海上牧雲記 ネタバレと感想 第10話 秘められた野心

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の10話は「秘められた野心」です。またあちこちの地名が出てきたので、ここでもう一度地図を参照してみました


九州世界
クリックすると拡大します


なるほど~中州と宛州は隣り合ってはいるけれど、高い山で隔たれているのですね~。それで船で移動したのですね


以下ネタバレのあらすじです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずはその中州の竹林にある「未平斉」という庵で暮らしていた笙は日がな一日霊珠を見つめて暮らしていました。そこに現れる女性は決して顔を見せないわけじゃなくて横顔を見せていましたよね。笙は彼女に話を聞いてもらうだけで満足しているのだそうです。だから、絵を売って儲けようなどとは微塵も思っておりません。こうしてひっそり暮らしていれば、他の誰かを傷つけることもない


鈺児はそんな笙に腹を立てて、霊珠を取り上げてしまいました。これは私が預かっておきます


さてその笙から姫が盗んだ「牧雲珠幻図」は、越州にある九原城の城主=霍思忠から、宛州に住む牧雲欒に届けられました。


そこで霍は、笙は九州の未来を暗示し、絵の中に秘術の神髄を込めたと力説しますが、欒は懐疑的です。単に女性が書物を持っているようにしか見えなかったからです。


霍は自分の軍隊を欒に使ってほしくて貢物をしているようですね。その軍隊が、姫が欲しがっていた傭兵軍団なのですね~きっと。


ちなみに、南枯祺に兵権が渡ってからというもの、九州の軍費は倍増し、4年間ずっと借財続きだそうなのに、肝心の兵力は以前より落ちているのだそう。実際に瀚州では赫蘭鉄轅(かくらん・てつうん)の部族が略奪を繰り返しているのに、穆如鉄騎は何もしようとしないのだとか。変われば変わるものですね


欒は満を持して財政援助をすると宣言します。腹心の部下らしい木原(ぼく・げん)は皇帝が寝たきりの今こそ皇座奪回の時だと息巻きますが、欒は正当な手続きを踏んで皇帝になりたいのだそうです。


そのために作らせたのが叩天沢(こうてんたく)という王の剣です。叩天沢は、九州全土から墟神心鉄を集め、職人達が命を削って18年もかけて鍛えて上げた反骨の剣なのだそうです。


欒の命を受けてこれを作らせたのは1話のレビューでご紹介した6つの種族のうちの1つ=河洛(からく)の柳奇駿(りゅう・きしゅん)です。河洛の多くは鉱山で働いているらしいことから、西洋風にいうとドウォーフ的な存在でしょうか


欒はこの雲中から来た柳に明月塵(めいげつじん)といういわゆる麻薬を与えて中毒にした~意のままに操れるようにしたようですね


柳はさらにもう1つ、同じ墟神心鉄で作ったという蛇の細工が施された法杖を献上しました。欒は大満足で、今後は宛州のいかなる場所でも好きなように開削をして良いと許可します。


欒はこの法杖を墨のもとへ持参しました。やっぱり墨は生きていたのですね~。あの時側にいた12人の侍衛は皆亡くなってしまったそうですのに


欒は早速墨に牧雲珠幻図を見てもらうことにしました。鑑定如何によっては霍思忠を遠ざけるつもりです。絵の中に秘術を込めることは可能か?


不可能だと言いながら絵を見た墨は絶句しましたこれは!( ;∀;)。その絵に描かれていた書物こそ、墨が求めてやまなかった「魅霊の書」だったからです。これは至高の魔方陣が記載されている奇書で、この奥義書さえあれば、自分で秘術の術式を編み出すことができるのだそう


墨は以前、辰月教で龍淵閣(りゅう・えんかく)から奪った蔵書でこの本を見たことがあるのだそうです。龍なにがしというのはおそらく龍錦煥同様、半人半魅なのだと思われまする。


ちなみに、その龍錦煥が和葉に与えた天羅刀絲の「刀絲」を作れるのは、河洛のうちでも地下に潜った者たちだそうです。欒は柳に「惜風甲」という鎧?を所望しましたが、それを作れるのも地下に消えた者たちなのだとか。


墨は居ても立っても居られぬ様子で笙に会いに行こうとしましたが、欒は息子の(周奇)と行動を共にするよう命じました。徳は宛州商会の会長(商人)だそうで、天下に興味は、少なくとも今のところはなさそうです。


一方の朝廷では、合戈を太子にという声が上がっていました。意外なことに明儀はこれにすぐには応じず、皇帝の意見を聴こうとします。皇帝は蔵剣閣へ行くよう命じますが?


世継ぎに対する朝廷の意見も様々で、瀚州の赫蘭部族に対してもなぜ出撃を命じないのかとの批判が噴出していました。いくら南枯祺に兵権を半分与えたとはいえ、穆如槊はいったい何をしているのでしょうかね~


海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎 DVD-BOX1~4


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません