屋根部屋のプリンス あらすじと感想 第16話 作戦 偽者のテヨン

屋根部屋のプリンスのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 屋根部屋のプリンス あらすじと感想一覧


屋根部屋のプリンスの第16話は「作戦 偽者のテヨン」です。


15話はものすご~く痛快だったのに反して、今回は実にイライラさせられてしまいました。も~あのテムとセナをどうしてくれようぞっ!!


あの顔をつぶしてやりたいっ!!


でも怒りにだけエネルギーを割くのは実にもったいないことなので、簡単なあらすじを踏まえた上での「見所シーンできるだけ楽しいとこどりで参りまする(__)をまとめさせていただきますね。


前回テヨンに成りすましたガクはそのまま「テヨン」でいる道を選択しました。それもこれも、この世に来た目的に

「テヨン」の無念を晴らすため

が加わったからです


そなたは何故そのように伏せっておるのだ。それが無念で私をここへ呼んだのか?


うつろな目をしたテヨンの姿に心を痛めたガクが、テヨンが戻るまで、その居場所を守ってやると言い切り、テヨンの眼鏡をかけて、元気になれるよう力を尽くせ!とテヨンを励ましたのは実に良いシーンでしたよね


実はテクスの発案で、本物のテヨンの出現によって、ガクと3人は忽然と姿を消したということにしたのです。このテクスが実はすべてを知っているスケジューラーとか言うことは無いのかな


でもせめてパク・ハには真実を告げておいてほしかったですよ。あれからガクの上着を抱きしめてずっとガクの来るのを待っていたパク・ハが、テクスに「皆消えた」と聞いた時のなんと切なそうだったことか


でも、テヨンになる猛特訓をしたというガクが、確かにその話し方は「完璧」だったのだけれど、あの

「後ろ手を組む立ち方」

がつい出てしまったのはなんとも愉快でしたよね~しかも、ガクが無理なら、せめて同じ顔をしたテヨンの姿を見ようとやってきていたパク・ハの目の前で組んじゃいましたから。その上、極め付けには、ガクがポケットから、ふたりお揃いで買ったカップルリングを落としてしまったのです


「このあんぽんたんっ!!


いきなり、でも、誰にも見られぬようにそっとガクの腕を引っ張って非常階段に引っ張り込み、ひとことこう言ったパク・ハの、目にいっぱい涙をためた顔が忘れられませんなんで黙って消えたのっ!。逢いたい、側に抱き寄せたいと言う感情を、こちらもずっとずっと抑えてきたガクもたまらずに、パク・ハを引き寄せて抱きしめました。


この二人は本当にお似合い~(*´ω`*)


これは全てテムの尻尾をつかむ作戦だと明かされたパク・ハでしたが、そのパク・ハが今度はテムに狙われてしまいます。パク・ハはガクのアキレス腱なのですから当然と言えば当然なのですが


今では誰よりもか弱い女子に見える


テムの追跡をまんまと撒いたパク・ハとガクが、それはそれは美しい夕日をバックに、パク・ハの母親について話したシーンもとても印象的でした。以前からパク・ハに「母親の顔が破り取られた写真」を見せられていたガクが、テムの机の引き出しの中に、同じ写真を見つけてパク・ハを呼び出したのです。


同じ写真を持っているそうですね


チーム・チョアーの作戦で「人殺し」「嘘つき」などのファックスが送られてきたり、テヨンとふたりでアメリカで映した写真が郵送されてきたりと、既にかなり追いつめられていたテムに、パク・ハがこんな脅しをかけた時は本当にハラハラさせられました


あ~そんなことをしたら、あの狂人コンビはきっととんでもないことをしでかすに違いないっ!!


案の定、テムはパク・ハに実母のことを教えると言って呼び出し、クロロホルムを嗅がせた上に冷凍車に閉じ込めてしまうのです。ふん、トラックに閉じ込めるなんざ、さすがにろくでなしカップル、考えることが一緒でやんすね


パク・ハの携帯でこの写真を撮り「あんぽんたん」の宛先に送信するテムです。もちろんテムは、ガクがテヨンに成りすましていることには気づいていません。あくまでも、姿を隠したガクが、自分に嫌がらせをしていると思い込んでいるのです。


また今回テムがここまで強硬に出た理由には、チャン・ソンジュ会長が「娘を香港に連れて帰る」と言ったのをセナから報告を受けたことも挙げられます。なんとですね~セナも実はソンジュの娘だったそうです。(この辺の経緯に関して疑問のある方は以下のコメント欄をお読みください)


でもセナはそれをまだ知らない~だからソンジュはセナのことを指して「娘」と言ったのを、自分ではなく「インジュ=パク・ハ」のことだと思い込み、ソンジュが真相を知ってしまったと誤解したという訳です。何度も言うようで恐縮でやんすが、やっぱりファヨンの転生だけありますね~セナはあんぽんたんはこっちでやんす


~それでもまだ1つ大きな疑問が残りますよね~マノクはなんでソンジュにパク・ハこそがインジュだと打ち明けないのかな~。それに、セナがインジュのふりをしたこと自体、セナもしくはテムがインジュの居場所を知っていることの証なのに(でなければDNA鑑定ができませんから)、ソンジュはどうしてそこに気づかないのかしらね。気づいていても呆れて何もできないのかしらん?(でもくれぐれもネタバレはせんといてくださいね)~


パク・ハの危機を知ったガクはいったいどうするつもりなのか?さっさと駆けつけろ~っ!


今回は楽しいシーンが少なかった分、次回はう~んと楽しくなることを期待しておりまする屋根部屋のプリンスは、来週の放送がとっても楽しみでございますオクセジャがとっても楽しいです~(≧▽≦)



屋根部屋のプリンス Blu-ray SET1&2

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 4件

コメントはまだありません
aliali  
屋根部屋の皇太子

はじめまして。
いつも楽しく読ませてもらっています。

セナの悪巧みが失敗に終わって喜んでいたら、今度はテムがやらかしましたね。

セジャが消えかけたり、だんだん嫌な感じですが
もっと二人の幸せな姿を見ていたいです。

ところで、セナが実はマノクの娘ではなくチャン会長の娘であることは第7話で出てきませんでしたか?

2013/10/10 (Thu) 20:54 | 編集 | 返信 |   
万歩計  

先日は大変失礼致しました。知らないことを伝えることはネタバレ意外の何物でもありませんでしたね。大変申し訳ありませんでした。

2013/10/10 (Thu) 21:46 | 編集 | 返信 |   
alialiさんへ  
はじめまして^^

alialiさん、こんにちは。
いつもご利用くださっているとのこと、ありがとうございます。

また、なぜか承認待ちコメントになってしまい、申し訳ありません(__)。
設定を変えた覚えはないんですが?なぜに??(;´・ω・)
時々起きるFC2の怪奇現象です(苦笑。

またご指摘の件ですが、一応説明させていただくとですね(笑、
確かにalialiさんのご指摘の通りなのです。

が、第7話でマノクが
セナをチャン会長の娘であるかのように説明した際、
私はチャン会長の娘が二人いることを知らなかったため、

「なぜマノクは、パク・ハがインジュであることを黙って、
セナを娘(インジュ)であるかのような変な嘘をついているのだろうか?」

とまったく意味が分からなかったのです。
それは7話のレビューを読んでいただければお分かりになります。

で、ここはず~っと疑問に思っていたのが、
(たぶん、コメントで本来は2人の娘がいるのだと知らされなければ)
前回の15話を見て(ガクのセリフで)

ん?もしかして、セナとパクハは実の姉妹~ふたりともチャン会長の娘なのか?

と気づいたのではないかと思います(笑。
それが、この局の制作者の意図だったと思われます。

でも実際には14話の時点で既にこれを明かされてしまったため、
自分としては

「細かいセリフから先を推理して楽しむ」

という、いわゆるミステリーの醍醐味を邪魔されてしまった~残念、
と思ってしまったのですよ。
私にとってはそれが「ネタバレ」です。

という訳で、最初の私の誤解を訂正するためにも
ここでもう一度、

セナとパクハは実の姉妹だった

と上には書かせていただきました。

ということでご納得いただきましたでしょうか?

続きが待たれるところですね。こん^^

2013/10/11 (Fri) 06:43 | 編集 | 返信 |   
万歩計さんへ  
こちらこそありがとうございました

万歩計さん、こんにちは。

先日もお答えいたしましたが、
今回ようやく意味がつながりました(笑。ご心配をおかけしました(__)。

そうですね~私はいつもカット版しか見ていないので、
そのようなことはよくあるのです。

以前にも(何のドラマだったか忘れましたが)
どうにも辻褄が合わず私がずっと疑問に思っていたことを、

「それはノーカット版でドラマの冒頭に~~と説明されていました!」

と明かされて、本当にがっかりしたことがあるんです。

私にとっては意味不明なことでもそれはそのまま置いといて、
ドラマの流れで自分なりに疑問を解決していくのが楽しみでもあるんです。

上の方へのお返事にも書きましたが、
それがカット版を作っている方の腕の見せ所でもあると思うんですよね。

でももし私がノーカット版を見ていたら
やはり万歩計さんと同じようにきっと言いたくなるでしょうね~(;´∀`)。

だから私は自分が見てしまったドラマに関しては、
他の方のブログにコメントすることができません。
基本がおしゃべりなので
つい余計なこと(__)を言いかねないからですv-37

あのまま黙っていらっしゃることもできたでしょうに、
またお声をかけてくださってありがとうございました。

口が悪いので(今回も)
ついつい残念に思ったことを黙っていられませんでしたが、
言ってしまえばそれでスッキリする方です。
大変身勝手な理屈をご理解いただけて感謝感謝ですv-22。こん

2013/10/11 (Fri) 06:59 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ