限界団地 ネタバレと感想 第7話 仕上げはおじい~ちゃん

佐野史郎さん主演の大人の土ドラ、【限界団地】の第7話は「仕上げはおじい~ちゃん」です。以下早速ネタバレです


寺内の「自殺予告」は、少なくとも今回は、実行されませんでした。そう言えば江理子が戻ってくると考えたのだそうです。


江理子はもうすっかり舐められてますよね。寺内は颯人をシッカリ味方につけていて、スマホのゲーム感覚でこの手紙を江理子に渡せと命じたようです


その上寺内は、その颯人を「人質」にして江理子を脅してきます。颯人の信頼を得ている寺内なら、いつでも颯人を脅かせると思い知った江理子は、寺内の言いなりになるしかありませんでした


しかも寺内は、二宮が寺内に発した暴言を録音し、立ち退きの説明会でこれを公開します


お前も団地も狂ってる!江理子に何かしたら、お前を殺してやる!!ご丁寧にお巡りさんまで呼んできました(;´Д`)


挙句に金田に頼んで二宮の元カノの住所を調べ、彼女に二宮と江理子のことを吹き込んだらしい。「悪魔」に囁かれた彼女は、二宮を果物ナイフで刺したそうです


まさに「仕上げ」はおじい~ちゃん、なのですこれ以上寺内が狂うのを見たくないわ~(;´Д`)


寺内の狂気には歯止めが効かないと痛感した金田がそろそろ逃げ時だと考えていたところに「夏の虫」が飛びこんできました。高志です


高志はあらかじめ穂乃花を誘拐して部屋に閉じ込めた上で寺内を訪ねました。すっかり心を入れ替えたから、自分も「家族」の一員にしてほしいと土下座します。もちろんお芝居です


高志が持ってきた紅茶に毒が仕込んであったようですが、どうやら事前に高志から話を聞いていたらしい江理子が、寺内がこれを飲むのを阻止してしまいました。まったく、使えねえな!


高志は穂乃花がどうなってもよいのかと寺内を脅します。団地のスピーカーを使って、自分の罪を告白しろ!団地の真ん中で罪を叫べ!


さすがの寺内も逆らえずに集会所にやってくると、そこで待っていた金田が取引を持ちかけました。穂乃花の居どころを教える代わりに、自分に忠誠を誓えと迫ります


寺内は穂乃花のためにこれに応じて穂乃花を救いに行きました。ハンマーで壁を壊す寺内の迫力に、高志は怯えるばかりです


来週はついに最終回を迎えるそうです。予告によると、穂乃花は(寺内に)「大嫌い!」と叫んでいたようなのですが?


いやいや想像するだに恐ろしいです。江理子も高志とグルだったと知られたからにはタダではすみませんよね。何をさせられるか分かったものではありませぬ。


あ~来週で終わると思うと正直ホッとします。もうこれ以上寺内が罪を犯すのを見たくありません


ちょいと気は早いですが、次の「大人の土ドラ」は「いつかこの雨が止む日まで」という渡辺麻友さん主演のミステリーだそうですよ。キャスティングもなかなか良さそうで面白くなりそうです。限界団地が終わった翌週からのスタートだそうで、それまたとっても楽しみですね。


でもとりあえずは「限界団地」の最終回を見届けましょうぞ



見逃した方はアマゾンプライムで

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ