いだてん あらすじと感想 第44話 ぼくたちの失敗

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の44話は「ぼくたちの失敗」です。あ~まーちゃんの悔しさが画面を通して切々と伝わってきて、こちらも悔し涙が出そうでした


以下ネタバレのあらすじですいだてんのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


田畑は川島の挑発にも動じず、アジア大会に参加しました。川島の顔を立てるためではなく、アジア民族の祭典を心待ちにしているインドネシア人のために出たのです


政治家の考えていることは分からんが、選手や観客の気持ちだけは分かると力説し、東京オリンピックもアジア大会も、取り上げられたら辛いのはどちらも同じだ、と訴えました


今日ここで引き揚げてアジア大会をぶち壊し、その代償として東京オリンピックやって盛り上がるかね?2年後、心の底から楽しめるかね?大会を愛する気持ちは万国共通だ!


選手たちは皆悲しそうな顔をしていました。だったら出たほうがいいっ!!絶対!!


その結果、日本選手たちは合計で155個ものメダルを獲得する大活躍を見せたそうです。最初は帰国する!と頑張っていた津島でさえ、いざ競技が始まると夢中になって応援していたのだとか~それがスポーツの魅力ですよね


それなのに日本の愚かなマスコミは、選手の活躍ではなく、参加を決めた「戦犯」を糾弾することに躍起になっていました。ひとりの腹黒い政治家に踊らされて、ただただオリンピックに情熱を注いできた田畑を血祭りにあげようとしていたのです


さすがに、いつもは冷静な田畑夫人も心配そうでした。あの人は大丈夫なのでしょうか?


困った田畑が河野に相談したところ、河野は、アジア大会が親善試合だったということにすればすべて片が付くと助言しました。田畑は早速インドを巻き込んでインドネシア側と交渉しますが、これがインドネシアの怒りを買い、インド大使館がデモ隊に襲われる結果となってしまいます


帰国後も、田畑の発言は、悪意を持って、報道されました。同じ言葉でも、好意的に受け取るのとでは天と地ほどの違いがあります。田畑のいつもの豪快な物言いは「不遜な態度」として国民の間に定着してしまいました。それもすべては川島の「寝技」によるものなのです


田畑のことが大好きで皆に誤解してほしくないばっかりに、田畑の言動を注意する岩田がまた嬉しかったですね~


なんだよ、戦犯って!!戦争じゃねえ、スポーツやってんだよ、こっちはよ!!でなきゃよかった大会なんてあるはずがない!


アジア大会に参加した理由を説明しろとの国際陸上連盟からの質問には、あれは親善試合だった、と言えばいい、と言ったものの、田畑はそれをマスコミの前でついポロリと口にしたため、これまたひどいバッシングを受けました


テレビで汗をかきながら謝る田畑の姿に、国民の多くは不信感を抱いたことでしょう。本当は、確かに調子のいいところもあるけれど、根は誠実な男なのですけど


その結果、田畑はなんと国会にも召喚されたそうです。田畑はその間中、ずっと自分に問い続けていました


俺はいったいどこで間違えたんだ?これは俺のオリンピックなのにっ!?


田畑はそこでようやく気付きます。最初に高橋是清に会った時、政治家がオリンピックに「金と口」を出せばいいと言い出したのは、ほかならぬ田畑自身だったのです


それが今や川島が堂々とのたまっています。政治がオリンピックに金を出し、時には口も出してシッカリ管理します!


田畑はついに事務総長解任に追い込まれました。というのも津島が田畑を道連れにしたようです。私が辞めて事が収まるなら辞任するが、田畑も辞めさせなければ気が済まん!


これまで苦楽を共にした東も松澤も庇ってはくれませんでした。田畑は「辞めたくない!辞めたくないんだ!!」を何度も繰り返し、その座から引きずり降ろされますこれは俺のオリンピックなんだ!


いいかい。僕はやりたいんだ。やっとレールを敷いたところなんだ。だけどレールを走れない。甚だ残念で仕方ない。私は戦前のオリンピック、東京招致にも関わって来た。俺はやりたいんだ!!辞めたくないのに辞めなきゃならん!(;´Д`)

これまで何十年も水泳やオリンピック一筋に生きてきた田畑は、もはやこうなったら妻や家族を大事にしようと自棄になったところに、自宅に「仲間」が、「田畑のオリンピック」を持って押しかけてきました。岩田に松澤、森西(運転手)に大島鎌吉(平原テツ~相良卓也@ボイス)です。


こんなもの置いて行ってもらっちゃ困るよ。まだ完成してないじゃないですか


どうやら田畑は自宅で彼らと、密かに、オリンピックの準備を進めるようです。いわゆる「地下で暗躍するフィクサーでやんすね。


何せ田畑は別に人の上に立ちたい=目立ちたいわけじゃないんですよね。とにかくオリンピックが大好きで、その情熱で突っ走って、気づいたらいつも先頭にいただけなんです。だから誰にもその炎を消すことなどできやしないし、させやしません!まーちゃん、負けるな!(^^)/


劇中、東京五輪音頭で「三波春夫」さんが登場して、それが浜野謙太さんだったのには大笑いでした。そうそう、まんぷくに出ていた「小っこい歯医者さん」ですよ


また、田畑が妻に感謝するのに合わせて、ようやく高座に復帰した志ん生が、糟糠の妻に感謝していたシーンもなかなかでしたね。それにしても五りんはどうして消えてしまったのでしょうか。志ん生と同じように羽織を質入れしないと気が済まなかったん?


さ~て田畑が今後どのようにオリンピックに関わっていったのか、たとえそこはフィクションでも、いやこれはそもそもドラマ(フィクション)なのですから、クドカンにはせいぜい田畑を暴れさせてほしいでやんすねいだてんもまーちゃんもガンバレ(^^)/


←43話のレビュー  45話のレビュー→



いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、本当に悔しかったですね~v-406
おっしゃる通り、政治家は本当に信用できんですわ( `ー´)ノ。

顔と顔~のオリンピック音頭は楽しかったですね~。
あそこにちびっこ歯医者を持ってくるのがまたうまいですよね。

建築家や芸術家もそうでしたが、
贅沢なキャスティングですよね~。
皆いだてんを応援してくれてますね(^^)/。

以前もどこかで語ったかもしれませんが、
某クイズ番組に出ていた名取裕子さんが、
「こんな問題、いだてん見てたら分かるわ(見てないの?)」
と答えていたのを思い出しました。

来週の「暗躍」が楽しみですね~( *´艸`)。こん