殺人を無罪にする方法3 ネタバレと感想 第13話 仲間たちの疑惑

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法3】(How to Get Away with Murder S3)の13話は「仲間たちの疑惑」、原題は「It's War」です。以下早速ネタバレです殺人を無罪にする方法3のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


何とですね~今回のラストでコナーの秘密が明らかになりました。コナーは、何者かに殺された(もしくは殺されかけた)ウェスを蘇生しようと試みたのだそうです。あの日、コナーはアナリーズの集合に応じなかったのではなく、誰よりも早くキーティング邸にやってきていたのですね。それで、ウェスを殺したのはアナリーズだと思っていたらしい。


コナーに唆されてアナリーズの携帯のデータを調べていたオリヴァーがその履歴からこの事実に気づきました。まさに藪蛇でござるね


一瞬の回想シーンだけだったので、その前後の事情は皆目分かりませんが、やはりネイトの見込みは正しかった。ウェスは、爆破の前に死亡していたのです


そのネイトもまたあの日キーティング邸でウェスに出会ったことを、保釈されたアナリーズに明かしています。その時ウェスは、アナリーズは皆が思うほど悪人ではない、誰より僕を気にかけてくれていると彼女を庇ったそうです


I've done awful things to her.
僕は彼女にひどいことをしたのに。


サム殺しはともかく、いくら本人に命じられたからとはいえ、ウェスはアナリーズを殺しかけたのですものね


またネイトがウェスの遺体を移送したというのはアトウッドの捏造でした


ネイトからこの話を聞いたアナリーズは、州司法省の副長官、イングリッド・ピータース(Susan Chuang)にアトウッドに対する大陪審捜査の開始を要求しました


It's war. Exactly.
戦争ね。その通りよ


ピータースはネイトの証言を信じてくれそうでしたが、アナリーズがコナーに頼んでウェスの遺体が消えたことをマスコミにリークさせたことが判明し、こんなことを続けるなら、終身刑ではなく死刑にすると逆に脅されてしまいます


If you continue to spread these ridiculous conspiracy theories about the D.A.'s office, I will order Mr. Denver to go not only for life in prison on your case, but the death penalty. That is what I call a threat.


またしても追いつめられたアナリーズを救ったのはフランクでした。フランクは刑務所内からボニー宛に電話をかけてきたらしいのが、電話に出たのがアナリーズだったことに驚いて一瞬ためらった後、むしろこれ幸いと自分の気持ちを打ちあけます


Look Bonnie, I've been thinking about things, and I just want you to know that I'm doing everything I can for our case. So if you need anything from me at all I'm here to help. Whatever you want.
ボニー、ずっと考えていた。できることを何でもやるつもりだと知ってほしいだけだ。俺に頼みたいことがあったら、何でも言ってくれ。望むことは何でも。


アナリーズは相手がフランクと知って「録音されている(から余計なことを言うな)」と釘を刺した後は、フランクが話している間もずっと沈黙を守ったままでしたが、そのフランクの申し出を受けることにしました。アナリーズはボニーを通じてフランクに、アトウッドとネイトの関係を法廷で暴露させたのです


ネイトがウェスの遺体を移送したのはアトウッドの命令によるものだった~ふたりは恋人関係にあるフランク、やれやれ~!( `ー´)ノ


アトウッドがいくら今は別れたと言っても聞き入れてはもらえず、判事はフランクの言い分を認め、アトウッドの通話記録を開示するよう命じました。同僚の検事補、トッド・デンバー(Benito Martinez)に厳しく非難されたアトウッドはついに、ウェスの遺体を移送させたのは自分だと認めたそうです


Get it, Frankアッシャーはホントにイイヤツ♪.
行け!フランク!!


アッシャーが掛け声をかけたくなる気持ち分かりますよね。このアッシャーに日本人のDNAが混じっているって本当でしょうかI found out that I have some Japanese - in my genes.


また懸案だった「匿名の情報源」(the anonymous source)の正体も明らかになりました。学長のソラヤ・ハーグローブです。アナリーズは、やたらと親切にしてくる彼女を見て、今回ようやくこれに気づきました。アトウッドが、アナリーズに関する情報を漏らせば、離婚後の親権を確保すると約束したようです


You'd do the same thing if you were in my shoes.
あなただってきっと同じことをするわ。


せっかくアナリーズに心の許せる友人ができたのかと思って喜んでいましたのに


でも、年は相当離れていますが、ミケーラがその候補に上がりそうです。ミケーラは、すっかり弱り切ったアナリーズを「アナリーズ」と呼び捨てにし、彼女なりのやり方でアナリーズを激励しました。その言い方がまたアナリーズに似てまったく素直じゃないんだけど、優しいですよね~ミケーラ


またローレルは、アナリーズを見限って私立探偵を雇いました。アナリーズがかつての子どものことを打ち明けて、マホーニーに関わったらローレルの子どもも危険にさらされると忠告したのも癇に障ったようです


Wes deserved so much better than you.
ウェスはあなたなんかよりずっと価値がある


その探偵のハーウィことハワード(David Raibon)が調べたところによると、シルヴィア・マホーニーは、ウェスが亡くなる1週間前にウェスのDNA検査をしていたそうです。それでローレルは、ウェスがマホーニーの子どもだと知ったシルヴィアがウェスを殺したと確信したようです。


このDNA検査の項目で、ウェスはともかく、相手の名が「unknown」となっていたのがちと引っかかりました。鑑定する相手を明記したらスキャンダルになることを怖れたのかもしれませんが、ドラマ的に、視聴者が皆ウェスの父親の正体を知っているこの時点で「未知の人物」としてあるのが怪しくないですか。なんちって、完璧、ミステリーの見すぎでござるね


果たして犯人は本当にシルヴィアなのでしょうか~この時点で浮上するならまず違うような気がしますけどね、オタク的には


殺人を無罪にする方法3も、残すところあと2話です。続きもとっても楽しみですね


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]
関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ