海上牧雲記 ネタバレと感想 第37話 盼兮誅殺

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の37話は「盼兮誅殺」です。


あ~やっぱりこの皇帝はろくでもない男だわ~。自分が皇帝になってちいとも幸せじゃなかったくせに、どうして息子にも不幸な道を強いるのかが、おばさんには皆目理解できませんわ。いっそ廃嫡して遠くに追放し方がどれほど幸せだったことか


以下早速ネタバレです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


重臣たちの圧力に負けた勤は、盼兮誅殺の勅令を下しました。その一方で自分は未平斉に笙を訪れ、自分が名君たろうとしたのはひとえに銀容と笙のためだったとのたまいます


笙はさすがに黙っていられず、母を長年幽閉し、笙を捨て置いたのに?と反論しました


勤の言うことはすべて詭弁にしか聞こえませんよね。銀容を愛していると言い、彼女に愛される英雄になりたかったという一方で、愛よりも尊敬、そして銀容の尊敬よりも民からのそれを望んでいたのは明白です。銀容は、誰からも称えられる名君ではなく、唯、銀容と笙だけを愛してほしいと望んでいたものを


自分には両立が無理だと分かっているのに、どちらをも諦められず、どちらにもイイ顔をしようとする偽善者め!と怒鳴りつけたくなります


その頃苓鶴清は観星閣に監禁していた盼兮を殺そうとしていました。苓鶴清は盼兮の人格を認めてできれば殺したくなかったようでしたが、その一方で「あの人」から、盼兮の背後にいる老師とその陰謀に付いて教えられては見過ごせなかったそうです


盼兮はただの魅ではなく使い魔だ。笙に近づいたのは、決して愛情からではなく、笙を武器に変えて世を戦乱に陥れ、荒神が創った命をことごとく滅ぼすため!


苓鶴清は大人しく死ななければ、笙に盼兮の真の目的を明かすと脅し、魅族を殺す力(降魅~ごうみ)を持った寒氷刺(かんぴょうし)で盼兮を殺そうとしますが、盼兮はもう一度だけ笙に会わせてほしいと懇願しました


苓鶴清は盼兮の望みを叶えます。折よく笙は、盼兮を勤に紹介しようと霊珠を覗いて盼兮を呼んでいました。


盼兮は、愛しい笙が付けてくれた名前を聞きながら、笙に最後の別れをしました盼兮も可哀想だったね~(;´Д`)


盼兮の体は光る粒子となって飛び散っていきます


が、ここでく墨禹辰が現れて、盼兮を殺されては計画が台無しになるとばかりに法杖にその粒子を吸い込ませました。あれで粒子を繁殖(増殖)させて盼兮を蘇らせるつもりでしょうか


盼兮の異変を悟った笙は、勤を怒鳴りつけて出ていきました。笙が観星閣へ到着すると、苓鶴清から、盼兮は死んだと聞かされます。これが天意です


生まれて初めて心の底から怒りを感じた笙が、それなら神などいらぬとわめくと、ずっと止まっていた星軌が動き出しました


驚く苓鶴清をしり目に笙は、星軌を使って盼兮のことを占おうとします。星軌で自分のことを占うのはどんな場合であれ禁忌だそうで、笙がタブーを犯した結果、もう星軌では端朝の運命を読み解けなくなったのだそう。


苓鶴清がしきりに嘆いていると、星軌自体が燃え始めました


笙は、これからはもう運命など信じずにやりたいようにやる!と豪語します。天罰を下すというならやってみろ!「神」など命ある限りあざ笑ってやる!


その頃寒江は、兄の寒山と碁を打ちながら穏やかに過ごしていました。寒山は寒江に、どうか母のところへ行って「母上」と読んでやってほしいと頼みます。


へそ曲がりの寒江は、口では「余計なお世話だ」と言いつつも、嫣の近くへ行って周りをうろつきながらタイミングを計っていました


そこへ、笙が観星閣を炎上させたから槊が宮中に上がったとの知らせが入ります。それを聞いた寒江は、たとえ嫣が止めようと耳を貸しませんでした


既に鎖でつながれていた笙は、駆け寄ってきた寒江に、盼兮が殺された奴らが殺した!、と伝えました。寒江は、幼き頃のように笙を心配します。その傷は?誰が殺した??


笙は仇を討つという寒江を止め、仇は自分で打つと息巻きました。観星閣は燃やした。奴らはもう罪を天のせいにはできぬ。過ちを思い知らせてやる!私が仇を討つ!


蘇語凝と寒江だけは傷つけたくないから一緒に逃げろ、牧雲の命令だ!という笙に、寒江は、蘇語凝を逃がして必ず戻ってくると誓いました必ずお前を逃がしてやる!


子どもの頃のように、必ず檻から逃がしてやる!広い世界で好きなように生きろという寒江に、笙は、必要ないと答えます。


今後私が生きる道にあるのは戦いのみ!


それでも寒江は、笙を取り囲んでいる兵士たちに、これ以上笙を傷つけたら命で償わせる!と命じました。今や穆如寒江ですから、誰も逆らえません


寒江は蘇語凝のもとへ行き、帝都を出る、と促しました。牧雲の命令だ!


これまたエンドロールで、寒江が何者かに襲われて血を流すシーンが目に浮かびます。そんな寒江を蘇語凝が抱いている姿も。あ~罪な「予告」でござるね。笙と寒江、そして和葉を生かしてほしいと思うのは無理な願いなのでしょうか


でもドラマとして大いに盛り上がってまいりました。「海上牧雲記」は来週の放送もめちゃ楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎 DVD-BOX1~4


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません