俺の話は長い ネタバレと感想 第8話 魔性の女とニートブラザーズ

生田斗真さん主演のホームコメディ、【俺の話は長い】の8話はまためっちゃ面白かったですね~。特にニートブラザーズは最高でした。以下ネタバレのあらすじです俺の話は長いのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


《其の十五 ゆで卵と福引き》


光司は朝から背広を着て就職活動をしていました。若い方が求人数が圧倒的に多いから一緒に行こうと満を誘いますが、満は逆に迷惑そうです。綾子に比べられることは目に見えているからです


その日は光司の父の月命日だったようで、当然満は房枝が墓参りに行くものとスタンバっていたらしいのに、房枝はもうとっくに行ってきた、と断りました。檀野が車を出してくれたのだそうです


これからもずっとそうするつもりなのかと聞く光司に房枝は、それは分からないけれど、今後は極力満を頼らないようにする、と答えました。


それから房枝は店に出て、檀野に頼まれた裏メニュー=ハヤシカレーを作ります。檀野は光司の就職の相談にも乗ってくれるそうです。


綾子と光司は早速、檀野に呼ばれた店=「鉄板焼きに出かけました。そこで紹介された仕事はなんと「議員秘書」!檀野はその議員の後援会長だそうで、これまで秘書に推薦した人間は皆、雇ってもらえたそうです。


光司に議員秘書が務まるのかといぶかしむ満に対し、光司は満更でもなさそうでした。後援会の余興で楽器を弾けば喜ばれるし、外出先で議員の用事が済むのを待っているのもまったく苦にならないそうです。むしろぼーっとしているのは得意らしい


そこで話は房枝と檀野の仲に移りました。檀野は鉄板焼きの店でも、延々と房枝をべた褒めしていたのだそうです。


満は、生活力のない牧本よりも、金持ちの檀野の方がマシだと言い張りました


が、翌日、その牧本に泣きつかれてしまいます。牧本は、房枝と結婚しようなどと言う下心はもう捨てたが、ポラリスの常連でいられなくなることが辛い、と訴えます。房枝が結婚したらポラリスを辞めること前提の話でやんすね。


美味しいコーヒーじゃなくていつものコーヒーが飲みたいんだお前も店をやっていたから分かるだろう?


そう訴えた牧本のおでんの卵には黄身が2つ入っていたそうです。今月2回目だというそれは縁起物で、これを食べると幸せになれるのだそう


その牧本の言葉はまずまず的中しました。牧本は吹き矢大会で優勝した上、福引で「1万円のエステ券」を当てたのです


当然牧本はこのエステ券を房枝にプレゼントしました。房枝もまた、檀野にはまったくその気がなく、墓参りに連れて行ってもらったのも亡夫を忘れていないとアピールしたかっただけなのに対し、牧本は「大切なお客さん」だと語ります


私が店を閉めるまで、カウンターに座っててくれないと困る人それはかなり大事な人だわ


満は、母・房枝が、実は魔性の女だということに初めて気づきました


また春海は、陸に自分からは声を掛けないと決めていたのに、それじゃあずっと話す機会はないと満に言われたのが応えたらしく、自分からポラリスの裏メニューを教えに行きますハヤシカレーだよ


また檀野に招待された綾子と光司が鉄板焼きで、飛騨牛A5ランクの一番高いコースを食べ、タラバガニやアワビを食べたらしいと聞くと途端に怒り出しました。どうして娘も一緒に、って言ってくれなかったの?


食べ物にこだわる春海が、またいかにも子どもらしくて可愛かったですね


《其の十六 ミカンとコタツ》


絶対大丈夫だと言われていた面接に落ちた光司はすっかりやつれ、毎日、肩身が狭そうにしていました光司が可哀想で見てられなかったのに(;´Д`)。朝ごはんには「腹持ちの良い煎餅」を食べ、そそくさと部屋に引きこもってしまいます


綾子はそんな光司が心配で、満をクラッチに連れ出して相談しました。今の光司の様子が、春海の父=片岡が出て行った時の様子と似ているのだそうです。ちなみにその片岡は今鹿児島にいるらしい。


姉ちゃんもホント、ダメな男つかまえるの、うまいよね


満は、春海もその「才能」を受け継いでいる、と語りだします。陸はイイ奴だけど女をダメにする男なのだそうです


普段頼み事などしない綾子から熱心に頼まれた満は断り切れず、翌日から光司を見張ることにしました。それで意外なことが判明します


なんと光司は、大好きなマチュピチュのパズルにはまっていて、食事をする時間ももったいなくて、お煎餅を食べていたのだそうです。自分で育てたハーブを入れたモヒートを飲むのが夢だったと嬉しそうに語り、満に味見をさせました


満からそう報告を受けた綾子は、リフォームが終わるまでのんびりしていてほしいと安心したようです。


その後満は光司に手伝ってもらってコタツを出し、ふたりで中に入ってまったりしながら、どうでもいい話を展開しました。世界中にコタツがあれば戦争が無くなる、だの、満の側にいるのは温かくてまるでコタツのように心地いいが、やる気と働く気力も急速に奪われる、とか。


その上光司は、グレーのスウェットはニートの公式ユニフォームだなどと言い出しました。どうでもいいことに蘊蓄を垂れるところがまただんだん満に似てきましたね


ふたりはコタツでみかんを食べ始めます。光司はみかんは好きでも皮は嫌いだそうなのに、綾子はそれが汚いと言うため、一緒に食べると残せなくてストレスが溜まってしまうのだとか。


それで光司は昔「自由にミカン食わせろ!」という歌まで作ったことがあるらしい


満は是非聞きたいと頼み、光司はそそくさとベースを取りに行きました


ミカンの皮を残していいだろ。歯に挟まるから皮は嫌いだ。
ミカンの皮を残していいだろ。残した分だけ優しくするから。

ミカンが好きさ、死ぬほど好きさ。皮は嫌いさ、繊維の化け物。
ミカンが好きさ、死ぬほど好きさ。好きに食わせろ、フォーエバー。


ズタボロを解散してバイトを始める前に5番まで作ったそうです。


満は、また新曲を作ってくれ、と頼みました。タイトルは「ニートブラザーズ」です


胸にため込んでる思いを歌ってやりましょうよ兄さん!(^^)/


鏡に映るグレーのスウェット。疲れた笑顔の君はダレだ?
鏡じゃないよ、兄さんボクだよ。同じグレーの揃いのスウェット。
ニート!ニート!夜明けはまだか?

フォーティーズニート&サーティーズニート
ニート!ニート!晩飯はまだか?
面接落ちても食欲落ちない。


ここに春海が帰ってきます。先に来て二人の様子を見た房枝が、春海に見に行くよう勧めたのです。変な歌歌ってるから


春海の姿に光司はすぐに歌を止めてごめんと謝りましたが、春海は続けてよ、と促します


光司さんあれ覚えてる?お母さんの財布からお金借りる歌


光司が忘れていると、春海が歌い出しました


綾子の財布は魅力的、いつも小銭でふくれてる。
百円取っても気付かない、春海も十円くすねたよ。

五百円には敏感で、バレて土下座で皿洗い。
出世、出世払い。出世、出世払い。
借りてるだけだよ、明日にゃ返すさ~。

出世、出世払い。出世、出世払い。
返せなかったらバイクで逃げるぜ~。

出世、出世払い。出世、出世払い。
ちょっとだけ待ってろ、奇跡を起こすぜ~。


房枝はこの様子を動画に収め、それを見た綾子は泣き出しました。光司と春海が仲良く歌っている姿をまた見られるとは思いもよらなかったのだそう


しかも春海は、実父の片岡に買ってもらったラジカセを売って、光司に新しいものを買ってもらうことにしました。一番安いのでいいという春海に綾子は、遠慮しないで高いものを買ってもらえ、と指図します。光司はわずかばかりの退職金で、娘の期待に応えられたことがとっても嬉しかったようですねお父さんと呼ぶ日も近そうですね♪


ちなみに、満が以前質入れしたコーヒー道具は最近すべて売れたそうです


楽しんで見てきた「俺の話は長い」ももう終盤ですね~。今では別れるのが寂しいほどですが、その分大切に見ていきたいですね俺の話は長いが楽しみ~(^^)/


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません