同期のサクラ あらすじと感想 第3話 まっすぐな「青年の主張」が心地よい

遊川和彦氏脚本の【同期のサクラ】の3話はまた実に見ごたえがありましたね~


最初の頃この顔ぶれを見た時、いっそのこと橋本愛ちゃんが「サクラ」を演じたほうが似合っていたのではないだろうか、などと思ったものですが、どうしてどうして、この百合こそ愛ちゃんにピッタリでしたね。またサクラも今回初めて?「素の顔が覗けてグッときました同期のサクラが面白い(^^)/


以下ネタバレのあらすじです同期のサクラのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


2019年の春、桜の病室に赤ん坊を抱えた百合がやってきました。子どもの名前は「夢」です。百合はかつて「夢」という言葉が大嫌いだったのに、桜のような人間になってほしくて、そう名付けたのだそう


あの時あんたと大喧嘩してもう二度と会わないと言ったけど、本当にそうしていたら私はどうなっていただろう?あの時引き返さなかったらと思うとぞっとする闇の中にいるあんたを救い出してあげたいけどどうしていいか分からない( ;∀;)


百合は入社3年目の出来事を回想していきます


サクラは相変わらず人事部で頑張っていました。美咲島の橋の着工は今年中だそうですが、まだ土木部への異動はなさそうです。


2011年の3月10日、サクラは新規採用向けのパンフレット作りに協力するよう命じられました。広報部の担当は百合です。


黒川は、そつのない百合を手放しで褒め、暗にサクラを批判しました。いちいち面倒くさいこと言って上司を困らせたりしないし


サクラは早速息をすぅ~っと吸い込みます。知る人ぞ知る、サクラが「納得できずに疑問を呈する合図」です。どうしてこんなものを作る必要があるんでしょうか?


黒川の説得に納得はしましたが、そのやり取りを見ていた百合はすっかり呆れ果てましたあんた、全然変わってないのね。相変わらずね。普通は皆、上司の命令がおかしいと思っても従っているのよ。それが仕事だから


ふたりは入社3年目の社員を取材するよう命じられていたので、早速同期に会いに行きました。葵は相変わらずですが、蓮太郎は一級建築士の資格を取れるようになったと報告します。また菊夫は、サクラのおかげで勇気が湧いた、と嬉しそうでした。


サクラは、百合も取材を受けたほうがいいと促します。広報部の葦田部長(村田雄浩~吉原欣二@ノーサイド・ゲーム)も賛成してくれました。君はミス花村建設なんだからな!


百合はサクラの質問には「リップサービス」しましたが、実際にはもう転職したいと考えていたようです。ゼネコンは男社会で女性社員は責任ある仕事ができないと不満を抱いていたようなのです。


しかも葦田は百合に、得意先の専務=原裕太(小木茂光~里見靖夫@俺のスカート、どこ行った?)を接待させ、個人的にも「大人の対応をするよう命じていたのだそうです。原はその後もしつこく百合を食事に誘ってきているのだそう


サクラはキッパリ断るべきだと助言しますが、百合はサクラを連れていくことにしました。二人で行けば何もされないわ。


ところが、ずうずうしい原はどさくさに紛れて百合の手を握りました。それで百合は、トイレに行くと席を外してしまいます。


原はサクラに1万円を渡し、タクシーで帰るよう促しました。サクラが断ると、百合も原に好意を持っている、頼みを聞いてくれたら会社に君のことをうまくいっておく、と言いくるめようとします。希望の部署に行きたいんだろう?


もちろんサクラが黙っているはずもありません。スゥ~サクラ、セクハラオヤジを叩きのめせ!( `ー´)ノ


百合が戻ってきた時には、もう原は帰った後でした。サクラは、百合は原のことなどなんとも思っていない、取引先という立場を利用して弱い立場の女性を誘惑しないでほしいと伝えたそうです勘違いすんなよ、エ〇オヤジめっ!


翌日は、葦田が人事部に怒鳴り込んできました。葦田は、原の会社の新社屋の建設を請け負うことが決まりかけていたのにどうしてくれる!と怒鳴ります。まったくね~そのために女子社員を人身御供にするなんて、サイテーですわ


サクラは、同期の仲間がセクハラに遭っていたと主張しますが、葦田は「食事に誘われて手を握られただけじゃないか、と反論しました。それくらい彼女は慣れてるし、適当にあしらうことができたんだよ!


これにはさすがに火野も眉をひそめていましたね。これこそセクハラ&パワハラ以外の何物でもありません


それでサクラは、直接謝りに行ってくると言い出したところで、あの時間がやってきました。3.11東日本大震災です


それから人事は大忙しでした。本社はもちろんのこと、東北・関東に点在する支社や建設中のビルで被害が出なかったかどうかを確認しなければならなかったのです。


サクラは帰宅するつもりはなかったのですが、黒川に「女子は帰れと言われていやいや帰ることになりました。いつもの喫茶店でレバニラ定食の大盛りを注文すると、そこに百合も来ています。百合は電車が止まっていたために家に戻れなくなっていたのです。


じゃあうちに泊まりませんか?


サクラは徒歩で1時間以上かかるところに住んでおり、いつもは写真を撮りながら来るので遠いと感じたことがなかったそうです。


サクラの殺風景な部屋で、百合は初めて自分について語りました


私だって「そっち」みたいに不愛想な顔で自分の気持ちを素直にいるもんならそうしたいわよ。でもそんなことしたら、自分が何言うか分からないから、ニコニコ笑って必死で抑えてるの


サクラは、百合が新人研修で本音をぶちまけたことを指摘し、最初はショックだったけれどありがたかったと語りました。だから、素直なままの百合さんでいて大丈夫なんじゃないでしょうか


百合が本心を隠すようになったのは家庭環境に原因があるようです。父親は成金で銀座のクラブで働いていた母親と結婚したそうで、百合は下品な両親が恥ずかしくてたまらなかったのだとか


そんな百合が寿退社することになりました。サクラは本当にそれでいいのか?と問い詰めます。百合は、相手は医者だから生活には困らないし、子どもができたら素敵な家庭も作れると答えました。


それは百合さんの夢ですか?


そうでないなら辞めないでほしいとまた「夢」を語りだしたサクラに、百合はまたしてもブチ切れます


夢があれば偉いわけ?夢がないと生きてちゃいけないわけ??あんた、可愛い小鳥のふりしてひとの頭にフンを落として回ってるだけだから。いつまでも夢ばっか見てないで、そろそろ目覚まして現実を見たら?とっとと田舎に帰りなさいよ!


今度はサクラも負けていませんでした。ブスっ!ブスブスブス!!


サクラは、百合こそ現実逃避をしていると指摘します


今の百合では結婚してもいい奥さんのふりをして、こんなはずじゃなかったと愚痴を言うはず。責任のある仕事がしたかったら、居場所を見つけたかったら、自分が努力をして女性が働きやすい環境を作ればいい!


もし誰にも言えないような毒を吐きたくなったら、私が全部聞いてやる、そのままだとどんどんブスになるだけだ!


それでも百合は、サクラと同じ空気を吸うのも嫌だと言って出ていきました。二度と私の前に現れないでくれる?


またしても落ち込んでお爺ちゃんにFAXを送ると、お爺ちゃんは、本気で叱ってくれる百合こそが本当の友達だとFAXを送り返してくれました。その子とは別れるな。


百合が辞める当日、サクラはまたしても広報部にやってきて百合を止めようとします。人生の先輩なら、こんな形で結婚しても幸せになれない、って忠告していただけませんか?


百合は、サクラが何を言っても耳を貸そうとしませんでした。サクラが一緒に写真を撮ろうと言っても、友達じゃないから嫌だ、と断ります。


だったらせめてこれからいい友達をつくってください。いい仲間とも出会ってください。私も頑張って百合さんみたいな友達を探しますからまさに青春( ;∀;)


ついに百合が折れました。足は前に進まず、涙が勝手に流れてきます。あんたのせいで、またもう一度働かせてくださいって頭下げなきゃいけなくなったわ!


サクラは百合の辞表を差し出しました。百合の気が変わるかもしれないとずっと預かっていたのだそうです


サクラらしい


百合は初めてサクラを名前で呼びました。サクラにも「さん」はいらない、百合と呼べと命じます


ふたりは一緒に写真を撮りました。それから百合は結婚を取りやめてバリバリ働きだしたそうです


こうしてサクラの夢は1つ叶ったと同時に、もう1つの夢は遠くなってしまいました。黒川は、サクラが得意先を怒らせたという理由から、社史編纂室にサクラを異動させたのです。ほとぼりが冷めたら人事に戻してやる


でも多分震災が原因で、美咲島の橋の着工は遅れますよね~きっと


来週は、今回どさくさに紛れて百合に愛の告白をした蓮太郎に焦点が当たるようです。百合の子どもがこの蓮太郎の子~ふたりは結婚したってことはないんですかね


百合は病室で、サクラは同期の皆を導く灯台だと言ったけれど、そのサクラを導いてくれるのはお爺ちゃんですよね。そのお爺ちゃんは、サクラの両親が亡くなったこと(事故?)に関して大いに責任を感じていたようです


サクラと同期の心の交流がたまらない「同期のサクラ」は続きもとっても楽しみですね同期のサクラが楽しみ(^^)/


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません