まだ結婚できない男 ネタバレと感想 第5話 神様にお願い事して悪いか!!

阿部寛さん主演の【まだ結婚できない男】の第5話は「神様にお願い事して悪いか!!」です。これはいかにも桑野らしさ全開の飄々としたエピソードで面白かったですね~まだ結婚できない男のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。以下ネタバレのあらすじです


桑野はパソコンとにらめっこしながら「事業譲渡と不動産売買」はどう違うのか、とつぶやいていました。何か仕事がらみなのかと思いきや、なんと前回有希江の話をちゃんと聞いていて調べてくれたのだそうです。そうそう、皮肉屋ではあるけど結構イイやつだったりするんですよね。裏表がある人間よりよほど信頼できるとも言えますね


自分には分からなかったので早速吉山あらためまどかに電話をして聞きました。その時に「こんな時間にデートもしないで仕事ですか?と一言多いのが玉に瑕なのですけどね


とはいえまどかも桑野の指摘は響いたようです。最近は仕事が忙しすぎて、大好きな鎌倉の「高徳院銅造阿弥陀如来坐像」、通称鎌倉の大仏様にも長いこと会っていないそうです。


まどかは有希江と戸波あらため早紀を誘って3人で鎌倉に出かけることにしました。その日はちょうど縁結びで有名な結岡神社の月に一度の例大祭に当たるそうです


有希江は興味なさそうでしたが、まどかは、何事も「仕込み」は大切だと押し切りました。今の話は桑野さんには内緒ね


そこへ桑野がやってきて、まどかに送ってもらった資料を置いていきました。善事は黙って施せの言葉通りで有希江でなくても感動しちゃいますよね


その桑野も、村上の仕事に手を貸すために鎌倉へ行くことになります。都内に和風のテイストを入れた家を造るというこの仕事は利益率が高いため、コンペに通れば事務所経営に寄与すると乗せられたからです。


案の定、まどかたち3人は、銭洗弁財天を始め、あちこちで桑名を見かけることになりますが、その都度逃げ隠れして、なんとか宿に飛び込みました。が、その宿にも桑野が宿泊しており、結局は見つかってしまいます


桑野は仕事で来ていると説明した後、結岡神社の例大祭はすごい人だから、早朝から行かないといけないと教えてくれました。この日に女3人で来ていたらそれしかないでしょ


だから一言余計なんですよね~。前半だけで止めておけば、世話好きないいおっちゃんなのに


しかも桑野は、毎月あんなに大勢の女たちが押しかけてきて「縁結び」の願い事をしても、神様は答えられないんじゃないか、とのたまいます


そこまでこき下ろしておいて、自分はガイドブックにも載っていない「知る人ぞ知る小さな神社」へ行くのだとせせら笑いました。本当の御利益っていうのはああいう神社にあるんだろうな。でも教えません


毒気に宛てられた3人は部屋に帰って飲みなおしたため、翌日は寝坊してしまいました。ネットで検索して見ると、参拝までに5時間はかかるそうです


そこで3人は、桑野の後を付けていくことにしました。隠すってことはすんごい御利益がある証拠かも!すんごいご縁に恵まれるかも!( *´艸`)


それを知ってか知らずか、桑野はひとりで悠々と茶屋でお団子を食べていたのがいかにも桑野らしかった


3人は「縁結び」を期待していたのですが、桑野が出かけた福玉神社は商売繁盛の神様だったそうで、ご利益はご利益でも皆仕事に関することばかりでした


まどかには大口の訴訟の仕事が、有希江は近くに専門学校ができて客が増え、早紀にもスペシャルドラマの話が舞い込みました。もちろん桑野のデザインした邸宅もコンペに通ったそうです


ちなみに銭洗弁財天は実在しますが、結岡神社と福玉神社は架空だそうです


途中、まどかの後輩で絶賛婚活中のエリカ(野波麻帆~生嶋晶@ダメな私に恋してください)が、「背の高い真面目な男性」を希望したために桑野を紹介したところ、桑野にこてんぱに論破されてしまったのも可笑しかったですね~


でもエリカは最初こそ落ち込んだものの、その後は結婚に焦っていたことが馬鹿らしくなったそうで、自然体で生きることにしたのだとか。それはそれで、というより、そっちの方が良かったような気もしますが


次回はついに「やっくん」の正体が明らかになるようです。同じジムに通う薬丸がブログを書いていることが分かったのなら、ジムの職員にそのブログのことを聞けばよかったのにね


まだ結婚できない男」は続きもとっても楽しみですねまだ結婚できない男が面白い(^^)/


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません