G線上のあなたと私 ネタバレと感想 第3話 幸恵がひたすら気の毒でした

波瑠さん主演の【G線上のあなたと私】の第3話は「時間を無駄にします」です。いったいどういうことかと思いきや?


以下早速ネタバレですG線上のあなたと私のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ついに理人が眞於に告白しました。好きです!


その時の眞於の答えが「時間を無駄にすることになります」だったのです。いや~これっぽっちも隙のない冷たい返事でしたね


也映子は、見事に撃沈した理人に同情してボロボロ泣きながら、それでもこの冷たい返事をした眞於は素敵な女性だと褒めたたえました。理人君が好きになっただけのことはあるよ


いやいや、おばさん的にはあまりに冷たすぎてビックリしちゃいましたけどね。それが理人のためなんだろうけど、もう少し言い方ってもんがあるっしょ。だって、たとえ目的は眞於だったとしても、一生懸命バイオリンを練習した理人の時間は決して無駄ではなかったはずです


今回、也映子たち3人は、発表会に向けてG線上のアリアを猛練習していました。その頃から眞於は理人にだけ厳しく当たり、その様子を見た幸恵は理人が可哀想になって、眞於とバイオリンで繋がろうとするのは止めた方がいい、と忠告します。というより、もっと積極的に出たほうがいいということでしたね。


バイオリンでつながろうとする限り、あなたは生徒の一人でしかないのよ


理人は、発表会が終わったら告白するつもりだから、もう少し付き合ってほしいと頼みました。これで幸恵もホッとします。


でも理人もそんなことは痛いほど分かっていたんですよね。でも自分から告白したら、絶対に断られるのは分かっていたから、どうしても言い出せなかったのですよ。このままじゃダメなのはわかっている。でも、顔を見られなくなるのがどうしようもなく怖かった


理人の切ない気持ちが綴られたLINEのメッセージを読んだ也映子は、以前からかったことを心から申し訳なく思ったそうです。でも幸恵は幸恵で、眞於が理人に冷たく当たるのを見ていられなかったのですよね。確かに


発表会に向けて気合を入れなおして頑張ろうと誓った3人ですが、日に日に集まるのが難しくなってきました。理人は学園祭、幸恵は娘の受験の準備で忙しいそうです。


毎週来られるのは無職の自分だけだと自虐した也映子に眞於は「音楽はそういう時に出会うものだと言って、也映子が音楽に出会ったことを喜んでくれました。それは理人も同じなのに、そこまで達観するには、眞於はまだ若すぎるのでしょうか


発表会前日、3人はなんとか時間をやりくりして練習をしました。が、翌日幸恵は発表会に出られなくなったと電話をかけてきます。姑が脳梗塞で倒れてしまったのだそうです


前日の朝から頭痛と吐き気を訴えていましたものね。也映子にしてみれば、いくら本人が嫌がっても、無理やりにでも病院に連れて行けばよかったと後悔していたことでしょう


今回は発表会は諦めます


也映子と理人は、その幸恵を真ん中に感じながら舞台で演奏しました。幸恵も病院でエアバイオリンをしていましたね


ふたりの出来はこれまでで一番良かったそうで、舞台袖で見ていた眞於も手放しでほめてくれました


理人が告白したのはその直後でした。で、眞於はああ答えた時間が無駄になります( `ー´)ノ


理人はカラ元気を出して也映子を飲みに誘いました。打ち上げ行きましょう!


2週間前に二十歳になったという理人は、失恋のショックも手伝って大いに飲みました。そして以前也映子にひどいことを言ったと謝ります。ガキの初恋でこんなにキツイのだから、也映子はどんなに辛かっただろう、と言うのです。


也映子は理人にバイオリンをやめないでほしいと頼みました。それはせっかく見つけた「居心地のよい場所」を失いたくないという気持ちからです。


三人で続けようよ、ねえ、やろうよ~


でも幸恵は難しそうです。姑は、大事には至らなかったものの、これからはリハビリが待っているからです。そういえば、理人は理学療法士になりたいって言ってましたね?理人がリハビリを手伝って、幸恵を楽にするという展開は無理でしょうか


酔っぱらった理人は也映子を可愛いと壁ドンしていましたが、幸恵抜きでこのふたりが付き合うのはなんか違う気がするのはおばさんだけでございましょうか。現実的にも大学生と無職の恋愛は厳しいですよね


家事を手伝っていたら、家で両親の面倒を見るなんて考えるな、と言われた也映子は、そういう意味でもそろそろ動かなくちゃいけませんよね


G線上のあなたと私」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません