私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva) S2 ep13 衝撃の最終回!?

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガルDrop Dead Diva)~シーズン2の第13話(最終回)は「時を止めないで」なのに英語の方は真逆なのがまた面白かったですね~Freeze the Day(≒時を止めて!)。ジェーンとしては後者だったろうな~やっぱり。以下すぐに、衝撃の最終回のネタバレでござる。


なんとですね~前回からまたしてもジェーンといい感じになってきたかに見えたグレイソンが「命短し~とばかりにヴァネッサとのよりを戻し、こちらはやっと自分の正体を打ち明けようと決意したジェーンに、こともあろうに、

「Jane, will you・・・」

と来たもんだから、当然ジェーンは

「(will you)marry me?

と続くと思って顔いっぱいに期待を浮かべていたと言うのに、グレイソンはこう続けたのですよ

「(will you)be my best man?」(花婿の付き添いになってくれ)。


これはいくらなんでもあんまりですよね~。そういうことでディナーに誘うなら、ちゃんと最初に説明しておいてほしいですよね、せめてヴァネッサと仲直りした、ぐらいは。


これにショックを隠せないジェーンはいきなり店を飛び出して車道に出て行くのですが、それを慌てて追いかけてきたグレイソンが、車にはねられてしまうのです。しかも最後に

「Deb?(デビー)」

と言い残してグレイソンはどうなっちまうの?


この様子を遠くからフレッドが渋い顔で見守っていたところを見ると、きっとこれは(ジェーンには可哀想だけど)ジェーンが「掟」を破ろうとしたことへの報いなのかもしれません。


この最後があまりに衝撃的だったので、途中のあらすじはも~どうでもよくなってしまった感じなのですが、でも一応はこれが最終回なので簡単にまとめておきますね。それに、今回ジェーンと二人で担当したこのケースが、グレイソンの背中を押したのかもしれませんから。


今回の依頼はなんと「自分の心臓を止めて凍結することを法的に認めてほしい」という内容でした。依頼人のキャシー・ミラーは科学者なのですけれど、自らが不治の病とされるハンチントン病(Huntington's disease)との宣告を受け、いずれは死を迎えるしか打つ手がないそうなのです。


それならばいっそ、今まだ健康なうちに自分を冷凍保存して、科学が進歩し、この病気を治療できるようになる日が来るのを待ちたい。


なんとも奇想天外ですが、キャシーが科学者なだけにその気持ちが理解できるというジェーンは、こちらは

「自殺ほう助」

になりかねないこの案件に難色を示すグレイソンのお尻をうま~く叩きながら、なんとか判事にこの主張を認めさせてしまいました。もちろんここでも、ジェーンが隠れた天才ステイシーのお知恵を拝借したことも忘れてはなりません。


ジェーン、あなたも一度心臓が止まったけど、今こうして生きているじゃない?


心臓を止めることは「殺すこと」ではなく「生かすこと」だという理論を展開するにあたり、心臓手術の際にもその動きを止めることを持ち出して力説するジェーンです。


でも実は、キャシーが難病にかかっていると言うのはまったくの嘘っぱちだったことが判決後に明らかになります。本当は、キャシーは既に、心臓発作で亡くなった夫を冷凍保存しているそうなのですが、その夫のいない世の中に耐えきれず、自分も一緒に冷凍して、ともに夫を蘇生できる日を待とうとしていたらしいです。


一度下した判決を取り消すには、証拠書類に不備がなければ無理と言われたジェーンは、キャシー自身を説得することにしたようです。このキャシーの研究って、いわゆるiPS細胞みたいな感じでしたよね?


夫を蘇生できるのはあなたしかいない~今ここで一緒に冷凍されるより、あなたが生きて夫を甦らせる道を探すべき=研究に打ち込むべきでは?


キャシーがこれに納得し、自分を殺すのではなく、二人を生かす道を探そうと決意したようなのはなによりでした。


また今回は、ステイシーに猫の缶詰のCMの仕事が入り、ステイシーが夫役の相手と「熱いキス」をするにあたって、フレッドがモーレツな焼きもちを焼くシーンもまた実に楽しかったです。最初は「練習台」になれて喜んでいたのに、実際には他の男がこの役をやるのかと思うと、現場に押しかけてまでダメ出しをしてしまうフレッドなのです。そのフレッドを

「主役

のニャンコがなぐさめていたらしいのも可愛かったですよね。


その上この「little man=フレッド」のダメ出しに賛成した監督が、ピンと来るまで相手役を探すと言い出し、ステイシーは何度も、しかも何人もの男性とキスをしまくる羽目になってしまうのです。


これを見ていられない嫉妬深いフレッドに、テリーがいかにももっともらしくダメ出ししたのもおかしかったですね。ダメダメ~女の子は嫉妬する男が嫌いなのよ。「禅」でクールに行きなさい


でもステイシーは別だったようですよ~。最初はフレッドが嫉妬しているのではと心配していたのにそうでもないものだから、とことんジェラシーを感じさせるような話をして、フレッドがブチ切れたのを心から喜んでいたようです。嫉妬してくれて嬉しいわっ!!


I've been jealous ever since you got the commercial. But I wanted to be supportive, I did not want to be Jealous Fred.


That is so sweet!


そんなフレッドとステイシーの熱いキスにムカついていたテリーの顔がまたサイコーに可笑しかった。いっそあの監督が、フレッドを雇ってくれればいいですのにね。


そして気になっていたキムは、あまりにもやり方が汚いパーカーの元カノ・クレアに愛想をつかし、そんな女を選ぶなら、と自分からパーカーに辞表を叩きつけたようです。パーカーは、今頃慌ててクレアを辞めさせても後の祭りでございましょうか?


とまあこんな感じでございましょうか私はラブ・リーガルも楽しかった( *´艸`)


シーズン3もおそらく同じDlifeでいつか放送されると思いますので、その時を楽しみに待ちたいと思います。毎回お付き合いくださいました皆様方、どうもありがとうございました。また楽しくお話しできる日を楽しみにしておりまする


 
関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 2件

コメントはまだありません
ロン  
次回が待ち遠しいです

こんにちは。
衝撃のエンディングでしたね。ビックリしました!
グレイソンのキャラ薄い何て言ったら(>_<)いきなりびっくりさせらて。
でも今回はノリに乗ってるジェーンよりは男前なキムに惚れました。嫌みな女だと思いきやいいですね。
あの女さえこなければ幸せだったのに。これで最終回なんですね。残念です。こんさん解説ありがとうございました。

2013/07/03 (Wed) 20:37 | 編集 | 返信 |   
ロンさんへ  
ですよね~っ!(゜o゜)

ロンさん、そ~ですよね~っ!!
さすがのアタイもビックリさせられました~(>_<)!

まさかあそこでグレイソンまで誰かとスイッチする~
なんてことはないのでしょうね?

むふふ~ロンさんの好み、なんとな~く分かりましたよ~。
ちょい悪女子ですね?( *´艸`)

私も、
このカズウェルは結構好きだったな~表情も大人で柔らかかったし。

でもやはり~
一番のお気に入りはステイシーでした。あのずれ方がたまりません~(≧▽≦)。
フレッドと込みで、ここのラブコメが一番好きでしたね~♪

来シーズンの放送が今から待ち遠しいですね~。

こちらこそ、最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!こん

2013/07/04 (Thu) 06:52 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ