開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想 第29話 運命の分かれ道

開封府~北宋を包む青い天~のあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: 開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想、登場人物一覧


中国ドラマ、【開封府~北宋を包む青い天~】の29話は「運命の分かれ道」です。いや~これまた実に面白かったです。以下ネタバレのあらすじです開封府のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


子栄は、皇太后の話を聞いてすっかり弱気になった仁宗を李太妃に会わせました。どうやらあらかじめ楊太妃と夏懐敏を仲間に引き入れていたようです


仁宗は、幼き頃目にした李太妃の姿をちゃんと覚えていました。息子の目からあふれた涙を見た李太妃もまた滂沱の涙を流し、仁宗を抱きしめます。ようやく親子が一緒になれました。思えばふたりを離れ離れにしたのもほかならぬ皇太后なのです


その皇太后も陳林が指摘していたようにどうやら年には勝てぬのか、病を患っているようです。が、今やそれどころではありません。何としてもこの窮地を脱しなければなりません。


一方の子栄は、再び、楊太妃と夏懐敏に根回しに行きました。子栄はふたりに、放火をしたのは自分と仁宗だと明かし、もはやふたりも一蓮托生だから、仁宗を守ってほしいと訴えます。陛下が無事ならあなた方も無事です!


その頃張徳林と王延齢の双方に軍を動かしているらしい気配がありました。夏懐敏がそのことを憂えると、子栄は、父は自分が止めてみせると約束します。夏懐敏はその言葉を信じて馬を用意し、子栄を皇宮から出しました。


子栄は早速実家に戻り、張徳林を脅しました。明日包拯がすべてを明らかにする。その時父上は、陛下か皇太后のどちらかしか選べない。父上はまたしても私を見捨てるおつもりか!


張徳林は口では何と言おうともう一生子栄には頭が上がりませんね


こうして父を抑えた子栄は、仁宗の命により、禁軍の副統領となりました


そしていよいよ決戦の日~包拯は前副統領の王守忠を、張徳林は子雍と張東を連れて現れました。


それなのに皇太后は、言うに事欠いて、乾燥する季節ゆえに火事が起きた、大げさに騒ぎ立てては要らぬ噂が立つだろうから、捜査を中止しろなどと言い出します。仁宗はいわば皇太后の持ち札ですから、なんとしても庇わねばならんのです。


が、張徳林はそんなおためごかしを許さず、子雍と張東の罪を告発しました。子雍は、王守忠の手引きで皇宮には忍び込んだが、仁宗を助けたのは自分だと主張します。死罪にされる謂れはない!


包拯は王守忠を中にいれ、この3人の犯した罪を報告しました。でも3人は今回の放火そのものにはまったく関与していません


皇太后は陳林に全責任を負わせようとしましたが、王延齢は納得がいかないようです。年寄り一人に罪を背負わせて幕引きですか!黒幕がいるに違いない!!


そこで皇太后が陳林を呼ぶよう命じると、陳林は既に子栄とともに外で控えておりました。


陳林は梧桐小築に放火したのは自分だと改めて告白しますが、霊児がこのような目に遭ったのは他でもない王延齢のせいだと指摘します。入内させたのがそもそもの間違いだ。自分の命では償いきれぬから、あの世で霊児が不自由することのないように、仕えさせていただく~陳林は王延齢にそう告げました。


そして張徳林には、先見の明を持つ息子を持って何よりだ、と語ります。


皇太后、私の言葉を覚えていますか?将来を手にするのは若者なのです


陳林は最後の力を振り絞り、仁宗にこう伝えました。もう歩けない。これからはひとりで歩むように。あの世で吉報を待っている。


そう言って陳林は胸を抑え、血を吐いて絶命しました。どうやら先に毒を飲んでいたようです


陳林にしてみれば、いつ冷宮で息絶えてもおかしくなかったところ、耐えに耐えて時を待ち、ついに我が命を最大限に生かし切って逝ったのですから、本望だったに違いありません


まんまと陳林にしてやられた皇太后は、此度の放火はその陳林と王守忠、そして死んだ郭槐3人が結託して謀反を起こそうとした結果だったと結論付けようとしました。が、包拯は決して頷きません。包拯は今日、自分用の棺を持参して登城してきたのだそうです


真実を捻じ曲げて危機を逃れてもまた同じことが繰り返される。嘘で塗り固められた国は滅亡の危機にさらされる。


包拯は、仁宗が政を行えるまでに立派に成長したと告げ、全権を仁宗に返上するよう訴えました。物事にはすべて道理がある。皇帝による統治こそ道理に叶うことだ!


陳林に続いての包拯の言葉は、王延齢と張徳林を黙らせるに十分でした。どんなに皇太后がわめいても、誰一人動こうとしません。子栄は、夏懐敏からすべてを任されたと語り、仁宗の命令にのみ従うと言い切りました。


そして仁宗も実母の李太妃に会ったことを告げ、ついに独立を宣言します。もうあなたの陰には隠れない


皇太后は女を前面に打ち出して王延齢と張徳林に助けを求めますが、今さら後の祭りです


でもさすがに倒れられては放っておけそうにありません


予告でああして横たわっているのを見ると、よくぞまあ長年あの伏魔殿で権力を維持してきたものだと、良きにつけ悪しきにつけ、改めて感心してしまいます


楽しんで見ているうちに、いつの間にか折り返しに来ていました。来週からはいよいよ仁宗の親政がスタートしそうで楽しみですね


~内容にもよりますが、後半は少しまとめて書くことになるかもしれませんです



開封府~北宋を包む青い天~ DVD-BOX1~3

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ