カインとアベル 第3話 指輪のおかげで命拾い?

カインとアベルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: カインとアベル~あらすじ&レビュー一覧


韓国ドラマカインとアベルも3話にしてなかなか盛り上がって来ましたね!


父親のイ・ジョンミン院長の脊索腫は全摘がもっとも効果的だと主張するソヌに勧められて、その手術を見学しに中国までやってきたチョインでしたが、一見成功したかに見えた手術が、実は失敗術後にくも膜下出血を起こしてしまったことが分かります


ソヌは、共同で論文を書いたとは言え、その9割以上の手技は自分が行ったものだと主張しますが、さすがに失敗例を目前にしては、チョインとしては反対せざるを得ないと言うものでしょうカインとアベルあらすじ


が、ソヌはソヌで、父親の遺言~病院はチョインに譲る~を知ってしまったため、そのショックが抑えられない様子です父さんを尊敬していたのに!。恋人を捨ててまでアメリカへ留学しろと勧めたのはなぜですか?!心臓外科医から脳神経外科への転身を、なぜ勧めたのですか??


意識のない父親を前に慟哭するソヌが気の毒でなりませんでしたやっぱこっちの方が好きやねん(^^ゞ


手術が成功して院長の意識が戻ったら、自分たちの夢=脳医療センター設立はついえてしまい、居場所さえ失ってしまうかもしれない分かってるの?!


動揺する母の副院長に向かって、ソヌはでもきっぱりこう言い返します


すぐに院長の手術をする!


ソヌにはいったいどんな思惑があったのでしょうね?個人的な感情はどうあれ、医師としてのモラルは守った~と信じたいところなんですがソヌはホントはイイ人なのよ


17時間にも及ぶ大手術の結果、脊索腫は無事取り除かれました。が、術後、院長の意識は戻らぬままこれはわざと?それとも??・・・様々な機能が麻痺している~とは、チョ・ヒョンテクの言ですが、皆が去った後、院長はパッチリと目を開きました院長は何を企んでいるの?。こいつ(チョ)は単なるヤブ~それで神経外科長??それとも何か他に思惑があるの??


一方、こちらはおっとり育ったらしいチョインは、思わぬところで人助けをしています。ガイドをしていたヨンジが、虫垂炎を起こしていたのです。


正規の病院へはいけないからというヨンジの頼みと、病状が一刻を争っていたことから、最低限の設備で手術を行うチョイン。その手際のよさと思いやりに、ヨンジの誤解はすっかり解けてしまいました


「チョイン先生は本当のお医者様です。詐欺師ではなさそうです!」


ヨンジは、自分の雇い主がマフィアだとは知らなかったのでしょうかね?ここでチョインを庇ったばっかりに、ヨンジはその素性=脱北者を公安に密告され、せっかく用意した家族のパスポートも没収されてしまいました生きた心地がしないでしょうね


まだ痛むだろうに、おなかの傷を抑えながら奔走するヨンジの努力空しく、チョインはマフィアに捕まってしまいます。二度と帰ってこれないように始末しろ!


砂漠に穴を掘って、そのまま撃たれて埋められる所だったのを、相手を突き飛ばし、必死で逃げるチョイン


思わずうっとり見とれるほど足は速かったんだけど、やはり銃には叶いません。とうとうチョインは弾に当たってしまいます


でも「止めを刺せ」と命じられたひとりが、チョインのしていた指輪を奪って、その「指輪代と称して、急所を外してくれたらしいんですよね


おかげで命だけは助かったようですが、どうやら今度は記憶を失ったみたいです? まさしく一難さってまた一難


ソヌも助かってほしいですけど、可愛くて健気なヨンジヨンジ可愛い~が、家族と一緒に、早く韓国に逃げてこられるとイイのですけれどハン・ジミンが可愛い♪


こんなスリル満点のカインとアベルは来週もまた楽しみでございまするカインとアベルが面白い


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません