私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva) S2 #6 夢と憧れ

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガルDrop Dead Diva)~シーズン2の第6話は「夢と憧れ」です。英語のタイトルは、ドラマ中の歌手が歌った曲名=「Begin Again」です。もう一度始めよう~のタイトル通りになれればよかったのにね~。


今回は、事件そのものよりも、グレイソンの惚れっぽさ?が気になってしまったおばさんです。グレイソン的にはデビーが死んで、キムとの交際も終わってしまったのですから、新しい出会いがあっても良いのかもしれないけれど、こう次々と来てはなんだかね~ちと軽すぎやしませんかね。しかも「ルックス」に一目ぼれ~な感じでしたし。


相手は、協力して弁護にあたるパートナーだったので、彼女の仕事ぶりを見てそれで好感を持ったというのなら話は別なのですが、それほど魅力のある女性には思えなかったのですよね~おばさん的には。


むしろ、今回初めてグレイソン自らが指名してサブとなったジェーンの方が、見事な活躍ぶりを披露していましたよ~。


でも逆に、こうも毎回美貌に惹かれるグレイソンに対し、ジェーンは同性から見てもとぉ~ってもチャーミングだけれど絶世の美女とは言い難いのをみると(これは現代のアメドラですから)、いずれこのグレイソンの嗜好が変わって(=人間は顔じゃない)ジェーンと元さや展開になるのかしら~などと勘繰りたくなるほどでした。


以下、今回の簡単なあらすじです。個人的には、2つの裁判の内容よりも、ステイシーの強引ともいえる見事な理論の展開がツボでした「Hence」とか使っちゃってましたよ~


今回ジェーンとグレイソンが担当したのは、動画で人気な姉妹デュオのコンフェッティ。ふたりは姉の方のティナを弁護することになったのですが、ティナにかけられたのはなんとマネージャー殺害容疑。第一級殺人です。


一方、ティナの妹のジェシカの弁護を担当したのが、ヴァネッサ・ヘミングスという女性弁護士で、この人にグレイソンが一目ぼれしちゃったのですよ。


が、調べを進めるにつれ、ふたりには確固たるアリバイがなかったことが分かってきます。しかも、ティナに至っては「嘘」のアリバイを用意していたことが判明したため、ジェーンのティナに対する疑いは日に日に強まるばかりなのです


そんなジェーンを助けようと手作り相関図を携えてやってきたのがステイシー


殺人のあった夜~土曜の夜はハリウッドに新しくオープンしたナイトクラブ(La Bella)でパーティが開かれた日。目立ちたがりで有名なティナがこれを逃すはずがない


Hence and thereforeto if she wasn't there then she was definitely committing murder!


も~この理屈は、ステイシーとジェーンにしか通用しない理屈でやんすが、これでジェーンはあることに気づくのです。パーティーに行けなかったほどの何か重大な理由が他にあるに違いないって。


それがなんと「シトラスダイエット3日目(Day 3)」だったとは驚きでした。ダイエットの3日目は死ぬほどつらいのだそうですよ。絶対にどこにも出かけたい気分になどなれないし、ティナがその日「家にいた」という証言は本当だと、ここでジェーンが確信を持ったのが笑えましたね~


結局、真犯人は、コンフェッティのスタッフだった歌手志望のマージョリーだったことが判明します。現場に残されていたCDには彼女が歌った「Begin Again」が録音されていたのを(デモCD)、ジェーンが探し出したのです。


コンフェッティをデュオからトリオにすると言ったのを聞いたマージョリーがクリスに自分を売り込んだのに、クリスは「その顔で!」と笑い飛ばしたのだそうですよ。


ここで殺さずに、人権侵害で訴えられればよかったのに。


また、キムはとあるホテルの経営者のケースを担当しました。そこはとても評判の良いホテルだったのに、ミシュランのような「ヒップトリップス」というレビューサイトで「酷評」を受けてしまってから、売り上げが7割以上落ち込んでしまったのだそうです。


ライターは匿名だから教えられないと突っぱねるサイト運営者に対し、キムがとった作戦は、テリーを「調査員」として使うこと。なんとテリーは「探偵」の資格を持っているのだそうです。


最初はちと当てが外れてしまったものの、最後にはちゃ~んとライターを探し出してきたテリーはさすがでしたね~。ジェーンともいいけど、このキムとのコンビもなかなかだわ。


でもこうして蓋を開けて見たら、ライターがそのホテルを酷評した原因が、そこにともに一泊したパーカーにあったというのは驚きでした。彼女が「愛している」というと、パーカーはただ一言こう言ったのだとか:

「Oops!」


これではどんなに素敵なホテルでも途端にけなしたくなるのも当然だ~という訳です。それでもプロかっ!


この調査をきっかけに、パーカーの12人目のGFになるのはお断りだと断言したキムは、そのまま別れるかと思いきや、本気の関係を目指してパーカーを教育する気になったようです。ここはなかなかおもしろくなりそうでござるね。


いろいろ努力をしてもまったくステイシーに振り向いてもらえないフレッドも可哀想だったな~。


ジェーンも言っていたように、ここは新たな楽しみを見つけるべく、どんどんオシャレをしてパ~っと遊びに行くのが良いかもしれませんね。long hot bathは後回しにして


早くも来週で折り返しを迎える私はラブ・リーガルS2Drop Dead Diva)は次回の放送も楽しみでございまするね~ジェーンも流行に敏感にならなくちゃ( `ー´)ノ


 
関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ