W-君と僕の世界- ネタバレと感想 第5~9話 真犯人の逆襲

韓国ドラマ、【W-君と僕の世界-】も順調に見続けています。今週放送分の5話から9話までの簡単なネタバレをまとめましたW-君と僕の世界のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


現実の世界のソウルにやってきたチョルは、ヨンジュの父親のソンムがWの作家=不幸の元凶だったことを知りました。たとえ相手が愛するヨンジュの父親であろうと、チョルは自分をこんな目に遭わせたソンムが許せず、ついにソンムを撃ってしまいます


あんたは生きている俺の姿を見たのに殺そうとした。ナイフの代わりにペンを握って暴力性を隠しているだけだ!


でも「正義漢」に設定されたキャラはそう簡単には変えられず、チョルはソンムを殺すことができませんでした。急所を外してしまったのです


その後チョルは漢江に身を投げて自殺を図りました。自分が死ぬことでWを終わらせようとしたのです。それが「殺人犯」にふさわしい結末だ。


チョルはヨンジュにそう遺書を残したそうです


一方のソンムは病院で意識を取り戻し、人気漫画Wの作家は自殺を図ったが無事だったと公表されました。読者は突然のチョルの死にひどく反発したそうで、ソンムもまた続きを書こうと試みたそうですが、絵の右下に書かれた「終」の文字は消すことができなかったそうです。


その後のチョルを心配するヨンジュに、ソンムは、もう終わらせなければならないのだと告げました。お前はいつの間にか「ヒロイン」になっていた。だから何度もあの世界に引きずり込まれてしまった。


それでもヨンジュは、冷たい川に飛び込んだチョルが可哀想でならず、ずっとチョルを思っていたところ、またしてあちらの世界に連れ戻されます。厳密に言うとチョルが身を投げたのは現実の世界ですが、遺体は上がらなかったので、自動的にあちらの世界にワープしたものと思われます。


いまだにチョルが水中を漂っていたのを知ったヨンジュはスボンを呼び出し、すぐに続きを書くよう命じました。その頃ソンムは回復祝いと称して友だちとニュージーランドに旅行に出かけていたのです。


嫌がるスボンを無理矢理説得して続きを書かせようとしましたが、漫画は動き出しません。


ガッカリしていたヨンジュに、スボンは思いがけない話を聞かせたようです。Wは元々幼いヨンジュが考え出したヒーローを主人公にして描かれたのだそうです


この話がヨンジュを再び漫画の世界に連れ戻しました。ヨンジュは拘置所に戻り、チョルは、たまたま通りがかった警察の船に救われて一命を取り留めます。どうやらこのストーリーもヨンジュが考えたようです


ヨンジュはチョルに、自分を拘置所から合法的に出してほしいと頼みました。これからは、ミステリー好きの父とは違い、甘いロマンス好きな私と一緒に「続編」を楽しもうと申し出ます


そこでチョルはヨンジュとアメリカで結婚していたことにして、ヨンジュの正体を明らかにしました。ヨンジュが逮捕されたのは、その正体が不明だったからです。


ふたりの偽装結婚はそのまま本物となり、甘い新婚生活が始まりました。
ふたりの甘いロマンスは可愛かった( *´艸`)


まあそれはそれでなかなか可愛かったんですが、「サスペンスミステリ―好き」なおばさん的にはちと物足りなかった~このドラマを見始めたのもミステリー仕立てが気に入ったから~ところ、期待通りの展開が待っていました。なんとなんと、チョルの一家を惨殺した犯人が、顔=実体を寄こせと脅迫してきたのです!


この「犯人」は顔を求めてこちらの世界に現れ、チョルが身を投げた漢江で男二人を殺し、ソンムの連絡先を知るために、編集者の女性を殺しました。しまいにはソンムの乗っている飛行機の中にも現れてソンムを脅します


どうやらこの男はこの男なりに、自分の生きる意味=存在意義を追い求めていたようです。チョルが実体のない犯人を捜すために生きていたと知って虚しくなったように、この男はこの男で「無」にされてしまったことに怒りを禁じえなかったらしい。しかも肝心のチョルまで、ヨンジュと出会って甘いロマンスを始めることにした結果、犯人捜しを諦めてしまったのですから


ヨンジュは既に漫画の世界でも実存していたため、犯人の絶好のターゲットとなってしまいましたお前の家族を殺したのと同じように殺してやる!


その上、ヨンジュが漫画の世界の主人公になったことで、幼馴染のソヒの姿が消えかけてしまいます。こちらも「存在意義」が無くなってしまったからです


チョルは悩みに悩んだ挙句、ヨンジュをこちらの世界に帰すことに決めました


チョルはヨンジュに現実世界に戻って「続き」を書くよう命じます。すべてが夢だったことにして幕引きをしろ。そうすればすべてが元に戻る。愛する君が傷つかずに済むから。俺の気持ちが理解できるか?


たとえ自分が捕まろうとも、漢江に漂うチョルを放っておけなかったヨンジュですから、頷かぬわけには行きません


ヨンジュはチョルに言われた通りに続きを書きました。チョルはソンムにもメールを書き、USBに保存してヨンジュに託したようです。お父さんに渡して。


俺はあんたが作った宿命にしたがう。だからあんたも本分を果たせ。俺のためじゃなく、娘のためになら描けるはずだ。Wのハッピーエンドを


これで漫画の世界は以前通り動き出し、チョルは「真犯人」を捕まえるべく再び奔走し始めました。


ソンムは、真犯人にも顔を与えて満足させ、彼を殺すことで今度こそ幕引きを図ろうとします。チョルから貰った事件資料をすべて読み、これまでに挙がった容疑者とは別の人物を創り出すことにしました。そうして決まったのが自らの顔です。そう、ソンムは、一度あちらの世界でチョルを殺しかけた自分の顔を犯人に与えたのです。犯人の名前は「ハン・サンフン」です。


ソンムはサンフンにテレビ局で銃撃事件を起こさせて逮捕させ、真犯人が捕まることで、自らの主張を覆された元検察で今は「大統領」を狙っている代議士のチョルホに、自殺に見せかけてサンフンを殺させました。が、実行犯がチョルホを告発し、ついにチョルホが逮捕されます。


こうしてついに復讐を果たしたチョルはソヒとも順調そうでした。まだ結婚はしませんが、そのうちするだろうな~と匂わせてのエンディングです


でもどうやらサンフンは納得しなかったようです


俺に会いたくなったら漫画を読めばいい~チョルのその言葉通り、こちらの世界のヨンジュは、漫画を読んではチョルとの思い出に浸って泣いていました


が、ある日のこと、病院でいつものように漫画を読みながら&泣きながら寝ていたヨンジュの耳に、コードブラックが聞こえてきます。ヨンジュが起きて出ていくと「テレビ局銃撃事件」の被害者が搬送されてきていました。しかも病院の名はミョンセではなくソンジン病院となっています。どうやら時が遡ってしまったようです。


病院にやってきたチョルはヨンジュを覚えていませんでしたが、ヨンジュはチョルから目を離すことができませんまた会えた!( ;∀;)


それでも病院スタッフは現実世界のまま~ミョンセ病院のスタッフのようなので、あれは漫画ではなく現実の世界なのでしょうか? またサンフンに顔を与えたソンムは文字通り自分の顔を失ってしまったようです


いやいや実に混とんとしてますます面白くなってきましたね~。いったいどんな決着をつけるつもりなのか、続きを見るのが楽しみです



W -君と僕の世界- Blu-ray SET1&SET2

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ