スカーレット ネタバレと感想 第4週(#19~24) 鬼の大久保の優しさにホロリ

戸田恵梨香さん主演の朝ドラ、【スカーレット】の第4週は「一人前になるまでは」です。これがまたええ話でございましたねスカーレットが面白いよ~(^^)/。以下早速ネタバレですネタバレ感想行きますよ~(^^)/


喜美子は妹の直子からの電話で、自宅に泥棒が入ったと聞かされました。実際は、常治が雇った使用人が金に困って盗みを働いたようですね。いくら母親のためだからって、幼い直子のお小遣いまで盗んでいくとは、とんでもない奴らでしたね


それで常治が喜美子の給料を前借に行くと言って大阪へ向かったと聞いた喜美子は、もう気が気じゃありませんお父ちゃんが来る!?


そこへ常治が、家で取れたカブを土産にやってきました。大久保は、めずらしく上機嫌で常治を迎え、久しぶりに会うのだから積もる話もあるだろうと喜美子を休ませようとします


よくやってくれている、ええお嬢さんや


普段滅多に褒めてくれない大久保がせっかく褒めてくれているというのに、喜美子は常治に金の交渉をするならこの大久保だと分からせようと必死でした大久保さんの機嫌を損ねたらあかんねん!( ;∀;)。常治もなかなかタイミングがつかめずにあたふたしてしまいます


そこへ大久保が、そんなふたりの思惑を知ってか知らずか(知ってましたね)、いきなり金の話をし始めました。以前から喜美子にさせていたストッキングの繕いは、喜美子のために紹介した「内職」だったのだそうです。しかも1足12円で128足も繕ったそう。


安い給料で働いているのが気の毒でやらせてみたが、手先が器用なので助かったと語っている大久保の横で、喜美子と常治はすかさず12x128を暗算して喜びました。給料より多いやんけ!


本当はええ人やったんや!大久保サン!!呼び捨てにしてごめんなさいm(__)m


喜美子は当然のように全額を渡そうとしましたが、常治は半分よりちょっと多めにもらって、残りは喜美子に返しました


そこで喜美子は常治に己の決意を打ち明けます。新聞社の仕事を断って、荒木荘での仕事を一人前にできるまで続けようと心に決めていた喜美子は、3年間は盆も正月も帰らない大久保さんに認めてもらえるまで頑張る!、と伝えました。それが喜美子の「女の意地」なのです


そんなことは当たり前だと憎まれ口を返しながらも、さすがの常治もちょっぴり寂しそうでしたね


そしてその宣言通り、喜美子は一生懸命働いて、ついには大久保に(ほぼ)認められるまでになりました。大久保は予定通り引退し、2年以上経過した今では、喜美子がひとりで荒木荘を切り盛りしています


でもですね~いくら大久保もそうだったからと言って、下宿人の家賃の未払い分まで喜美子がやりくりするのはおかしいですよね。相手は田中雄太郎(木本武宏)です。田中は一度映画に出たのをきっかけに「夢」を追いかけた結果、今や文無しのぷー太郎状態なのです


それをさだも知っているのに、悪いなあ喜美ちゃん、で済ませてしまう、喜美子もそれが当然だと、ほとんど無給で働いていたらしいのが腑に落ちませんでしたよ。ま、それもまた喜美子のプライドなのかもしれませんケド


一方で、喜美子が(たぶん)密かに恋い慕っていた医学生の酒田圭介が、他の女性に一目ぼれしてしまいます。相手は犬のゴンを散歩させている女性(佐津川愛美~高橋美緒@モンローが死んだ日)です。


それを知った喜美子は、自分の気持ちをぐっと抑え込んで「兄替わり」の酒田のために一肌脱ごうと決意しますが?


来週はどうやら、こちらは「初恋の人」の草間と再会するようでしたね


スカーレット」は来週の放送も楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1) (NHKドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません