高嶺の花 あらすじと感想 第4話 出生の秘密

野島伸司さん脚本、石原さとみさん主演のドラマ、【高嶺の花】は4話にして驚きの秘密が明かされました。以下早速ネタバレです高嶺の花のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。(ちと妄想入ってます


なんとなんとももの実父は市松ではなく運転手の高井でした。今回これは高井と市松の会話によって明らかになります。高井は、今自分が「実の娘」の運転手をしているのはだと語っていました。


ということは、ももの母親は、冷たい市松に耐えられなくなって高井と不倫をしたのでしょうか?それとも、もともと高井の恋人だったのが、高井の都合によって別れを余儀なくされ、子どものももを市松が黙って育てることにしたのでしょうか?


おそらくはももの母親も華道家だったのでしょうから、ももの才能は母親譲りだったのですね~。まあ市松がつきっきりで特訓したおかげでもあるのでしょうが。


そういえば確か市松は以前「ももの才能」を愛していると語っていました。月島流の神髄は相反する2つの共存~愛と憎しみ、光と影、だそうなので、市松のももへの感情こそ月島流そのものなのでしょう。ももはそんな両極端の世界で育ったために、ガラスのように繊細な人間になってしまったのですね


ももの母親はモネの睡蓮が好きだったそうです。これはぷーさんも好きらしく、モネが晩年に描いた睡蓮を指して、凡人には見えないものが見えていたのだろうと評していました。それが「芸術家」なのだろうと。


この話を聞いた高井は高井なりにももがぷーさんを好きになった理由が分かったようです。


ぷーさんはももにも「芸術家」についての見解を述べています。芸術家は「孤独」ではなく「孤高の人」だ。誰からも理解されなくても、そのような状況に身を置くことでたくさんの人々を感動させる作品を作れるし、その作品は後世に残る。カッコいい


言い方は違っても、同じような話を市松からされたばかりのももは激しく反発しました。芸術家なんて寂しくて辛くて悲しいだけだ!死んでるのに名前が残って嬉しいはずがない!!生まれ変わっても二度と芸術家になどなりたくないはずだ!ミーハー感覚でカッコいいなんていわないで!


そんな風に口喧嘩はするものの、二人の仲は順調に進展していました


ももは今回拓真に会って、真由美のことは思い過ごしだ、自分にも好きな人ができた、と伝えています。彼は私の自転車を直してくれた。同じように私の心も治してくれるような気がする。バラバラになった私のパーツを1つ1つ丁寧に


そういうの、恋って呼んでいいのかな。


ももの「恋」はぷーさんのこの一言でますます深まっていきます


相手にされたら嫌なことをどうして自分はできます?愛してるのに


なんと幸平と佳代子は元夫婦だったそうで、幸平の浮気を理由に離婚をしたのだそうです。佳代子は、本当に憎みたくなる前に別れた、と説明していました。


ぷーさんは、ワイドショーでは誰もが浮気をしているような言い方をするが、本当はそれほど多くはないに違いない、と主張します。うちのオヤジは浮気なんてしなかった。その理由が「自分がされて嫌なことを他人にはしない」です。愛してるから


場所が場所=キャバクラだけに、誰もが受け流してしまったこの言葉を、ももだけは真剣に受け止めていました。ぷーさんはこの後、ももとの2回目のキスをけしかけられて、怒って出ていってしまいますが、ももはむしろそれが嬉しかったようです


ぷーさんも、ぷーさんのお父さんもカッコいいよださくなんかないよ


ももはぷーさんにキスをして、1度目のキスはまぐれでも、2度目のキスは何だろうね、と微笑んで帰っていきました本気でしょう( `ー´)ノ


ぷーさんの言葉を嬉しそうに繰り返すももを、高井はどんな気持ちで見つめていたのでしょうか。


その時高井はキャバクラに月島流の特集を組んだ雑誌を置いてきたそうです。高井にしてみればここらが「潮時」と考えたのかもしれません。ももはお前たちが相手にできるような凡人ではない、高嶺の花なのだ、と知らせたかった。自分がそうだったように


でも、その「凡人」は思いのほか、芸術家の孤独や素晴らしさを理解していた。高井はどう感じたことでしょうか。


そしてその凡人のぷーさんは、ももの正体を知っても思ったほど驚いていませんでしたね。ももが住むマンションに招待されたぷーさんは、着物姿の「月島もも」の出迎えを受け、その部屋で一夜を共にしたようです


その時ぷーさんは、亡き節子の言葉を思い出していたそうです


女には二種類いる。奪う女と与える女。奪う女は金も子どもも、下手すれば命まで奪っていくが、与える女は身も心も捧げてくれる。母さんも与える女だったよ。


ももも、金さん銀さんのおかげで家事全般に長けていて、実はとっても「女子力の高い女性」なのだそうです


私は欲張りだから、あなたの最初で最後の女になる。裏切ったらちょん切るから


次回ももはぷーさんを市松に恋人として紹介するようです。また邪魔されないといいですけどね


その市松はどうやら何者かに襲われて入院してしまうようです。犯人の可能性が高いのは拓真でしょうかね。ま、自業自得でござんすが


そこで市松はももに、拓真との結婚を壊したのは、お前の母との約束だったからだと告げていたようです。市松が妻と約束したのは結婚を壊すことではなく「ももを家元にする」ことではなかったのでしょうかね。


その家元~月島流の跡継ぎに関しては、ななから家元就任への意欲を打ち明けられたももが市松に、心のキレイなななを家元にしてほしいと訴えていました。でもなながももに食って掛かったのは、市松に命じられたからでもあったそうです。今ななは蔵にある「鏡の間」で後ろ生けを学んでいますが、もう一人の自分を見つける以前に、自分が置かれた状況に怯えていたようです


龍一は、意外にも、そんなななに優しく手ほどきをしていました


その龍一から、可愛い娘を孤独な家元にしたいのかと問われて自信たっぷりにそうだと答えたルリ子の不倫は、既に市松に見破られていたようです。だからと言って、今の市松にとってルリ子もななも、愛憎の対象ではなさそうですから、報復されることもなさそうです


また宗太は、順調に旅を進めていたところ、ある時、太くて高い木の上に咲いていたユリを摘もうとして上から転落してしまいました。通りがかりの誰か(博多華丸)に助けられたようで何よりでしたね


さ~て来週はいったいどんな展開が待っているのでしょうか。次回の放送が楽しみですね



見逃した方は今からでもアマゾンプライムで視聴できますよ~

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ