海上牧雲記 ネタバレと感想 第17話 それぞれの宝物

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の17話は「それぞれの宝物」です。あ~恐れていた事態が起きてしまいました珠海が死んじゃった(;´Д`)。以下早速ネタバレです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


苦速都から辱めを受けた珠海は、和葉が許したにもかかわらず、自ら命を絶ってしまいました可哀そうな珠海( ノД`)


和葉は、苦速都が珠海はもともと自分の女だったと語ったのを微塵も信じず、顔をボコボコに殴って半殺しにします


その血しぶきで顔が真っ赤に染まった和葉は、同じように血を浴びていた珠海を抱いて天幕を出ていきました。その後を金吉が追ってきますが、珠海はふたりで話がしたいからと、金吉を追いやります。


私たちはこれまで通りで変わらない?変わらないわけがないのは珠海が一番よく知っていた(;´Д`)


珠海の問いには頷いたものの、彼女が顔に触れようとした時は、その手を振り払ってしまう和葉なのです


珠海は、愛する男性と家族を築き、男女一人ずつの子どもをもうけて、その成長を見守るのが夢だと語りましたそうさせてあげたかった。和葉は黙ってこれを聞き、その夢を俺が叶えると答えますが、珠海は、その言葉だけで十分満足だと答えます。その代わり、私を思い浮かべる時は、清かった頃の姿だけにして


珠海は「贈り物」をあげると言って、和葉の剣を抜き、自らの首を斬りました。和葉はその亡骸を抱きしめて泣き叫びます。珠海っ!!しゅかいっ!!


和葉と金吉は、珠海の遺体を清めて祀りました。どうやら埋葬するのではなく、その処理を盤韃(ばんたつ)という神(魔物?)に委ねるようです。


和葉は邪魔になるからとその場を去ろうとしますが、金吉は動きませんでした。それで和葉は、多分わざと、八大部族を統一して王となる、と挑発し、その怒りを呼び起こします怒りは生きる意欲につながるからです


もちろん、穆如鉄騎への恨みが消えたわけではありませんから、次に会ったら殺すという気持ちも本当でしょうが、真実を知る前とはいえ、和葉を息子と思ってくれた、愛する珠海の父でもある金吉への愛情は少なからず残っていたものと考えますそう信じたいです


一方の鉄朶は、和葉は必ず戻ってくると信じて、こちらもまた「贈り物」を用意しに出かけました。かつて和葉が埋めた「巨人の骨でできた斧」を掘り起こしに行ったのです


去っていった和葉を見て、鉄轅は、男が心を捧げると決めたのだから諦めろ、ととりなしても、決して耳を貸しません。鉄朶は鉄朶で、和葉の大望を固く信じていたのですね


戻ってきた和葉を、鉄轅は冷たくあしらいました。和葉は頭を下げて服従を誓います。かつての碩風の仲間はそれを心配そうに見ていましたが、和葉はここで引き下がるわけにはいきません。珠海が命がけで作ってくれたチャンスなのです


お前が早く王になれるよう尽力するとは言ってましたが、たとえ和葉がそう思ったところで運命は別だということでしょうか


そこへ鉄朶が斧を持って戻ってきました。それがきっかけなのか、空に光が射し、赫蘭部族の人々が「盤韃」を求めて叫び出します。和葉はその斧を高く掲げて雄たけびを上げました。盤韃よ、力を!!我に力を!!( `ー´)ノ


どう見ても(少なくとも八大部族の)王は和葉で決まりでしょう


一方の鉄轅は、碩風部族の蘇赫(そかく)という祈祷師を捕らえていて、丹尭(たんぎょう)という秘術を使う部族のいる場所を教えるよう命じました。どうやらそこが、かつて朱阿七が目指していた「黒い森」のようでしたが?


海上牧雲記」は来週の放送も楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎 DVD-BOX1~4


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、そうなんですよね~。

確かに金珠海は本当に可哀想だったし、
鉄朶のしたことは決して許せないんだけど、
ここで安易に「善悪」「敵味方」の判断はできない気が
私もしちゃいましたよ~(;´Д`)。

弱肉強食の世界を生きるには
過去にこだわっていてはいけないのでしょうね~きっと(-_-;)。

果たして黒い森には何が待ち受けているのか~こちらはとっても楽しみですね(^^)/。こん