緒にいる?あんたも守谷の手先なのか!?


吉野が写真を警察に持ち込むと脅したため、市川は仕方なく吉野に技をかけて殺したそうです


でも、吉野はまだ死んでおらず、苦しい息の下で近くに落ちていた枝を使い、ダイイングメッセージを残しました。ツートントン。それが細川保奈美の「ほ」だったのだそう


誉は物件譲渡の席に同行し、これら犯行のすべてを暴露しました。丹波も偽斎藤親子も、そして市川も捕まります


市川は取り調べで誉を呼ぶようわめきました


警察には上に行くことばかり考えている奴か、組織に背を向けて愚痴を言っている奴の2通りしかいない。でも守谷は違う。守谷は人間とは何かを知ってる。私は守谷のためだったら何だってできる!


正直申し上げると、最初見ていた時は、この「守谷」がモリアーティだとは微塵も思わず、ただただ聞き流していたので、ここに来ていきなり「人たらしの守谷がモリアーティーだと気づきました。え~守谷って誰やねん? (


誉もそんな守谷に興味を抱いたようです


また古田が坂東邸近くで発見されたのは、この事件のショックで亡くなった社長のために社長の好きだったハイライトを線香代わりに手向けに来たからなのだそうです。このパッケージは最初に誉が見つけていました


ついに黒幕(の存在)の登場でますます盛り上がってきそうですね~。「シャーロック」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません