ピョン・ヒョクの恋 最終回 ネタバレと感想 とっても楽しいラブコメでした!(23話含) 

チェ・シウォンさん主演のラブコメディ、【ピョン・ヒョクの恋】の23話と24話=最終回を見終わりました。期待通り、文句なしのハッピーエンドでございましたね~。社会派要素も盛り込んだ、とってもお得で楽しいラブコメでした


以下ネタバレのあらすじですピョン・ヒョクの恋のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ヒョクとジェフンは、ガンスとウソンの留守を狙って会長室に忍び込みました。仲間から話を聞き出したジュンもこれに加わります。

また良いチームワークで(^^)/


途中でガンスたちが戻ってきてしまいましたが、それも既に織り込み済みだったのはお見事でしたね。ヒョクたちは契約書がどこにあるか分からなかったので、ガンスがその無事を確認すること=契約書を見つけることこそが、まずは最初の目的だったのです


その目的を達したヒョクはジェフンとジュンの見事な連係プレーで契約書を奪い去りました。そこにチョルミンがやってきて、泥棒が入ったとの通報があったとし、3人を逮捕していきます


こうして動かぬ証拠を押さえられたガンスはついに起訴されました。そのガンスが金庫の暗証番号にヒョクの誕生日を使っていたのには驚きましたね。ホントはヒョクのことが可愛かったのですね~


またガンスはヒョクに、裏金を作ったり幽霊会社を作ったりするのは、自分の時代では当たり前のことだった、と息巻きました。でもその一方で、そうした時代はもう終わったのかもしれないと反省も覗かせます


そのガンスの取り調べには後ろに数十人の弁護士がずらりと並んでいたのが可笑しかったですね~


ガンスが逮捕されたことで、意外にも?株価は上昇したそうで、ウソンとヒョクは引き続き順調に会社を経営していました


特にヒョクは「変革」に力を入れていきます。「役員専用」の物はすべて廃止し、持ち株制も導入しました。後者は資金部に異動したテギョンのアイディアだったようですね。ミヨンは引き続き清掃チームのリーダーとして張り切っていたようですヒョクセンター長のおかげよ(^_-)-☆


そしてジェフンは、ガンスの説得で会社に戻ったらしいソル専務に呼ばれて、ガンスフードに部長として復帰しました


またジュンは、念願のオーロラを見にノルウェーに行くことにします。しかも1年ぐらいは帰ってこないつもりだそうです。


ジェフンはこれを知っていたのに、最後の最後まで内緒にされたヒョクは怒って口をききませんでした


が、それは単に「ふり」だけで、本当は、ジュンの乗る飛行機を調べたり、隣の席をゲットしたりと忙しかったようですね


終盤はジェフンがジュンに積極攻勢を仕掛けていたので、いったいどうなることやらと気をもみましたが、最後はヒョクで決まり!だったようで安心いたしました。ま、これはラブコメですから、

せっかく変革した会社はどーすんだ

などと野暮なことは言いますまい


ちょ~っと長すぎたような気もしますが、嫌味が無くてとっても楽しかったです。特にヒョクが可愛くてサイコーでした。お勧めですピョン・ヒョクの恋が楽しかった♪



ピョン・ヒョクの恋 DVD-BOX1&2


←前回のレビュー


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪

ああそうですね~ヒョクはもうお役御免だったのですね(^_-)-☆。

最後まで楽しいラブコメでしたね~。
日本だったら「続編」(SP番組)を期待するところですが、
韓ドラはそれがなくて寂しいですね~。こん