いだてん あらすじと感想 第40話 バック・トゥ・ザ・フューチャー

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の40話は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。これはまた時代を先読みしていましたね~。クドカンは千里眼でしょうか。というよりアレだな~歴史が繰り返しているということですね、きっと


以下早速ネタバレですいだてんのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


時代は1959年に飛び、日本でのIOC総会の開催が目前に迫っていました。スピーチを依頼していた外交官の北原が運動会のリレーで転倒し、足を骨折したために交代を余儀なくされてしまいます


そこで田畑が目を付けたのは、あの治五郎の最期をみとった平沢和重でした。平沢は当時外交官を辞め、NHKの解説委員をしていたそうです。


ところがその平沢は、あの治五郎の切なる願いをその耳で聞いたにも関わらず、オリンピックの東京招致には反対だとのたまいます。まだ時期尚早だというのです


そこで田畑は、ありったけの情熱を傾けてオリムピック噺をして聞かせました。クドカンはここ、終戦の1945年から1959年までの活動をこの噺に集約させたのですね


田畑は終戦直後、嘉納治五郎が作った明治神宮競技場に向かったそうです。そこは既に米軍に接収され、グラウンドには塹壕が掘られていましたが、瓦礫や埃まみれでもはや部屋とも言えないその場所に立った田畑は、まぎれもない治五郎のオリンピックへの執念をしかと感じとったようです。田畑のズボンのポケットには、あのストップウォッチが入っていました


オリンピックは、やる!!


田畑は早速マリーの店を訪れました。そこには東龍太郎と松澤一鶴が顔をそろえています。生きてたか!!


田畑はここだけの話だと前置きして、この東京でオリンピックをやることに決めた、と打ち明けました。松澤は馬鹿にしましたが、東は賛成したそうです。あのクーベルタンが、晋仏戦争でドイツに負けたフランスをスポーツで盛り上げようとしたのが、近代オリンピックの始まりだからです。


焼け野原のオリンピックか!!


田畑はすぐにオリンピック関係者15名をバラックに集め、かつてあれほど馬鹿にしていた「日本体育協会」の看板を掲げました。東を体協の会長に据えると、元オリンピックの選手たちが戦地から戻ってきます。


早速彼らを指導者に迎えて強化合宿を行いましたが、ご飯は何とかなったものの、肉が無いため、せっせとカエルを捕まえては選手たちに食べさせたそうです


そこで頭角を現したのは、自由形の古畑広之進でした。あ~戦後新記録を次々と打ち立てて「フジヤマのトビウオと呼ばれた方ですね


ところが敗戦国の日本は国際水泳連盟から除名されていたため、公式記録として認められませんでした。しかもプールも自由に使えなかったそうです。神宮プールにいたっては白人専用になっていたのだとか


1948年には12年ぶりにロンドンオリンピックが開催されました。もちろん日本は参加できません。


そこで田畑は負けじと「裏オリンピック」を開催したそうです。ロンドンで試合が行われるのとまったく同じ時間に日本選手権を行ったのだとか


田畑はそのためにGHQを説得し、4日間だけプールを使わせてもらったそうです。どうやって説得したのかは伝えられませんでしたが、田畑のことですから、あのロサンゼルスオリンピックでの日本人選手の活躍を語りに語ったに違いありませんね


その結果、古橋と橋爪はロンドンでの記録を抜く、もし参加していれば金・銀を獲得するタイムを打ち立てたそうです。この結果は、敗戦後に暗く滅入っていた日本人の心を明るくし、若者をも鼓舞しました


このおかげで水連は国際競技連盟に復帰し、全米水泳選手権に招待されたのだそうです。日本はまだ占領下にあり、パスポートも発行できない時代だというのに、です


田畑はここでも、今度はマッカーサー本人に直談判したのだそうです田畑はスゴイね!。マッカーサーは、アムステルダムオリンピックに選手団を率いて参加したこともある根っからのスポーツマンだったそうで、日本選手団に向かって、アメリカ人相手にも決して手加減するな、と伝えたそうです。


徹底的にやっつけてこい。そうすれば日本人を尊敬する~アメリカとはそういう国だ


戦争に負けても卑屈にならず、日本人としての誇りを忘れるなと激励された選手たちは意気揚々、全米選手権では6種目中5種目を制し、古橋はそのすべてを世界新記録で飾ったそうです。いや~本当に素晴らしい!


その後はヘルシンキオリンピックにも参加しましたが、古橋のピークは過ぎていて競泳は銀メダルが3個、他の競技もほとんどふるわず、惨憺たる結果に終わりました


でも問題はそこではありません。注目すべきなのはヘルシンキ大会の費用は入場券だけで賄ったという点です。会長のフランケルは「オリンピックは金になる」と語ったそうです。


敗戦国の日本を復興させるためには、是非ともオリンピックを東京で開催すべきだ!!


田畑と東は吉田茂首相に直談判に行きましたが、いくら経済効果があるとはいえ200億と聞いてはなかなかうんと言ってもらえません。ちなみにこれまでの費用は、田畑が実家に頭を下げてその土地を切り売りして工面したのだそうです


そこで田畑は自らが政治家となろうと決意しますが、直談判は得意でも、演説は何言ってるか皆目分かりません。(


政治家になるのは諦めた田畑は、次のメルボルンオリンピックに英語が堪能な秘書の「岩ちん」こと岩田幸彰(松坂桃李~鮎川樹@パーフェクトワールド)を同行し、各国のIOC委員を相手に、地道なロビー活動を展開しました。南半球で夏季オリンピックが開かれたのはこのメルボルンが初めてだそうです。


田畑に彼らの説得を任された岩田は全力で東京の復興をアピールし、ついに東京でのIOC総会の開催が決定しました


田畑は「新しい東京」を世界にアピールするために、治五郎の思いがこもった明治神宮競技場を新しく建て替えます。治五郎は田畑のこうした思い切りの良さを買っていたんですよね~


こうして準備万端整えたIOC総会では、会長が日本の過去の功績を振り返り、今また驚異の速さで復興を進めている東京にはオリンピックを開催する資格が十分にあると太鼓判を押してくれたそうです


その上で田畑は切り札を出してきます。なんと東を東京都知事に推薦したのです。IOCの委員を開催都市の都知事にするのは前代未聞だそうですが、田畑は

「船頭は少ない方が絶対いい!

と力説しました。都知事がIOC委員と体協会長を兼ねれば、誰にも文句は言わせません今回もそうすべきだったね(;´Д`)


~あ~小池都知事はいだてん、ご覧になっていたでしょうかね~。もしそうなら、大きく頷いていらしたことでしょう。まったくね~マラソンと競歩のために300億も掛けて暑さ対策をしたのに今さら札幌にするだなんて都民が反対するのも無理ないですよ。陸連も4年前から計画し、一発選考会までしてわざわざ「暑い東京で勝てる選手を代表に選んだのに、今さら変更なんてどう考えても横暴ですわ


東の家族は猛反対でしたが、東はそれを振り切って田畑の期待に応えました。菊枝も東の妻に頭を下げて頼んでくれましたね


田畑の「オリムピック噺」を聞いた平沢は、彼らがそれほどまでにオリンピックにこだわる理由が知りたいと尋ねました


田畑は「平和=La Paix(ラ・ペ)」のためだと声を挙げます。かつて選手を率いてフィリピンに行った際、現地の方々の憎しみに満ちた目とその行動から、日本軍が現地にどれほど残虐な行為を行ったかを肌で感じたのだそうです


その償いのために、俺たち日本人は面白いことをやんなきゃいけないんだ!時期尚早?遅すぎるくらいだ!!


~主人公にこう言わせるこのドラマのどこが国策だというのでしょうか?むしろ逆だろ?


治五郎のストップウォッチを取り出した田畑は「一番面白いことだ!」と繰り返しました。


これでようやく平沢が納得します。そこだよ、そこっ!!


かつて治五郎に「一番面白いことは東京オリンピックだ」と思い出させたのは、この平沢自身でしたからね


こうして平沢はスピーチを引き受け、東京は見事、次の開催地に選ばれましたよくやった!(^^)/アジアで初めてのオリンピックです


さ~ていよいよ来週は「東洋の魔女」が登場するようです。ただその監督を演じたのが徳井義実さんだということで、またしてもNHKは苦境に立たされていたようですね。せっかく素晴らしい作品なのに、実際にドラマを見もしないで国策呼ばわりする頭の固い輩に批判されたばかりか、2度もこんな目に合うなんて、クドカンとNHKはお祓いしてもらった方がええんとちゃうか?


と、不謹慎な冗談はさておき、おばさんは最後の最後まで、愚かな歴史は繰り返すなと教えてくれる「いだてん」を応援していきますよ~。来週の放送もめちゃ楽しみですね


←39話のレビュー  41話のレビュー→



いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪

本当に「いだてん」は傑作ですよね~。
食わず嫌いもいい加減にせえって感じですわ(;´Д`)。
ま、見ているアタイたちは果報者です(爆。

中でも田畑がイイですよね~。
もし田畑、否、まあちゃんが今この時代にいたら、
きっとこう言ってくれたと思います。

「札幌じゃ日本人が勝てねえんだよ!v-217

青学の原監督がちょいと指摘したきりで、
他の誰もズバリとは言えませんものね(-_-;)。

それはさておき、1964年東京オリンピックはどんなふうに描かれるのか、
想像しただけでワクワクしてきますね(^^)/。楽しみですね~(^_-)-☆。こん