屋根部屋のプリンス あらすじと感想 第10話 距離 つのる想い

屋根部屋のプリンスのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 屋根部屋のプリンス あらすじと感想一覧


屋根部屋のプリンスの10話は「距離 つのる想い」です。これもまためちゃくちゃ良い話でしたね~。おばさん一押しのウ・イクチャンも楽しかったし、パク・ハとガクのラブストーリーも切なかった。


まずはあのバスケのシーンから語らせていただきますね~。今日はあれもこれもといつも以上にてんこ盛りとなってしまったので、大変お手数をおかけしますが、続きを使わせていただきまする


セナとガクの抱き合うシーンを目の当たりにしてショックを受けたパク・ハはひとり、道端に転がっていたバスケットボールを拾ってうっ憤を晴らしています。この子はきっとこれまでも何か辛いことがあるたびにひとりでじっと耐えてきたのでしょうね


そこへいつもの3人組がやってきます~パク・ハ・ヌイ!(姉さん)弟たち、可愛いな~♪ 治ったのか!?


世子が食事に連れていくと言っていたのはどうなったのかというマンボの話には耳を貸さなかったパク・ハも、

「こんな月夜に一人で何を

というウ・イクチャンの質問にはこう答えました。バスケよっ!


シュートに失敗したパク・ハの姿をあのちっこい目でじ~っと見つめていたウ・イクチャンがすかさずボールを拾い、まるでそのDNAが呼び覚まされたかのような見事なダンクシュートを決めたのには大喜びでございました。あのものすごい顔は「キメ顔」だったのでしょうか。彼らが過去に戻ったら、MBAのスター選手にウ・イクチャンの生まれ変わりがいたっていうシナリオはどうでしょうね~是非転生してほしいです(;O;)


皆すっかり喜んで遊んでいると、おそらくはマンボあたりから連絡が行ったのか、ガクも慌てて駆けつけてきます。自分はちゃっかりセナとNソウルタワーに登ってデートしていたのだからいいじゃない~と言いたいところなれど、優しいパク・ハはちゃ~んとガクも仲間に入れてくれました。


人数も増えたことだから試合をしようということになり、そのチームを「座るか立つかジャンケンポン」で決めることになります。体力のないチサンが抜けた4人で、選択肢が二つしかない中、ガクがヨンスルに「座れと合図を送ったにもかかわらず、ヨンスル、否、ウ・イクチャンがこれを無視して、わざとパク・ハと組んだシーンはサイコーに可笑しかったですね~。あのガクの悔しそうなこと。


パク・ハとウ・イクチャンのチームなら勝って当たり前です。パク・ハとともに喜ぶウ・イクチャンをガクが睨み付けても、ウ・イクチャンはまだまだ怯みません。何せ敗者は勝利者の願いを1つ叶えねばならぬのです。


当然、何かをねだるのだろうとお財布をちらつかせていたガクを見ながら、ウ・イクチャンがパク・ハをちゃ~んと「パク・ハssi」と呼んで、丁重にその願いを言ってくれと譲ったのもよかったな。でもまさかパク・ハが

「一発殴らせてよくやった!

とガクの腹に見事な一発を決めるとは思いもよりませんでしたが


さすがのウ・イクチャンもこれには動揺し、結局は3人で土下座をして「大罪を犯しました」を口にしたのには大笑いです。この辺も時代劇でよく聞くフレーズなんですがなんて言ってるのか今一つ聞き取れないのが悔しいです。チュグッセルソッソ?


や~パク・ハはやはりガクを許したわけではなかったのですね~パク・ハ、してやったり!( `ー´)ノ


この後に開かれた3人の心づくしによる誕生パーティーも楽しかったです。


まるでウェディングケーキのようです( *´艸`)


でも、ガクはその準備に携われなかったため、嬉しそうなパク・ハを大らかに見ていられないようなのです。なぜ殴られたのかその理由も分からなかったのも拗ねてしまった一因のようです。用意していた髪飾りも渡せずに、ひとり部屋に引っ込んでしまうのが何とも気の毒でございました。ガクの甘いもの好きを知りながら、こちらも素直に引き留められないパク・ハの気持ちも痛いほど伝わってきます。


パク・ハとガクの恋愛模様だけ見ていると、ここは本当に切なくなるところなれど、パク・ハには3人の心強い味方がいるのが何よりです。どうやら彼らに初めての給料が支払われたとのことで、いつも世話になっているパク・ハに「ごちそう」するからと、皆でパク・ハを招いてくれたのです。


「定時退社」(カッテラニカ?)

でやってきた彼らの中にはでもガクがおりません。ガクは以前、スカッシュができないことでテムに疑われていたため、セナにこれを習い、今日はその成果を見せに出かけたのです。(あくまでも~デートだとは思いたくない


それを聞いてちと落ち込んだパク・ハですが、気を取り直して3人とのひと時を楽しみます。この3人がまたね~健気で実に可愛いのですよ


初任給では家族に贈り物を買うものだと聞いたらしく、チサンは、両班宅で使用人(肉体労働)をしている母のために「湿布」を買い、マンボは16歳になった妹のために化粧品を買ったそうです。そしてウ・イクチャンは「干し肉」を、両班に母と妹を一度に殺されたショックで寝込んでしまった父に滋養のあるものを食べさせたいと、傷まなくて済む干し肉を買ったのだというのです


マンボはともかく、チサンやヨンスルもそれなりに宮廷での地位も得たのに、家族はまだまだ貧しいままだったのかと思うと、ここはなんともやり切れませんでした。ガクが王になったら、恵まれない民のために働ける名君にならんといけんねでも景宗にはそんな暇はなかったか(-_-;)


チビ(チキンとビール)は大好きだけど、やはり過去に戻りたいと語った彼らに、パク・ハがどうしたら元に戻れるのかを聞くシーンも切なかった。


「この時代には誰かに逢うためにやってきたんでしょう?」


それはもしかしたら自分かも知れない胸をときめかせていたパク・ハの顔が忘れられません(;O;)~そう期待していたパク・ハにもたらされたのは、実に残酷な現実でした。パク・ハは、ガクが逢いたかった人は世子妃(嬪宮)の生まれ変わりのセナであり、セナと結婚することで、世子妃の死の真相が明らかになり、過去にも戻れるに違いないと聞かされたのです私では助けになれないのね?


ガクとセナにそのような因縁があったことに愕然とするパク・ハ。そしてついにパク・ハは、ガクを諦めようと決意したようなのです


ここは本当にやるせないシーンだったのですが、その間、楽しいシーンもうんとこさ盛り込んでくれるのがこのドラマの素敵なところですよねやっぱり楽しいシーンがないとドラマはつまりません~


3人がパク・ハに買ったプレゼント~「みだらなアラフォー」に買ったアレはいったい何だったのでしょうか~もさることながら、皆でプリクラを撮ったのも楽しかった~。あそこでウ・イクチャンのシールしか見せんかったのは、やはりあれがサイコーに笑えたからでしょうかやはりゴリラ系です(;´∀`)


でもその後はちと辛いシーンの続出でしたふたりとも可哀想でした(;O;)


ガクは、パク・ハが自分を避けていることに気づいたようなのですけれど、その理由が分かりません。明日はともに肉でも食べようと誘ってもそっけなく断られてしまいます。しかもセナまでが「3人」に媚を売ろうとしてバーベキューに誘ったため、パク・ハはひとり、自転車を借りて外出してしまいます。3人にとってもセナは世子妃の生まれ変わりなので、臣下の礼を尽くすという所もまた気に入らないあんたたち、パク・ハを泣かせたら承知せんぞ~っ!( `ー´)ノ


これをレディー・ミミから聞いたのか、ガクもまた自転車に乗ってパク・ハを追いかけてきます。今では生まれながらのバイカーのように乗りこなしています


怒っているのはプレゼントを渡さなかったからなのかと、遅まきながら差し出すも、もういらないと断られてしまうガク。


いったい何を怒っているのか!つまらぬことは気にせぬ自分がなぜ追いかけて来たのかわからんっ!!


それはパク・ハが好きだからだよ~とヤキモキして見ていたのはおばさんだけではありますまい。


怒り心頭に発したガクはここで一旦は帰ってしまうのですけど、そんなガクの怒りをひしひしと感じながら、パク・ハはなんと、こんな大胆メールを打ち、かつ、ガクに送信してしまいました

私はあんたが好き。愛してる送信!( `ー´)ノ


自分のしたことの重大さにハッと気づいて慌てふためくパク・ハが可愛かったですね~。でも、いくらなんでも戻ってきたガクのスマホを奪って土に埋めてしまうなんて。


~ここでガクが、最初は「飲み物を買ってこい」と居丈高だったのに、戻ってからは自分で買いに行ったのもまたポイント高かったです


でも土に埋まったスマホは、賢いわんこのおかげで掘り起こされ、これを興味深そうに見ていたガクは、めでたくパク・ハの「告白」を目にすることになるのですしかmまた追っかけて来たよ~っ!(≧▽≦)


ガクに何か言われる前に脱兎のごとく逃げ出したパク・ハを必死で追いかけ、追いついたガクは、いったい何て言おうとしているのでしょうか。これは運命なのだから忘れてほしい、な~んて言ったら、おばさんが許さんぞ~っ!パク・ハを泣かせるような真似は許さん~っ!!



屋根部屋のプリンス Blu-ray SET1&2

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 2件

コメントはまだありません
りいこ  
パク・ハ~(涙)

こんさん~♪

つのる切ない想い、でも口に出して言えない
思わず文字にしてみる
うんうん、つらいね、パク・ハ (ノ△・。)
そして・・・送信!?しちゃいましたね~
あの後の慌て様は申し訳ないけど笑ってしまいました。
ガクがどう受け止めるのか・・・
ドキドキというかもうお願いします!って感じです。

ほんとにもうこの回はウ・イクチャンが大活躍(大暴れ?)で
笑わせてくれましたね~
こんさんハッピーv-343
三人がパク・ハを慕っているようすがとても微笑ましくて
羨ましいです(笑)←もちろんヌナが。
でも朝鮮時代に戻りたいという言葉には
胸がきゅっとなりました。
もしかしたらこっちに残りたいって
言ってくれないかな、って少し期待してた自分です。
ずっとわちゃわちゃの三人とおすましのセジャ様を見ていたい(・_;)

セナとテムのニクタラシイ表情にもますます磨きが
かかって ヽ(#`Д´)ノ クヤシイ!

これから後半に突入でますますのめり込んでしまいますねv-363

2013/09/20 (Fri) 11:09 | 編集 | 返信 |   
りいこさんへ  
ウ・イクチャン祭でした(≧▽≦)

りいこさん、こんにちは~♪

今朝はご心配をありがとうございました!
実は、ご推察通りその後眠れなかったので、今日は寝不足気味でござりまする(;´∀`)。

そうそう、あのメールのシーンは分かりますよね~。
自分の場合はロマンスじゃないけど(笑、
時々、流すつもりのないツイートを書いては消したりしています(^▽^;)。
文字にするだけで気が済むことってありますものね~。

さ~ガクはなんて答えるのかな~と今から気が気じゃありませんよ。

でしょ~っ!(≧▽≦)
も~今回の準主役はウ・イクチャンでしたよね~。
干し肉のシーンでは、思わず「王様」を非難したくてたまりませんでした。
いったいどんな政治をしとんねんっ!って。

そうなんですね~彼らにとっての家族はやはり過去にいる家族なのですね~。
無事に返してあげたい~でも寂しい~(;O;)。

もうすっかりのめり込んでますよ~今から続きが待ち遠しいです~( `ー´)ノ。こん(^_-)-☆

2013/09/20 (Fri) 11:25 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ