刑事ルーサー 最終回 ネタバレと感想 死者の世界

英国ドラマ、【刑事ルーサー】もようやく最終回(16話)を迎えました。いやいや最後まで独り〇がりなドラマでございましたね。ルーサーに感情移入できればそれも楽しめたかもしれませんが、そこまでは入れ込めませんでしたあまりのご都合主義に萎えた(;´Д`)


以下早速ネタバレです


まずは気になっていた「霊能者」、メーガンは真っ赤な偽物でした。ルーサーの家から携帯を盗んだのがこのメーガンだったそうで、それでアリスの事も知っていたそうです。


またそのメーガンは、過去にルーサーが扱った未解決事件の関係者だったらしく、その事件の犯人を捕まえてほしくて出てきたようですね。そういうことはいきなり出さないで、もっと前から伏線敷いてほしかったですわ


メーガンがアリスからの伝言として話した「フクロウはステイシーが持っている」というのもその事件のヒントだったそうです。


ルーサーはこの過去の事件をアリスに話していたらしく(そのシーンが見たかった)本物の霊能者かと疑ったようですが、そうじゃなくて、事件の関係者だから知っていたのです。こうした視点の切り替えはルーサー(このドラマ)の最も得意とするところでしたね。


「フクロウ」は殺された被害者=ジョナサンのぬいぐるみで、そのジョナサンを殺したのがステイシーだったそうです。


ルーサーはそのフクロウのぬいぐるみに、ダイヤと引き換えにコーネリアスからもらった麻薬を仕込んで通報しました。いわゆる別件逮捕でやんすね。これは道を踏み外したことにはならんのかいな


手段はともかくなんとか一件落着したのはよしとして、あのアリスが一般人のメーガンに殺されたとはとても考えにくいですよね~


さて現在の事件の方は、容疑者のローズのパソコンを調べた結果、ローズの初恋の相手だったキャサリンが浮上しました。キャサリンは既に家庭を持っていましたが、ローズはその家族を襲います


ルーサーとレーンはその後を追い、最後はレーンがローズを撃ち殺しました。レーンは、尊敬するブルームを殺したローズが許せなかったのです。


ルーサーはその気持ちを理解して不問に付すのは理解できるけど、銃はローズの物だったことにしようって調べたらすぐに分かると思うんですけど警察舐めんなよ(爆


いや~雰囲気は悪くなかったけど、ミステリーとしては楽しめなかったですね~雰囲気だけのドラマでしたね(;´Д`)。心残りがあるとすればアリスが生きていたかどうかだけですが、いや、あれはゼッタイ死なんて


最後の最後まで文句ばかりで申し訳ありませんでした。最後までお付き合いくださいました方々には心よりお礼を申し上げます。ご利用ありがとうございました



刑事ルーサー第1話


←前回のレビュー


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません