俺の話は長い ネタバレと感想 第7話 明日香はエライ!

生田斗真さん主演のホームコメディ、【俺の話は長い】の7話はまためちゃ楽しかったですね~。満にガツンと言い渡した明日香はカッコよかった!!俺の話は長いのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


以下早速ネタバレです。まずは光司の決意から


《其の十三 ジンライムと商店街》


房枝が、昔預かっていた子どもたちのお年玉を見つけました。綾子と満が小学生だった頃、お年玉を郵便局に貯金すると預かったのに、引き出しに入れてすっかり忘れていたのだそうです。え~それって毎年見つけては忘れてたってことっすか


中身を確認すると、綾子は5万8千円、満は4万3千円だったそうで、同じ小6までのお年玉にどうして1万5千円もの差が出るのかと疑問を呈したのは春海です。春海は一人っ子なので、こうした理不尽を経験したことがないのですね


綾子は、もう満は出て行ったのだから、このお金で美味しいモノでも食べに行こうと言い出しました。お金持ちの家にいるなら、こんなのははした金じゃない?


満は、家族の誰の電話にも出ないそうなので、光司が連絡することになりました。すると満は、面倒だけど取りに行く、と答えます


翌日満が帰宅すると、家に、いつも審判をしている草野球チームの不動産屋が来ていました。房枝が家の査定を頼んでいたのだそうです


房枝は、もう満も出て行ったことだし、店をやるのも年齢的にキツクなってきたので、ポラリスを畳んで家を売り、綾子たちのリフォームが済んだらそこに同居しようと考えたらしい


満はまた必死になって反論しました。姉ちゃん、ルンバって知ってる?満、うるさい!( `ー´)ノ


お掃除ロボットのルンバは、充電できる基地=「実家」があるから、あれほどまでに頑張れるんだと力説する満です


あんだけのエネルギーがあるなら何でもできるんじゃないかと思いますよね~。これがドラマでホントに良かった。実際に目の前にいたら毎回血管ブチ切れそうです満を叩きのめしたい( `ー´)ノ


実家は人間が充電するために必要不可欠な場所なの!


光司は、充電するなら他にも良い場所があるじゃないかと割り込みますが、満は決して譲りません。この男は他人の言うことを素直に聞く耳を持たんのだすわ


心の電池ボックスを唯一フル充電できるスポットが実家であり、そこで食べるおふくろの味なんです!


まあそれは分からなくもないですけど、その「おふくろ」だっていつまでも元気でいるわけじゃないんですけどね~。お父さん亡くしても全然学習していませんね


しかも満はポラリスを畳むことにも猛反対です。常連さんたちに申し訳ないと思わないのっ??


だったらあんたが継ぎなさい!!お前が言うな!( `ー´)ノ


とはだれも言わず、なんと光司が名乗りを上げます。なんと光司は3日前に会社を辞めていたのだそうです!?


満は鬼の首でも取ったかのように気炎を上げました


相談しづらくさせてたのは姉ちゃんに原因あるんだから。楽器を処分しろって言われてもできなかったから、大事なベースをクラッチに預けてんだよ!


たとえ光司が何を言っても聞く耳を持たないとズバリ指摘された綾子はさすがに落ち込んで、家を出ていきました。春海を迎えに行った後は、ひとり商店街をさまよった挙句、クラッチに行ったようですね。何せ春海からまで、会社を辞めたいと綾子に相談したら、辞めたくても辞められなくなる、我慢して働いていたようだから辞められて良かった、と言われてしまったのですからね


以前もちょっとだけ話題に上りましたが、昔は綾子もよくクラッチに出かけていたようで、駒野はその頃のお気に入りだった「ジンライム」を出してくれました


綾子にも時々はこんな時間があってもいいですよね。彼女は彼女なりに、光司と春海の仲を気遣って苛立つこともあるのでしょうし。光司がズタボロだった頃は、ライブの度に行きつけの飲み屋にポスターとチラシを持って行ってくれたのだそう


綾子を捜しに行った光司は、ベースを背中にしょいながら歩いていた綾子を見つけました


もう一度音楽やりたいの?と聞かれた光司はようやく再結成に誘われたと打ち明けます。でもキッパリ断ったから


綾子が、次の仕事はゆっくり探してくれればいいと語ると光司は、ポラリス継ぐのはダメなのかな、と尋ねました。結構本気光司は絶望的に不器用でした( ;∀;)


でも光司が得意なのは「料理以外なんですけどね~


《其の十四 カレーライスと実家》


さて、その「料理」が得意な満は、毎日明日香のためにせっせと家事をこなしていました。久しぶりに顔を出したクラッチでは、これまでの「野生のライオン」は止めて「王族にペットとして飼われているライオン」になるとのたまいます


そういうのを世間じゃ「ヒモ」っていうんですけどね~


案の定、ああ見えて常識も心得ていた明日香は、満の「決心」を聞いて呆れ果てました6年意地を張りとおした結果がそれ?


これからこの家の家事全般をやって行きたいってこと?それがコーヒー屋さんの次にやりたいことなの??


明日香は、不器用だけど真剣に自分の人生を生きようとしていた満が好きになったのであって、目の前に降ってきた安易な生活に飛びつくような満には大いに幻滅したようです。社会の荒波にもまれて孤軍奮闘している独身女性に、満の詭弁は通用しません


力になりたいと思って好きになったけど、もう一緒にいないほうがいいと思う私といると楽な道を選んじゃうから( `ー´)ノ


大体満自身が言ってたじゃありませんか王様のペットになるんだって。そんなことだから、いくらサポートだの裏方だのと言葉を飾ったところで明日香に本心を見透かされたんですよ


さすがの満もこれ以上居座るわけにはいかず、ワンクッション置いたもののやっぱり他には行くところがなくて、ボルトを連れて「実家」に逃げ帰ってきました。家族には「ボルトの体調不良」を理由にしたようです


そこへ春海ももれなく失恋して帰ってきます。どうやら陸に告白したのに断られてしまったようです。


それは陸が正解だったと思いますね~。いくら凛菜と別れたからと言ってすぐに春海と付き合うようではいかにも不誠実ですよ。春海だって今は勢いで告白しちゃったけれど、後で気まずい思いをしたんじゃないでしょうかね。


一方の満は、明日香に振られたことが相当ショックだったらしく、春海の横でこっそり涙を流していました。明日香のことが本気で好きだったなら、その明日香に認めてもらえるように今度こそ奮起しなくちゃね満は本物のダメ男かもしれんね~(;´Д`)


でも、いくらやる気があってもやはりいくばくかの「才能」は必要らしく、コーヒーを淹れるどころか運ぶことも満足にできなかった光司は、2日でポラリスを継ぐのを断念してしまいました。いつもは対立している牧野と檀野の意見も、光司には無理だと一致したほどですからね。


だ~か~ら~、継ぐのは満がいいんだってば。どーしてその「意地」捨てられないかしらね~


その満は房枝の作ってくれたカレーを食べてフル充電し、来週は光司と「ニートブラザーズ」を結成するようです?


もう房枝が気の毒でならんわ~。満の根性は腐りきっていてもう再起不能なのかしらん?腐りきってる?


でもドラマとしては楽しいです。「俺の話は長い」は続きもとぉ~っても楽しみです


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません