屋根部屋のプリンス あらすじと感想 第9話 誤解 消えたハンカチ

屋根部屋のプリンスのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 屋根部屋のプリンス あらすじと感想一覧


屋根部屋のプリンスの9話は「誤解 消えたハンカチ」です。これまた実に憎たらしかったですね~あの性悪女がっ!セナが許せん~っ!


中には、このいかにも韓ドラによくいる「貧しい生立ちの故に性格がゆがんだ」的なセナが、テムの父ドンマンからテムとの交際を反対されているのを「可哀想」と感じる方もいらっしゃるのかもしれないけれど、おばさんはそうは思いません。たとえ貧しくても心のきれいな人はたくさんいます。自分の両親や生立ちを偽って=見栄を張っているその心根が卑しいから、同じような見栄っ張りの人種に軽蔑されてしまうのです


セナはなんとこともあろうに、母親がイギリスの大学で教授をしていると偽っていたのだそうです。も~どんだけコンプレックスの塊なんだか。


まずはその卑しい心根を正せ!何で分かんないのかな~ガクには(´・ω・`)

と、ガクにガツンと言ってやってほしいほどです。


今回はタイトル通り、ガクが大切にしていた手ぬぐい(現代用語で「ハンカチ」)をパク・ハが無くしてしまうのです。というより、パク・ハは、セナを丁重に扱いながら、自分を「ムスリ」扱いするガクに腹を立てて、これを落としたことに気づかなかっただけで、セナはこれを拾ったにもかかわらず、黙って持ち去ってしまったのです


世界に一枚しかない大切なものを無くしたのかとガクに怒鳴りつけられたパク・ハが、ハンカチは古着の中に混じってしまったのだと思い込み、倉庫の中に山積みされた古着に文字通りよじ登りながらこれを探す姿は、文字通り、涙無くしては見られなかったほどなのです


それなのに、セナがさも自分も苦労して探してきたかのようにハンカチを差し出すと、ガクが、セナもまた一晩中寝ずに探してくれたのかと感激して感謝するのですよっ。このシーンのなんと腹立たしかったことか!


この大嘘つきっ!!


とはいえ、朝のお膳が出てこなかったことから、本当に一晩中探し回ったパク・ハが熱をだして寝込んだと知ったガクが、意外にも医術の心得もあるらしく、生薬や土瓶などを購入させて、パク・ハのためにせんじ薬を作ってくれたのには感激でした。ちなみに煎じ係はガクではなく、いつもの3人組だったようです。ウ・イクチャンは特に心を込めて煎じたはずです


おお、ついタイトルに目が行って腹を立ててしまい、最初の素敵なシーンを忘れてしまう所でした。これを語らずしてこの回は語れませんものね桜も舞ってました~♪


前回、パク・ハとガクが昔からの知り合いだったと思い込んだギルラムの誤解を解くために、ガクが懸命にパク・ハを庇おうとするのです。が、どんなにふたりは知り合いではなかったと言っても

「記憶が無いから分からないだろう」

と切り返されると、真相が言えないために黙り込むしかないのですが、それでもガクが

「パク・ハは屋根部屋から出て行けと言ったのを、自分が無理矢理置いてもらっていただけだ。自分はパク・ハが好きだからっ!!

と言ってくれたのは嬉しかったですね~も~分かってんじゃない( *´艸`)。そう言われては、ギルラムもこれ以上パク・ハを叱ることができません。それどころか、

「おまえも祖父に似て女好きなのか

と切り返してきたのには大笑いでした。これはガクが、パク・ハのことは好きだけれど、結婚するのは別の女性だと答えたからです。も~ど~してもそこだけは外せんのかしら。そもそも、もともとの「いいなずけ」もファヨンじゃなくてプヨンだったのにっ!!そうおばさんがガクに教えてやりたい( `ー´)ノ


ガクの正体を明かさずに、ただ黙って殴られてくれたパク・ハのためにギルラムを説得するガクなのですが、さすがに朝鮮時代の人らしく、許しをもらうために早速席藁待罪(ソッコデジェ)をするのがまた、可哀想だったけど、くすりと笑ってしまいましたマ~マ~トントカヨウジュシオプソッソ~。でもあのシーンはなかなか美しかった。


でも桜はきれいでしたね~♪


翌朝、ギルラムはようやくガクを許してくれたのですけど、一晩中座り込みをしたために、すっかり足を痛めてしまったガクのために、パク・ハが湿布をしてくれたシーンも良かったですよね。現代ではただ闇雲に土下座をするんじゃなくて「話」をして解決しなくちゃダメなのよ、って。


またあのシーンも楽しかったです~パク・ハとお見合いした男性が、パク・ハの誕生日を知って、手作りケーキを作ってきたのを、今ではすっかりパク・ハの親衛隊と化した3人組がいち早く見つけたシーン。特にウ・イクチャンの顔はサイコーでした


歩けるうちに帰れ!生きて帰れると思うなよっ!


でもまさかそのケーキを、愛のこもったメッセージとともにチサンがテクスに渡すとは。あれはもしかして本気だったりして?!


その後も相変わらず耳は聞こえているけれど微妙な違いが理解できない最近(恋をして)口数が増えたウ・イクチャン」には笑かせてもらいました。ハンカチを無くしたパク・ハに腹を立てているガクを尻目に、パク・ハの「宴」(パーティー)の用意を進めようとした3人は、まず自分たちで手作りケーキを作り、三角帽とクラッカーを用意するのですけれど、マンボとチサンはきちんと揃えてきたのに、ウ・イクチャンだけが

「三角コーンとあずき粥」

を買ってきたシーンには大笑い。本人が至極真面目な顔をしているのがまた可笑しいですよね~。も~真面目な柴犬みたいで可愛いです


でも「歌」だけは、3人とも歌わないほうがよさそうですセンイルチュッカハムニダ~他の歌に聞こえます(;O;)。あれでは鈴鹿ひろ美も真っ青でござった


そしてガクも、口ではキツイことを言いながら「大好きなパク・ハ」のために、髪飾りを用意したようだったのですが、これもまた、セナに邪魔されてしまいます。熱が下がったパク・ハが、ガクの呼び出しに応じて、せっかく可愛くおしゃれをして約束の場所に出かけていったのにガクが好きなように髪もおろしていったのに(;O;)、セナは一足早く出かけて、ガクが好きになったと告白し、ガクに抱き着いて見せたのです


あ~やっぱりこの女は絶対に好きになれんっ!コイツ、絶対に許せんっ!!


早くガクがパク・ハの気持ちに気づいてくれないかしらね~も~ヤキモキさせられちゃいます屋根部屋のプリンスが楽しみ~(≧▽≦)



屋根部屋のプリンス Blu-ray SET1&2

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 4件

コメントはまだありません
港のカラス  
チサンが可愛いです(*^^*)

こんにちわ(*^^*)

屋根部屋のプリンスは以前地上波で見たので現在二度目の視聴ですがとても面白いですね。


セナが憎たらしいです,

笑ってトンヘのセワと甲乙つけがたいですゞ(`´ )


チサンがとても可愛いです(*^^*)



2013/09/18 (Wed) 17:48 | 編集 | 返信 |   
港のカラスさんへ  
私はヨンスルです♪

港のカラスさん、こんにちは~♪
お~港のカラスさんも屋根部屋のプリンスをご覧になったのですね?!

ふふ、チサン、可愛いですものね~でも私は断然ウ・イクチャン=ヨンスルです。

このガクが、英祖の兄の景宗をモデルにしているらしいのも面白いですよね~。
ガクが張禧嬪の息子だなんてな~んて楽しいんでしょうv-9

続きもとっても楽しみです~。
よろしかったらまたお遊びにいらしてくださいね~。こん(^_-)-☆

2013/09/18 (Wed) 18:16 | 編集 | 返信 |   
りいこ  
ムカムカ、でもニヤニヤ 

こんさん~♪

セナをなんとかこらしめてやりたい!
キィ―――ッですよ、ホントv-359
もともと、子供の時からなんでセナはパク・ハを
あんなに妬んでいたのかよくわからないのです。
突然妹となった年下の女のコが
ただ疎ましかったのかしら。
そして今はどこへ行っても何を企んでも
パク・ハの存在があって
もうセナにしたらたまらんのでしょうけど
それがカルマというものですよね。

ま、楽しいシーンもこんさんがあげてくださったように
たっくさんあったのでそれを思って
ハッピーv-345になります(笑)
私は結構漢方薬のとこ、好きです。
筆書きのポストイットもツボです~

回を追うごとにウ・イクチャンが面白すぎて(≧▽≦)
きっとこんさん大喜び♪と思いつつ見ておりましたよ。ふふ。

2013/09/18 (Wed) 20:46 | 編集 | 返信 |   
りいこさんへ  
も~ウッキッキでした(笑

りいこさん、こんにちは~♪
いつもお立ち寄りくださいましてありがとうございます~!

そうそう、セナってな~んであんなに憎たらしいんでしょうね!!
まさにりいこさんがおっしゃるように、幼い時のあれも、
新しい妹に嫉妬したからでしたものね~。なるほど~そこがカルマなのか( `ー´)ノ。

ガクが漢方薬の名前をさらさらと書いた時、
おもわずメモリそうになりました~(;´∀`)。
さすがにオタクすぎたのでやめましたが(爆。

次の10話も「ウ・イクチャン祭」のように楽しかったです~v-314
後ほどう~んとうるさく語らせていただきまするv-14。こん(^_-)

2013/09/19 (Thu) 06:37 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ