俺の話は長い ネタバレと感想 第4話 牧本容疑者と房枝の再婚はありやなしや?

生田斗真さん主演のホームコメディ、【俺の話は長い】は4話も面白かったですね~。以下ネタバレのあらすじです俺の話は長いのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


《其の七 アイスと夜の散歩》


父とのわだかまりが解けたためか、満はあれからちょくちょく早起きするようになりました。むしろ周りが対応できず、綾子などは、満が早く起きてくると相手をするのに疲れる、などと墓穴を掘るほどです


じゃあ「朝型の生活にしろ」なんて言うなよ


といいつつも、その翌日も早く起きてきた満は、朝と夜に光司の春海と陸についての相談に乗るなどしながら1日をプラプラ過ごしていたところ、その夜になっていきなり、アイスを盗られた!と騒ぎだしました俺のアイスを食ったのは誰だ!。房枝が、ゴミ箱に入っていたアイスのゴミが分別されていないと指摘したことがきっかけです


俺のアイス、誰が食ったんだよ!?


光司も房枝も、そして春海も否定しました。風呂から上がってきたばかりの綾子も食べていないと明言します。


100円のアイスで大騒ぎすんなよリュック使ったくらいで怒るなんて小さいって言ったくせに( `ー´)ノ


いやいや、それは1本250円もするアイスなのだそうですよ。それじゃあ無職の満が騒ぐのも当然ですね


実際このゴミをゴミ箱に捨てたのは綾子だそうです。この時の満の突っ込みがまた可笑しかったですね~


川に拳銃は捨てたけど、撃ったのは私じゃありませんって誰が信用するよ?


綾子が前に住んでいたところでは、アイスの袋も燃えるゴミ扱いだったのだそうです。あ~そうそう、自治体によっては分別が緩いんですよね~。アタイも東京から田舎に戻ってきた時、満なみにうるさかったもんです。破れたストッキングは燃えないゴミだよ!


綾子はそこで光司が同じアイスを食べてたと言い出しました。光司は昨夜、年下の先輩から仕事が合わないから辞めろと仄めかされたのがショックで、ひとりぽつねんと夜空を見上げながらチョコアイスを食べていたのです可哀そうな光司(;´Д`)


そんなに疑うならゴミとレシート持って来るよ!


あんな段ボールだらけの部屋をあてがわれた上にアイス泥棒の疑いまで掛けられて、よくグレませんよね。でも「言いなさんな」はさらりとしょっちゅう使ってたみたいですよ


その後、房枝目当てにガンガンアプローチして家にも入り込んでいる牧本に疑いが向けられました。が、牧本が来ていたのは綾子がごみを捨てた後だと判明すると、次第に事実が明らかになっていきます。ゴミがあった場所には、昨日まで新聞が山と積まれていたのだそうです


それで満は気づきました。1週間前にアイスを食べた時、自分がテーブルの上にゴミを置きっぱなしにしたその上にどんどこ新聞が積まれていったに違いない。


だったら素直にそういえばいいものを、言うに事欠いて、「これは犯人なき完全犯罪です」と来たもんだ満の屁理屈がサイコー!(^^)/


いやいや、最初にゴミを捨てなかったお前が悪いと綾子も負けちゃう( *´艸`)、綾子が満を責めようとしますが、満は論点をすり替えてきます。この事件よりさらに深刻な事件が浮かび上がって来ていることに気づいてない?


満はズバリ、房枝が牧本と再婚しようとしている、と指摘しました。さすがに綾子もこれでは乗らずにいられません。えええ??


それでも綾子は、房枝が好きなら子供が口を出すことではないと反論しますが、満は「再婚」に反対しているわけではないとさらに反論してきました資産と体力のない老人はダメだ!。相手が牧本容疑者だからだというのです


俺は牧本さん以外だったら、どんな新しい父親が来ても快く「お父さん」って呼ぶ準備はできてるんだ。春海と違ってね


どさくさに紛れて春海をチクリとやった満ですが、どうやら免許も持っていない老人の牧本では、老後の伴侶としてはふさわしくない、と言いたいらしい。だから今教習所に通ってますよね


満はこうして皆をかく乱した隙に、まんまと部屋に逃げ込みました


春海はアイスの話をしたらアイスが食べたくなったと言い、夜遅いからという理由で光司と出かけることになります。春海が嫌じゃなければ


春海は渋々付いてきましたが、凛菜から、光司が高平陸とメールをやり取りしていると聞かされて以来、どういうことか気になっていたので、この機に切り出しました。陸といつ連絡先、交換したの?


敢えて「パンプ郎」には触れないところが、いかにも春海らしいですね


陸は春海同様、母親が再婚しているそうで、その相手というのが外務省の官僚らしく、成績が並み程度の陸とは話が合わないのだそうです。それで陸は、元バンドマンの光司をうらやましく思っているらしい


あいつも寂しい奴だから、嫌じゃなければ仲良くしてやってよ。


光司と春海の距離も少しずつ埋まってきたようですね


《其の八 バーニャカウダと犬の散歩》


満は、クラッチの駒野から、オーナーの犬の世話と散歩を引き受けてほしいと頼まれました。マンションの合鍵を渡すから家に連れ帰る必要はないし、条件もいいと聞いた満は、早速翌日から散歩に出かけます


房枝には、朝と夕方マラソンをすると嘘をついていたようで、房枝はそろそろ就職する日も近いのではないかと期待していました


が、それが実は犬の散歩だと知った薗田は、日頃世話になっている房枝のためにも、満を自分の会社に就職するよう誘います。ちょうど中途採用の枠があるのだそうです。


満は、何を思ったか、早速薗田に会いに行きました。薗田は、満と同じように大学を中退し、その後はバックパッカーで世界中を放浪していた渡利(間宮祥太朗~斎藤龍興@信長協奏曲)という後輩を連れてきます。渡利は盛んに満を尊敬していると持ち上げましたが、むしろ満は、渡利が「無職」という孤独に耐えられずに就職しただけだ、と誹謗しました


挙句の果てに、渡利と薗田は動物園のライオン(=満)に檻から出て自分で獲物をとってこいと言っているようなものだとのたまいます


それに、バーニャカウダの野菜は1人1本ずつなのに、1人でエシャロットを3本も食べるって社会人失格だと思うんだよね


純粋な渡利はすっかり心を折られてしまいました俺はサイテーだ!( ;∀;)。俺、会社を辞めます!動物園の孤独から逃げて野生の群れに紛れ込んだ臆病なライオンを止めて、もう一度檻に戻ります!!


さすがの満もこれには負けて、今の話は全部冗談だったととりなしました。エシャロットは苦手だから食べてくれて感謝してる。会社辞めたら承知しないぞ


薗田は逆に、渡利にそこまで思わせた満は、きっと営業に向いている、と感心しました。あ~確かに向いているけど、それじゃあ本当に「口先だけの薄っぺらい人間になっちまいそう


家では春海も満を援護しています。手近なところでポラリスを継ごうとしない満はストイックで信念があるというのです。以前の店を立ち上げる時も、援助は一切受けず、すべてバイトで賄ったのだそう


その春海は、どうやら陸と同じ高校に行きたがっていたようですね。それだとレベルが下がるらしくて綾子は反対していましたが、光司なら分かってくれそうでしょうか


その光司は、犬の散歩をしている満に、たまには変わってくれないか、とこぼしました。満がこの暮らしも見た目ほど楽ではないと語ると、光司も20~30代を似たような生活をしてきたから分かる、と答えます。


満は、たとえ定価は5万以上でも上下で1万8千円のスーツを与えられている光司に、ワンコの服は3万円だと教えました。俺より全然高いじゃんと嘆く光司をこう言って慰めます


でも光司さんの方がカッコイイですよ


この満と光司の関係もめちゃ好きですね~。綾子との間でどちらを立てるべきか悩んでいる光司が実に可笑しくてたまりません


俺の話は長い」は来週の放送も楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません