G線上のあなたと私 ネタバレと感想 第8話 3コン大成功

波瑠さん主演の【G線上のあなたと私】の第8話を視聴しました。これは期待通りの結末で大満足です。でもあと2話もあるってことは、「その後まで見せてくれるということでしょうか


以下早速ネタバレですG線上のあなたと私のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


眞於は、やはり、理人が以前のように眞於を好きなのではないと分かっていました。それはそれでちょっぴり寂しかったかもしれませんが(女心ですね)、今は安心して甘えることができたようです。すぐに立ち直るから、ちょっとだけ泣かせてほしいと


理人も、話ならいつでも聞く、大切な人には変わりないと答えてしばらく側にいたようですが、眞於がもう大丈夫だと促すと、すぐに也映子と幸恵のもとに戻ってきました


その頃也映子は、幸恵が慰めようとして酒を飲ませたため、大トラになってバンバン歌いまくっています


理人から話を聞いた也映子は、眞於を心配しながらも、後は自分で立ち直るしかないのだと結論付けました。そして、せっかく3人が揃ったのだから、一緒に飲もう!と声をあげますやっとそろったんだから!


神様ありがとう。私達をここに辿り着かせてくれて


それから1週間が経過しました。二人の様子にずっとヤキモキしていた幸恵は理人に、もう見ていられない、1週間なにをしていたのだ、と詰め寄ります


理人は3コンが終わってからでもいいか、と答えました。下手に告白などして3コンまでダメになるのは嫌だと語ります。


それに理人は、義姉の芙美から、家族全員の占いをしてもらったら、理人に失恋の相が出ていると言われていたのです。もし告白するなら11月24日以降にしろと言われたそうです。その11月24日こそ3コンの日であり、理人の誕生日だったらしい


こうして3人は3コンに向けて猛練習を開始しました。演奏する曲目は「星に願いを」「Someone to Watch Over Me」「Largo(ラルゴ)」そして「G線上のアリア」です


コンサート当日は、3人の家族や友人たちが集まってくれました。まずは年長者の幸恵の挨拶から始まります


去年の5月に駅前のバイオリン教室で偶然出会い、う余曲折ありつつ、今日まで仲よく約1年半練習してきた3人のコンサートです


実際の演奏は「耳栓レベル」は脱し、幸恵の言葉を借りるなら、「弾けない人よりはほんのちょっとだけ弾けるレベル」になったようですね。何より良かったのは、この3人の「バイオリン好きの大人」の実に晴れやかな表情です理人も也映子もうっとりしていました( *´艸`)。時に目をつぶってうっとりする表情も見られるほど余裕がありましたね


ラルゴまで弾き終わり、最後のG線を残して、再度幸恵が挨拶に立ちました。幸恵は姑と娘に礼を言い(夫とは目を合わせたけど照れくさくて何も言えなかったらしい)、バイオリンのおかげで、若くて楽しい仲間ができたと心から嬉しそうに語りました


続いて也映子は、ここに来れなかった眞於のことを語ります


大人のバイオリン教室は、何か重大なことがあったら真っ先に生活から消えるものだけれど、1年半前、真っ暗な海に放り出されたみたいだった私達に唯一投げられた浮き輪だったのがこのバイオリンだった。私達をギリギリのところで救ってくれた。それは今後の人生でも同じ。眞於先生はそんな「音楽」を与えてくれた


也映子の言葉とそれに続いて演奏されたG線上のアリアは、理人がこっそり録音し、後に眞於に届けたそうです
それを聞いた眞於は、あの3人のバイオリンに救われたと笑顔で語りました眞於も元気になってほしい。まさかこんなことになるとは思わなかった情けは人の為ならず


こうして3コンは大成功のうちに終了しました。幸恵は、21歳になった理人はいつ告白するつもりなのかと、ニヤニヤ笑いが止まりません


G線も弾けたし、3コンも成功したし、こんな素敵なお店で酔っ払えるし。もう思い残すことないわ


理人はついに也映子に、酒の席では無責任になるから明日会いたいと切り出しました


俺らもうバイオリンでつながろうとしてる場合じゃないですよね?


とはいえ、29(28?)と21ではまだまだ現実的に無理があるからと、32と24ぐらいまで引っ張ってハッピーエンドにするんですかね。いつまで経っても年の差は変わりませんが、経済的に自立さえできれば年の差なんて屁の河童ですよね


G線上のあなたと私」は続きもとっても楽しみですね



G線上のあなたと私 1-4巻 新刊セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません