これが人生!ケ・セラ・セラ ネタバレと感想 第25~27話 セヒョンの決断

韓国ドラマ、【これが人生!ケ・セラ・セラ】の25話から27話を視聴しました。ついにセヒョンが決断しました!以下早速ネタバレですこれが人生!ケ・セラ・セラのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ヘギョンがユリとの同居を言い出したことで怒っていたセヒョンでしたが、その後ユリが家出をしたことで状況が変わりました


家政婦から、ユリの母親がユリを海外に行かせるつもりらしいと聞いたユリは、早速荷物をまとめて逃げ出します。セヒョンと連絡が付かなかったため、そのままセヒョンの実家に押しかけました


ヘギョンは、そんなことは許されない、ただちに家に帰れと命じます。そこへユリ母から電話がかかってきたので、すぐに家に帰すと伝えたところ、ユリ母は迎えに来ると答えたらしい。


そこへようやくセヒョンが帰ってきました。さすがのセヒョンもすぐにユリを送っていくのですが、せっかく自宅まで送ってきたのに門前払いを食わされてしまいます


これでセヒョンが決意しました。同居をする。別居したらずっと母親から干渉されそうだ


ユリはああ見えて素直な良い子だから、可愛がってほしいと付け加えるセヒョンに、ヘギョンは複雑な心境です。同居を言い出したのは自分ですが、ホントに同居できるとは思っていなかったのでしょうか


自宅に帰ったユリも母親も、どちらも部屋に閉じこもっていたらしいのですが、ある時母親が飲み物を持ってユリの部屋にやってきました。どちらも意見が合わないから、いっそ死のうと言い出します


でもユリは、こうした母親の出方には慣れていたのか、私だけ死ぬからいいわ、とその飲み物を飲み干してしまいました


狂言で娘を脅そうとしたユリ母は激怒します。あんたって子は!!


セヒョンもユリに同居を決めたと告げ、今度気が変わったら結婚しない、と言い渡しました。ユリもここは覚悟を決めなければなりませんね


その後ユリ母がヘギョンに電話をしてきました。話があるから会おうと言われたヘギョンは、ユリ母の言う場所では遠いから、双方からの中間点で会おうと提案し、スクジャに褒められます


言いなりになることはないわ。よくやった。美容院に寄ってから行きなさい!舐められちゃだめよ!


最初は断ったのに、やはり気が変わって美容院に寄ったヘギョンが嬉しそうでしたね~。やっぱりスクジャは良いお姑さんですね


そのスクジャとヘギョンは「子どもたち&夫たち」に愛想をつかしてふたりで市場に出かけました。スクジャが市場に出かけるのは久しぶりだったらしく、あちこちから声がかかります。お元気でしたか?ひ孫はできましたか?


中でもひとりは漢方薬まで勧めてくれたそうです。


そこでスクジャはヘギョンに命じて、セヒに電話をさせました。が、セヒは要件を知るや否や、激しく怒り出します。病院には行ったわ!これ以上干渉しないで!!


これもまたおかしな話ですよね。セヒが子どもが欲しくないっていうなら話は別ですが、欲しいのなら年長者の意見も聞くべきでしょうよ。しかも漢方薬は体を温めてくれるから妊娠には絶大な効果があるのは明白なのに


そのくせヒョヌには漢方薬が効いたらしいと報告したら、セヒがヘギョンに怒鳴ったのと同じように、ヒョクから嫌な顔をされてしまいました。これは罰が当たったんですわね


またスクジャに口をきいてもらえなかったジョンチョルは、それで気力が失せたらしく、階段を踏み外して額を切ってしまいました。スクジャは大いに心配して気遣いますが、ジョンチョルはようやく口をきいてもらえて嬉しかったようですね


一方のミンホはカン・スミからの贈り物攻撃にいささか辟易していました。が、ジソンはお礼をするべきだと主張してミュージカルのチケットを買ってきます。ふたりで行かせるつもりでしたが、ミンホは人目を気にして2枚ともスミに渡すつもりのようです。ふたりはなかなかお似合いなのにね~


そのミンホは、妻と息子を亡くした時、もしジソンが親戚から苛められたら、その相手が両親でない限り、縁を切る!と言ったそうです。ジソンはそれを恩に感じて、ミンホを置いてはいけないそうです


またジソンの妹のナヨンは、ようやく女優を辞める決心をしたようです。ナヨンが女優を目指したのも、母親のテヒが女優になりたかったからなのだそう。


そのテヒですが、いったい過去に何をやらかしたんでしょうね~「あんな母親」では嫁にいけなくて当然だということでしたが、そこまで言われるからには単に男性経験が豊富なだけではないと思うのですが?


これが人生!ケ・セラ・セラ」は続きもとっても楽しみですね



韓国ドラマこれが人生ケセラセラDVD版 全54話


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません