これが人生!ケ・セラ・セラ ネタバレと感想 第40&41話 爆弾発言

韓国ドラマ、【これが人生!ケ・セラ・セラ】の40話と41話を視聴しました。一難去ってまた一難~まさに「平穏な日は1週間と続かないというギョンホの言葉通りでしたね。以下早速ネタバレですkaeru


まずはセヒですが、皆が心配する中、ちゃっかり家に戻って携帯を充電し、そこでようやく大騒ぎになっていたことを知りました。セヒは、まさかヒョヌが実家に電話をするとは思わなかったそうです


ヘギョンは、なぜそんなに心配するのかというセヒの言葉にブチ切れます。もう子どもなんてうんざりよっ!!


スクジャは、子どもを持ってみないと親の気持ちは分からないものだと達観しますが、いやいやこれはもう「甘えと想像力の欠如に他なりません


それでも、それだけ皆を心配させたセヒはおかげでそこそこ気は済んだらしく、このままヒョヌと暮らすことにした、とのたまいました。ヘギョンは、それならそれでもう蒸し返すな、と助言しますが、セヒは、毎日噛みついてやるのだと高言します。やっぱりかなりの甘ったれですね


しかも、これからも子作りは諦めないのだそうですよ。他に相手を探すのは時間がかかって大変だからと、ヒョヌには再生手術を受けるよう言い渡し、子どもができたらその子は決して渡さないと息巻きました。子どもは親の所有物じゃないのに、そんな状態で生まれた子どもが可哀想だとは思わんのかな


そして「あっちの子ども」には今後も一切関与しないそうです。あれだけヒョヌの子どもを欲しがっていたのだから、いっそ引き取って育てることはできんのでしょうか。何も知らずに生まれてきたその子はむしろ被害者で、しかも今や独りぼっちなのに


とはいえ、ヒョヌがそれを受け入れたのですから、もう周囲があれこれ口を挟むことはありません。やっぱり夫婦喧嘩は犬も食わぬなのです


さてそれよりも問題は、ジョンチョルの「爆弾発言」です。なんとジョンチョルはスクジャを連れて家を出ていくと宣言しました


その理由は、長男でもないジェホにこれまで30年も世話になった、ヘギョンも還暦なのに、出来の悪い嫁を抱えて気の毒だ、というものです。本当は施設に入ろうかとも思ったが、それでは子どもたちが反対するから、マンションに住んで家政婦を雇うことにした、と語りました。スクジャも賛成した


ジョンチョルは、ヘギョンが悩んでいるとスクジャも眠れなくなるのが心配なのだそうです。離れて暮らせば知らずに済むことも多くなる。


これで喜べるぐらい図々しければ、ヘギョンも苦労はしないのですよね。ヘギョンはすっかり傷つきました。それはジェホも同様です


ジェホから連絡を受けて駆けつけてきたギョンホは、同じようにやってきたミンホに、早くジソンを追い出して長男の役目を果たせ、とわめきましたikari。本来ならミンホが両親と同居すべきだったというのです。ミンホは、亡き妻が病弱なのを理由に別居をしていたらしい。


ギョンホは、それが無理なら俺がソヒを追い出して両親を引き取ると言い出しましたiraira。いや~ソヒはともかく、ミョンナンが承知しないですよね


なんともはや、ジョンチョルも罪なことをしたものですわ。そんなにヘギョンのことが心配なら、家政婦を雇う時間をもっと長くしてあげたらそれで済んだものを


ヘギョンにしてみれば、スクジャがいるからこそユリにも耐えられているのですよね。長年仕えてようやく今では本当の母と娘、否、なんでも分かり合える親友のようになれたというのに、なんでそこが分かんないかな~男どもは


これが人生!ケ・セラ・セラ」は続きもとっても楽しみですね



韓国ドラマこれが人生ケセラセラDVD版 全54話


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません