これが人生!ケ・セラ・セラ ネタバレと感想 第42~44話 とりあえずは一段落

韓国ドラマ、【これが人生!ケ・セラ・セラ】の42話から44話を視聴しました。今週もまた色々ありましたね~まずはこれから


ジョンチョルの別居宣言はかなりの波紋を呼びました。ヘギョンは水臭い、これまでの数十年は何だったのかと嘆き、息子たち3人は必死で両親を止めようとします


特にギョンホが同居を言い出したことで怒ったミョンナンは離婚を切り出しました。ミョンナンはヘギョンにもメールを送って懇願します。どうか二人を止めて!私にお世話は無理なのっ!!


気の毒なのはジョンチョルとスクジャですよね。ギョンホの家に行くなんて一言も言っていないのに、勝手に迷惑扱いされてしまってます


結局この問題は、スクジャが出ていきたくないと表明したことで決着しました。スクジャは、この年でマンション暮らしは寂しい、庭もない暮らしは味気ない、と反対したのです


言い負かされたジョンチョルが、それならジェホとヘギョンが出て行けと言い出したのには笑いましたね~。もちろん誰も本気にはしていません


この問題を通して、本音と建前が見事に交錯しているのには大いに共感いたしましたこれは分かるわ~( *´艸`)。ヘギョンは、心のどこかに「別居したら楽になる」という気持ちがないこともなく、スクジャは「好きにしろ」と言われたら寂しくて泣いてしまうとジョンチョルに打ち明けていたのです


本音をハッキリ口にしたのはミョンナンです。それは決して悪いことではないのだけれど、いくら穏やかなスクジャでも、そこまでハッキリ言われたら、自分たちとの同居が離婚するほど嫌なのか、と不愉快に思ったに違いありません


それに比べるとユリは頑張っていますよね~。でも今回は、実母が留守中に家からあれこれ持ち出してきたのをこっぴどく叱られてしまいました。しかも、カードを取り上げられているという理由で、ツケで、しかも大量に買い物をしてきたのです。ツケで買い物をするなんて、スクジャの年齢では「恥でしかありません。


スクジャとヘギョンの両方から叱られてしょんぼりしていたユリから事情を聴いたセヒョンもまた、ユリを厳しく叱ったようです。しかもセヒョンはヘギョンに、今後はもっと厳しく叱っていい、と言ってくれました


ヘギョンはどんなに嬉しかったことでしょう


またセヒは、宣言通り、常に居丈高にヒョヌに接していました。ヒョヌはそんなセヒに映画の脚本を書いてみないかと勧めたようです。あ~それは悪くないアイディアですよね。もっと視野を広げれば考え方も変わりそうです


一方で、ミンホにアプローチをしていたスミに、同僚で5歳年下のクォン・ドンチョル(ペク・スンヒョン~チ・サンウ@主君の太陽)がプロポーズしてきました


スミの前の夫も8歳年下だったそうで、もう年下はうんざりなのだと断るスミです。え~真面目で良さそうな人なのに。


それ以外では、ナヨンがセジュンとキスしてしまったようですね。いやいやこれまたややこしいことになりそうです


これが人生!ケ・セラ・セラ」は来週の放送も楽しみですね



韓国ドラマこれが人生ケセラセラDVD版 全54話


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません