G線上のあなたと私 ネタバレと感想 第5話 バイオリン三銃士復活!

波瑠さん主演の【G線上のあなたと私】の第5話を視聴しました。いやいやこれはめでたかった~。以下早速ネタバレですG線上のあなたと私のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ようやく幸恵が戻ってこれそうです。姑が倒れて以来ずっとヴァイオリンも弾かずに献身的に尽くしてきた幸恵に、由実子がたまには弾きに行って来いと背中を押してくれたそうです


あんなにオシャレだった由実子が、リハビリに疲れて化粧すらしたくなくなっていたところを、幸恵が明るく励ましたのがよほど嬉しかったのですね~きっと


お義母さんにはキレイでいてもらいたいんです。北河さんちの由実子さんはいくつになってもキレイでまるで化け物みたいって言われてるじゃないですか。私、結構、自慢なんですよ、お義母さんのこと。キレイにお化粧して、やっぱり化け物だった、って言わせましょう!


最初はぐずっていた由実子も、幸恵にお化粧してもらって少しずつキレイになっていくのと同時に元気になっていくのが見て取れましたね


その由実子から、幸恵の方がひどい顔だと言われた幸恵は、早速、化粧道具を借りて塗りたくりました。嫁と姑、誰よりも近くにいる同性として「友達」になれたらどんなに楽しいことでしょう


幸恵が戻ってきたら、念願のコンサートも開けそうですね。由実子もコンサートを聴きに行くという目標ができる=張り合いができるのではないのでしょうか


さて次は也映子です。前回のラストで元カレに声を掛けられた也映子は、そのままふたりでお寿司を食べに行ったようです。


そこで元カレは、父親が脳梗塞で倒れたと打ち明けました。もう意識が戻ることはないらしく、その結果、也映子の後釜に座った彼女は、結婚できない、と断ってきたそうです


人ってこういう時に本性見えんのな


いやいやそれはあなたの心掛けが悪いからでしょうよ。でもまあ、そんな女と結婚しなくて正解でしたよ。別れてくれてありがとう、てなもんです。とはいえ也映子も、気の毒だとは思っても、今さら元さやなどこれっぽっちも考えていないようです。何かにつけて思い浮かぶのは、最近会っていない理人のことばかりのようで


その後也映子は10度目のお見合いパーティーでついに相手を見つけました。相手は白鳥敬一(えなりかずき~原一平@ごめんね青春!)というええとこのボンボンらしく、也映子の眼鏡が気に入ったそうです


その1回目のデートと、3人での久々の練習が重なりました。幸恵はせっかくだからデートに行けと強く強く勧めます


也映子が結局デートに行ったことを面白く思わない理人は、ぶっきらぼうに、マッチングしたら結婚も決まりでしょ、と言い捨てました。幸恵は「結婚したい」と「この人と結婚したい」は似て非なる感情だと説明しますが、理人には理解できないようです


それは白鳥も同様でした。白鳥は早速「新居」としてめぼしい物件を30件もリストアップしてきたそうで、結婚することに何の疑問も抱いていないようでした。しかも、この最初のデートで割引クーポンを使うと語った上に、也映子にもダウンロードしろと勧めてきます


也映子はすっかり幻滅し、テキトーに別れた後、理人を呼び出しました。


私は今日大事な時間を無駄にした。3人で練習すべきだった!もったいないことをした(;´Д`)


也映子は、同じ時間を過ごしたくなる相手こそ、本当に大事な人だと気づいたそうです


也映子の話を聞いた理人は、それは相手に失礼だなどとさんざん批判したくせに、白鳥の眼鏡フェチを聞いた途端、さっさと振ってこい、と怒ったのには大笑いでしたね


その理人は、今でも眞於と時々連絡を取り合っていたそうです。また眞於が局所性ジストニアという難治性の腕の痛みで悩んでいて、理人のゼミの教授がその権威だったらしいのも連絡を取り合う理由になったようです。


侑人と交際中だった二度目の留学でこれに気づいた眞於は、侑人から別れも切り出されてしまったのだそう。あ~それであそこまで感情的になってしまったのですね~きっと。悪い時には悪いことが重なるものなのですよね、人生って


でも少なくとも眞於は今、侑人が好きだった鴨せいろを、理人と笑いながら食べられるまでになりました


それなのに理人はこの話を侑人にしちゃっていました。もう子どもも生まれて家庭を大事にしている侑人に言うべき話じゃないと思うんですけどね~。侑人が眞於と別れたのも、眞於が何も言ってくれないもどかしさが大きかったようなのに


まったく理人は、いろいろ分かっているようで何もわかっていないお子ちゃまなんだよな~。ま、まだ大学生じゃ仕方ないですね


G線上のあなたと私」は続きもとっても楽しみですね



G線上のあなたと私 1-4巻 新刊セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません