ハゲタカ ネタバレと感想 第3話 目指す仇は大番頭!

綾野剛さん主演の社会派ドラマ、【ハゲタカ】は3話目も面白かったですね~。鷲頭と貴子の凛々しさに惚れ惚れしてしまいました。以下ネタバレのあらすじですハゲタカのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


日光みやびホテルの社長に就任した貴子は芝野に改革案を提示し、なんとか三葉銀行からの融資を得ようとしていました。芝野もまた、シッカリ者の貴子ならホテルを再建できるのではないかと再検討を始めた矢先、鷲津がホテルに乗り込んで、みやびホテルの買収を宣言します


驚く貴子と芝野に、鷲津は既に三葉銀行以外の取引銀行から債権と株式を譲渡され、どうやらホテルの従業員女性と金を持ち逃げしたらしい寿の株券も譲り受けたと言い放ちました。これでホライズンジャパン・パートナーズの持ち株は34.5%となったのだそう。


鷲津が、今後経営にも積極的に関わる意向を仄めかせて立ち去ろうとすると、貴子はその後を追ってきて、最初からホテルを狙っていたのかと尋ねました。鷲津は自分がハゲタカとして生きる決意をした時からだと答えます


私がこのホテルを手に入れようとしているのは、奪うためでも壊すためでもありません


日光みやびホテルは、鷲津にとって深い思い出のある場所だったのですが、この時は鷲津は何も言わずに去っていきます。


以前のホテルを辞めた時から、鷲津という人間に対して好意を抱いていた貴子は、鷲津の出方次第では買収に応じても構わないと考え、後日鷲津を訪ねてそう申し出ました。それが従業員やホテルのためになるのなら。


すると鷲津は、そもそも貴子はどんなヴィジョンを抱いて社長になったのかと問い返してきます。本当にホテルを再建する覚悟があったのか?それなら、なぜ、諸悪の根源を切り捨てなかったのか!?


貴子はハッとし、自分がまだまだ甘かったことに気づかされました。諸悪の根源とは乱脈経営を続けてホテルを窮地に追い込んだ重久を指しているのは明らかです。貴子が重久を解任できなかったのは、今は亡き祖母から、これからは家族でホテルを支えてほしいと言い残されたことも大きかったようです。


その頃、三葉銀行の飯島は「三葉ふるさとファンド」を立ち上げて気炎を吐いていました。外資のハゲタカから国内企業を救うというのが名目ですが、実際は、不良債権回収のための手段に過ぎなかったそうです。これには鷲津はもとより、芝野でさえも気づき、ひそかに実態調査を進めたそうです。


また鷲津は、飯島があれほど太陽ベッドにこだわった理由も突き止めています。三葉銀行は太陽ベッドを「隠し口座」の隠れ蓑にしていたのだそうです。主な顧客には政財官界の大物もいたらしく、これは三葉銀行の頭取すら知らない機密事項で、代々の大番頭だけが引き継いで運営を任されていたのだそうです


鷲津は、思い出のホテルを守るためにも飯島に会って牽制しました。隠し口座をそのままそっくり買い受けたい。こちらでは「受け皿」も用意している


貴子はこの間に覚悟を決め、再度鷲津に会いに行きました。そこに寿が現れます。寿は、持ち逃げした金をすべて相手の女に奪われて、一文無しになってしまったのだそうです


貴子から話を聞いて駆けつけてきた珠香は、寿が鷲津に唆されたのではないことを知って寿を見限りました。お姉ちゃんの言う通りだったわ


貴子は鷲津に、もう一度あのイヌワシを見た場所で話を聞いてほしいと頼みました。貴子は鷲津から金を借りてホテルを立て直す=MBO(Management Buyout~経営陣買収)を決意していたのだそうです。


この危機的状況を知りながら金を貸してくれるなら、ハゲタカの餌になり下がることなく、ハゲタカの翼を利用して羽ばたいてみせる!そこからは私の覚悟の問題です( `ー´)ノ


鷲津は貴子の覚悟を評価し、過去を明かしてくれました。鷲津の両親は日光に観光にきて一緒にイヌワシを見たのが馴れ初めで一緒になったのだそうです。鷲津はみやびホテルのエントランスで撮影した両親の写真を見せながら、父の遺言は、昔見たイヌワシのように自由にはばたけだったと明かしました


バブルがはじけてもまだ横暴さが抜けない銀行からこの自然を守りたかった。それがみやびホテルを買収しようと思った理由です。


そんな鷲津の父親を死に追いやったのは、やはり飯沼だったそうです。飯沼は鷲津の父親=花井順平(小木茂光)が生前経営していたワープジャパンという繊維会社を脱税で密告したのだそうです。確か鷲津も昔洋服のバイヤーをしていたって言ってましたね父親の仕事に近い業種を選んだのかな


その疑いはすぐに晴れたものの、これで信用を失ったワープジャパンは、グループ会社ごと倒産に追い込まれた上、「税金逃れの計画倒産」とまで疑われたのだそうです。


当時の資料には、この疑惑を指摘したのはワープジャパンを担当していた芝野と明記されていましたが、当の芝野は海外支店への赴任が決まって引き継ぎをしていたため、そこまで深く関知していなかったそうです。


芝野に資料を突き付けて話を聞きだした鷲津は、犯人は当時芝野の上司だった飯沼だと結論付けました。当時花井は三葉銀行の隠し口座に気づいて調べようとしたために、飯沼に陥れられたのだそうです


濡れ衣を着せられた花井が大蔵省で割腹自殺したのは以前知らされた通りです


芝野は辞表を手に飯沼にい会いに行き、鷲津からの伝言を伝えました


現在、金融庁と東京地検が隠し口座の件について極秘で捜査を進めている。受け皿の用意はできている


飯沼は顧客データを持って、鷲津が用意したという潜伏先に向かいました。データを受け取った鷲津はすぐにこれをNY在住のジャーナリストに送ったそうです


鷲津は、日本経済を支えてきたのは自分達だと開き直る飯沼に、鷲津が腹を立てているのはむしろ花井に対してだと語りました。どんなに辛くても、たとえ泥水をすすってでも生きるべきだった


その上で飯沼をも蔑みます。あなたは最後まで保身に走らず、三つ葉を守るために生贄になるべきだった


隠し口座の存在が暴露されたと知った飯沼は鷲津を激しく罵りました。売国奴め!タダで済むと思うなよ!


鷲津は、死ぬこと以外はかすり傷だと言い返し、日本経済を腐らせた三葉銀行を潰せたのだから、ハゲタカ冥利に尽きる!と啖呵を切りましたそれでもあなたは生きている~生きてもう一度やり直せという意味ですね


重久を退陣させ、姉妹が力を合わせて引き締めを図ったみやびホテルは、早くも順調に立ち直ってきているようですが、もうそうなったら自分の役目は終わったと、鷲津の目は次のターゲットに向けられています


さて次回は、飯沼の失脚を機に三葉銀行を辞めた芝野が、再び鷲津と刀を交えるようでしたね。そこに高嶋政伸さん演じるカリスマ経営者も乗り込んでくるそうで?


ハゲタカはますます面白くなってきそうです。続きもとっても楽しみですねハゲタカがめっちゃ面白い(^^)/


新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)/新装版 ハゲタカ(下) (講談社文庫)
これでようやく(視聴し終わったら)原作も読めます

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ