大人の土ドラ 【リカ】 ネタバレと感想 第6話 ストーカーじゃなくて殺人鬼です

高岡早紀さん主演の大人の土ドラ、【リカ】は6話で早くもリカが牙をむきました。あのイラつきはそろそろ更年期なんですかね~


以下早速ネタバレです


リカが会社まで押しかけてきたのに恐れをなした本間は、とりあえず坂井の勧めでもう一度だけ会って真実を説明することにしました。でもリカは、本間がどんなに仕事だと言っても信じてくれません。お礼にと差し出した3万円も、なんと本間のマンションの玄関に貼っていきました


もはやストーカー以外の何物でもないと、坂井が探偵の原田(柏原収史~滝野蓮杖@ビブリア古書堂の事件手帖)を紹介してくれます。原田は、この程度の事では警察は相手にしてくれないからと、調査を引き受けてくれました


が、リカは会社で見かけた千秋を味方につけています。千秋はやはり離婚したそうで、今は金に困っていたところに付け込まれました


一方の原田は以前の花山病院の火事のことも調べ上げてきます。火事で複数の死傷者が出たのみならず、その直前にも看護師が二人、謎の死を遂げていたと報告しました。


すべてはリカがやったことなのか?!


あまりの衝撃に震えていたところに、今度は坂井が殺されます。喫茶店でリカを見かけた坂井は、いい加減に本間に付きまとうのは止めろ!と釘を刺したため、リカが怒って歩道橋で坂井を突き飛ばしたのですリカがひどすぎ(;´Д`)


本間は単なる事故だと考えていたようなのが甘いですよね~。なにせリカは「ミザリーのアニー」もしくは「13日の金曜日のジェイソン」級のサイコパスなのです。しかも、おばさんが知っているだけでもう9人も殺害しました


あ~早くリカが捕まらないかしらね~手あたり次第殺すのは刑事ルーサーとイイ勝負だわ(-_-;)。怖くて外も歩けやしない


ってことで、余程の事がない限り、リカが捕まるまで感想はお預けにさせていただきまするね。まさかそのまま終わりってことはないんでしょうけど、そん時は最後に何か書きますね



原作は五十嵐貴久氏の小説だそうです


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません