シャーロック ネタバレと感想 第6話 マ〇ケな医者がいたもんだ

ディーン・フジオカさんの【シャーロック】の6話は、オチを聞いて驚きました。なんとも〇ヌケな精神科医がいたものですね~。思わず耳を疑っちゃいました


以下ネタバレのあらすじですシャーロックのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


高遠綾香(吉川愛~高幡アリサ@あまちゃん)という17歳の誕生日を迎えた女子高生が、家族の前でいきなり殺人を告白しました。遺体を埋めた場所も語ったため、父親の一也(二階堂智~岡野洋介@まだ結婚できない男)はすぐに警察に通報します。するとその場所から遺体が発見されました。が、どう見てもその遺体は死後20年以上経っており、綾香が殺したとは思えません


江藤からこの話を聞いた誉はいきなり中国の豚の話を例に出し、綾香が前世で殺人を犯した可能性を示唆しました。それなら面白かったんですけどね~


その綾香は不眠を理由に精神科医に通院していたことが明らかになります。塾の帰りに男に襲われて以来、それがPTSDとなってしまったそうです。


綾香の母親、美樹(霧島れいか~友恵@奥様は、取り扱い注意)は、こうしたことは専門家に任せるのが一番だとすぐに綾香を大学病院の精神科に連れて行ったそうです。


綾香を担当したのは平田初雄教授(伊藤洋三郎~広田@アンフェア)というその道の権威で若宮も知っていましたが、既に退官して担当が変わったと聞かされました。退官にはまだ早い年齢なのにと不思議がる若宮の言葉で、誉がすぐに察します


その平田から患者を受け継いだという准教授の宇井宗司(和田正人~平瀬孝夫@陸王)は、部屋でカナリアを買っていました。誉は、宇井が部屋に入ってきた時、カナリアが鳴かなかったことからある仮説を立てます。カナリアは「炭鉱のカナリア」で有名なように、有毒ガス(一酸化炭素)に敏感に反応するのです


案の定、平田教授は自宅で亡くなっていました。部屋には練炭と遺書が置かれていましたが、死因は心筋梗塞だったそう。教授は元々心臓を患っていたのだそうです。


その頃誉はこれまた既に、綾香の「記憶」は体験ではなく植え付けられたものだと気づいていました。綾香の記憶は平面的で、広がりが感じられなかったからです。誉が綾子を傷つけまいとする配慮がまた素敵でございましたね


綾子が記憶させられたテープには、一人の女性が「ジュンちゃん」を殺したと告白している様子が録画されていました。平田は遺書の中でこのテープを綾香に見せて記憶を操作したと書き遺したそうです。


が、平田の論文をすべて読んだ誉は、平田が患者の記憶を捜査するような卑劣な人間ではないと見抜きました。それに「カナリア」ですからね


これに加えて、宇井の出身地は島根でしたが、綾香の母、美樹も高校時代島根にいたことが分かっています。グレが現地で調べてきたところによると、宇井は当時美樹に交際を申し込み、公衆の面前でストーカー呼ばわりされたのだそうです


「私でよければずっとお力になりますよ


誉は宇井が美樹たちにそう声を掛けたことも不審に思ったそうです。医者が患者に望むことは早く元気になって病院に来なくなることだからです。


誉の推理は的中しました。宇井は平田から綾子を紹介された際、隣にいた美樹が宇井をまったく覚えていないことに怒りを覚え、このような復讐を考えたのです。平田は宇井の行為を咎めた際に発作が起きて、宇井に見殺しにされたようです。


宇井はでも、これは復讐などではない、記憶操作はうつ病やPTSD患者を救う新たな治療法として世界中から注目を浴びている、と悦に入っていたのが実に間が抜けていました。というのも、綾子は、記憶操作などされていなかったからです


綾子は、誕生日ですら自分に関心を示してくれない家族の関心を引きたくて、人を殺したなどと嘘をついたのだそうです


誉は呆然自失の宇井に、昔の辛い記憶が宇井をここまでに育ててくれたのだと言って励ましました


と、これだけではマヌケな話で終わっちゃいますが、ここに再びあの名前が登場します守谷壬三(もりや・じんぞう)です。テープの中で女性が「ジュンちゃん」を殺したのは守谷に頼まれたからと語っていたのだそうです


20年前から既に人殺しを楽しんでいた守谷はいったいどんな人物なのか?誰が演じるのかも楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません