開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想 第6話 明と暗

開封府~北宋を包む青い天~のあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: 開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想、登場人物一覧


中国ドラマ、【開封府~北宋を包む青い天~】の第6話は「明と暗」です。いや~まさしくタイトル通りで実に面白かったです。以下早速ネタバレです開封府のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


やはり黒幕は八賢王でした。そういえば、最初に乳母を連れて来たのも八賢王でしたよね。そこに気づかなかったのは不覚でござった


そして喜楽もまた八賢王に助けられて宦官となったのだそうです。それで喜楽と乳母はアイコンタクトで話が通じたのですね~。乳母の夫が益児のことを嗅ぎ付けて来たのも八賢王が教えたのですね


もちろん包拯はすぐに黒幕の正体に気づきました


乳母は、自分の乳で育てた益児が不憫になって、益児が食べようとした毒入りの菓子を奪って食べたのだそうです。これからは青女とふたり、助け合って生きていくよう言い含めて亡くなったそうです


自分がお菓子を食べたいと言いだしたばかりに母が死んでしまったと泣いた青女の話から、菓子に毒を入れられるのは乳母しかいないと考えた包拯は、同じ理由から、劉妃が黒幕である可能性を排除しました。劉妃が犯人なら、わざわざ自分で菓子を持ってくるはずが無いからです


包拯の推理を聞いていた真宗は、ひとりにしてほしいと語り、一旦王延齢と包拯を下がらせた上で、ひそかに包拯だけ呼び戻しました。自ら抱いた疑念を包拯に打ち明けて判断してほしくなったのですね。それほど包拯の話しぶりは淡々として邪念が無く、真宗が余計な利害関係を気にする必要が無かったのでしょう


真宗は、自分のこととは告げず、他の富豪の話として一部始終を打ち明けました。が、包拯はすぐにこれを真宗の話だと見破り、黒幕は益児を偽物と入れ替えたことを知る人物だと指摘します


理由は偽物の皇子が殺されなかったから


皇子が偽物だと知る者は、真宗の他、ふたりしかおりません。陳林と八賢王です。


真宗はここで自分の疑惑が的中したことを痛感しました。私は八賢王に兵権を渡してしまった!忠実な周懐仁を疑う前に弟を疑え(;´Д`)


その頃八賢王は真宗に譲位を迫るべく、各地に散らばった兵を開封へ向かわせ、皇宮を守る禁軍をも掌握していました。宮中を去ろうとした包拯も出るのを止められ、八賢王の前に呼び出されます。八賢王は兵符をかざし、一連の黒幕の正体を尋ねました。


既に八賢王が黒幕だと知っていた包拯は何食わぬ顔で、犯人は乳母で黒幕は劉妃だと答えます


これで八賢王はすっかり安堵し、悠々と宮中に乗りこむ手配を進めます


が、その頃真宗は、劉妃の奇策に助けられています。劉妃が張徳林から「鳩」を預かっていたのは以前目にしていましたが、あれは張徳林がいざという時のための連絡網として劉妃に託したものなのだそうです。


いわゆる伝書鳩はあっという間に張徳林のいる辺境へ飛び1日800里を飛ぶそうです♪、知らせを受けた張徳林は即座に開封に取って返しました


真宗が八賢王への譲位を承諾していたその時、張徳林率いる兵と禁軍が合流してなだれ込んできます陛下を救え!(^^)/


ちなみに八賢王は赤子以外の皇子をすべて殺したそうですが、その協力者はなんとあの沈妃だったというのには驚きましたね。沈妃は自ら生んだ子まで殺さねばならなかった自分を許すことができず、ついには自殺するに至ったのですね。どーりで福珠のことも知っていた訳だ。


いやいや実に緻密でござるね


真宗は、益児が無事戻ってからは過去に亡くなった皇子たちは皆病死だったと思うようになり、自分亡き後幼い益児だけでは心配だから、数日後には八賢王に皇位を譲るつもりだったと語りましたが、それは真実だったのでしょうか


もしそうだとしたら、そこまで待てなかったのが八賢王の限界ですね。というより、何人もの皇子を殺した罰が当たったのでしょうか


こうして八賢王は捕えられましたが、兄弟のよしみで減刑されて流刑となり、命まで取られることはなかったそうです。


あまりの衝撃のため病床に伏した真宗は益児こと趙受益に皇位を譲り、政はその後念願の皇太后となった劉娥と王延齢に任されたそうです。皇帝となった趙受益は「仁宗」となりました


この事件で劉妃の次に恩恵を受けた張徳林は、息子の子雍子栄にも爵位が与えられたのだとか。


そう語った包拯もめでたく官吏として朝廷入りしたようです。ああして官服を着るとますます黒さが目立ちまするね


途中、八賢王の話から、育ての父の周懐仁を殺したのが真宗だと知った益児が何を思ったのか、が気になりましたが、真宗は崩御したらしいので仇討ちはできませんかね


誰におもねることも無くズバリ核心をつく包拯が実に小気味よくて楽しいですね亡き母を見ているようです。包拯の辞書には「忖度」という文字はありませんね~きっと


さ~て今日はどうなったのかな。予告によるとまた雨柔が大暴れしていたようですが?も~続きを見るのが楽しみでなりませぬ



開封府~北宋を包む青い天~ DVD-BOX1~3

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ