八重の桜 あらすじと感想 第38話 西南戦争

八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想


大河ドラマ・八重の桜の第38話は「西南戦争」です。


この八重の桜を見ていてつくづく感心させられるのは、歴史というものは本当によくできたドラマだということです(笑。そんな実に面白いはずの「歴史」が学校の「教科書」の中で語られてしまうと、実に味気のない「年号」の羅列になってしまうのは何故なのか、今では不思議でなりませぬ(単に日本史の授業が退屈だっただけかもしれませんが)。


江戸末期に「戊辰戦争」が起きて明治政府ができ、後に「西南戦争」が起こった。


一連の歴史的出来事としてそれなりの認識はあっても、それがここまで「意味のあるつながり」があったなどと思いもよらなかったのはおばさんだけでございましょうか。フィクションをすべて信じるほどおめでたくはないつもりだけれど、歴史的事実を「想像」の翼を広げながら眺めることの、なんと心躍ることか


会津に「朝敵」の汚名を着せた西郷隆盛が今「賊軍」の首魁として断罪されようとする一方、今こそ、濡れ衣を着せられた会津武士の誇りを見せる時だと佐川や藤田、そして山川がいきり立ちます


でも八重は不思議でなりません。会津と薩摩にはどこか似たところがある~武士の魂が通う国同士だと言ってくれた西郷がなぜあの時、会津を見捨てたのかも理解できなかったし、その西郷がなぜ今また再び、同じ日本人同士が争うような愚かな戦をしなければならないかもわかりません。


武士という存在が消え去り、名ばかりの「士族」となった人間たちが大いなる不満を抱えていた当時。前回も語らせていただきましたが、その多くが新しい世の中に向けて気持ちを切り替え、学問や信仰に目覚めることができたら、何も問題はなかったのでしょうが、そう簡単に事は運ばなかったのです。


ドラマでも触れられていたように、故郷の鹿児島に戻った西郷もまた教育の重要性を視野に入れ、「私学校」と呼ばれる教育機関を郷土のあちこちに創立したのだそうです。新しい世を担う人材を育成する目的で作られたこの学校はでも、新政府にとっては「不満分子」を養成する脅威となってしまったことも事実のようです。


会津と違ってなまじっか薩摩には新政府確立に貢献したという自負があるため、余計にその不満が大きかったのかもしれません。西郷はともかくとして、他の先頭に立った人間たちは皆本当に、新政府を倒して新しい国づくりをと考えていた者も多かったのかもしれませんよね。


でもその中で西郷だけは違った「覚悟」があったように思われました。士族たちのやりきれない不満を新政府が吸い上げてくれれば良いけれど、もしそれが叶わぬなら、負けることを覚悟の上で、士族の不満をすべて一身に背負って持っていく死に場所を求めたのかもしれない


西南戦争に死に場所を求めたのは新政府軍の先鋒を買って出た佐川官兵衛も同様でした。会津の汚名を雪ぐ~その一念で生き続けた佐川が、今や「官軍」となって、賊軍の薩摩と戦うのですここは単純に痛快でござった♪。遺恨を晴らすのにこれほど打ってつけの「名分」はありません


戦場となった熊本で、一般市民に迷惑をかけることを良しとしなかったという佐川は、容保から貰った正宗を手にここで命を落としてしまいますが、彼はそれこそ本望だったことでしょう。


ドラマでは、八重や佐久が、山川大蔵の活躍を新聞で知って喜ぶシーンがありましたけど、おばさんとしてはあそこは是非佐川の話を出してほしかったな~ハッキリ言って山川大蔵は嫌いでやんす( `ー´)ノ


西郷と山川が途中で出会った際、西郷が「彼岸獅子で入城した山川か」と認識してくれたのは嬉しかったけれど、あそこで大蔵が、西郷のあまりにも堂々とした風貌に威圧されて手も足も出なかったのも、実はちょっと嬉しかったおばさんでした。どん底まで追い込まれた者特有の悲哀なのかもしれんけど、尚之助一人に罪を着せた山川のことがおばさんとしてはいまだに許せんのどす


またここで、西郷を兄と慕っていた従弟の大山巌が西郷を追い込まねばならなかったのも痛ましい悲劇でございました。会津は日本国中を敵に回しはしたけれど、同じ会津の者同士は一致団結して戦ったのに対し、薩摩は国、否、県を二分して戦わねばならなかったのもなんともやり切れない話でござる


そして西南戦争は、西郷が敵の銃弾に倒れ、別府晋介に介錯を頼んで自刃することで幕引きとなりました。最初は会津、そして次には薩摩の大半を犠牲にして作られた明治政府はその後、中国大陸へとその手を伸ばしていくのです


と、なんともやり切れない一方、なかなか楽しいエピソードもありました女性がどんどん台頭してきますね~( *´艸`)。今回は「同志社女学校」が誕生し、八重もまた満を持して教壇に立とうとしたところ、みねをはじめとする数名が教室を抜け出して、なんと男性陣の学ぶ教室へと乱入するのです


「こちらの方が面白い!


その一人がどうやら徳富初子のようでしたね。いや~これはなんとも勇ましい八重二号が現れたものです。たとえ学ぶ教科は同じでも、教師や学ぶ側のレベルによって、その面白さには格段の差が出てしまいますから、彼女たちの主張ももっともな話です。


八重の桜は、続きもますます面白くなりそうで楽しみでございまするね八重の桜はまだまだたっぷり楽しめそうです~( `ー´)ノ


NHK大河ドラマ「八重の桜」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 328号)

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
リネット  
No title

はじめまして!
リベンジのストーリーがわからなくなってきたシーズン2の初め頃こんさんに出会いました。
めげそうになっていたリベンジへの興味を復活させていただいて、
その後、他のドラマの記事も、観ている物は全部読んでいます。
ほんとうに文章がおじょうずで、知識が豊富で、ドラマを鑑賞される目・視点もしっかりされていて、
尊敬しています!
特に、八重の桜です。
歴史というノンフィクションにおける、歴史ドラマというフィクションの楽しみ方、
ロマンをわかっていらっしゃる!
私も今回、今まで別々に捉えていた歴史的事実が、こうも皮肉に、こうも誇らしくつながっていることに、
感動しました!
そして、このドラマは、毎回新しい物に好奇心を持って取り組んでいく若者の姿に、
私は爽やかさを感じ心から応援しています。
(龍馬伝の時も感じていました。)

元々アメリカドラマ派で、龍馬伝・梅ちゃん先生から日本のドラマへ戻ってきました。
今はあまちゃんと八重ちゃんに夢中です。

ぜひ見てもらいたいのは、LOSTとグレイズアナトミーです!

これからも楽しみに毎日読みますので、どうぞよろしく!

  • 2013/09/26 (Thu) 00:55
  • 返信
リネットさんへ  
初めまして^^

リネットさん、こんにちは。

ブログをご利用いただいているとのこと、
またこの度はお声をかけてくださいましてありがとうございました!

八重の桜は本当に素晴らしいドラマですよね~私も大好きです。

リネットさんは元々アメドラがお好きだったのですね~。
最近はでも、日本のドラマもなかなか良作がありますよね。

LOSTはレビューこそ書いていませんが、毎週欠かさず見ています。
本来とても飽きっぽい性格なので、そろそろイラッとしてきたのですが、
ここまで来ると止めるに止められない状態です(笑。

グレイズアナトミー(医療モノ)は、今はあまり見る気がしません。
あまりに多くの医療モノを見すぎて食傷気味なのでござる(;´∀`)。

あれやこれや雑多な趣味のいい加減な私ですが(苦笑、
これからもどうぞよろしくお付き合いくださいますよう、お願い申し上げますv-22。こん