【恋する泥棒~あなたのハート、盗みます】を見始めました 1~3話 ネタバレと感想

忙しい忙しいと言いながら、韓国ドラマ、【恋する泥棒~あなたのハート、盗みます】も見始めました


1~3話まで見た限りにおいては、これがどうして「恋する泥棒」になるのか想像もできないほど(否、想像ぐらいはできますが)、どちらかというと暗くて貧乏くさ~いドラマになってます。それが嫌だという訳じゃなくて、むしろ好きな方ですが、あまりにもタイトルとのギャップが大きいことにちと戸惑っているところです


なにせ全50話もあるそうなので、最後まで続けられるかどうかが心配です。番宣通りの「爽快感120%の人生大逆転ストーリーなら良いのですが


とはいえ、この1~3話もそれなりには面白かったですよ。特に子役が可愛いですね~。以下あっさりネタバレのあらすじです恋する泥棒のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


独立運動家の祖父を持ったチャン・パンス(アン・ギルガン)は、そのために辛い幼少期を送りました。自分の子どもには同じ思いをさせたくないと、妻のパク・ハギョン(チョン・ギョンスン)との間にできた息子のミンジェ(ムン・ウジン)のために泥棒までしたそうです。逆子だったから病院の費用が嵩んだのかしらね


その上ハギョンが犯した傷害罪(殺人罪?)まで身代わりになって服役したのだそうです


ようやく出所してきたパンスにハギョンは、今は昔とは違って独立運動家だったことが誇れる時代だと切り出しました。パンスは、祖父のせいで父は国に殺された、と怒りますが、ハギョンは、今は国ではなく有名なチョンムングループが組織運営している独立運動家の記念事業会が子孫を捜しているらしい、と説明します。パンスは祖父と仲間が参加していた義烈団の写真を持っているのです。


パンスは、相変わらず借金苦の我が家の様子に、もし金になるのなら、と遺族申請をしました。


そしてこれがすべての不幸の幕開けでしたハギョンが余計なことさえ言わなければねえ(;´Д`)


チョンムングループのホン・イルグォン会長(チャン・グァン)は義烈団の団員が隠し持つと言われている「地図」を捜していたのだそうです。もしかしたら、宝の在りかを教えるその地図を手に入れるために、娘のシネ(チェ・スリン)の婿に、やはり義烈団団員の孫のユン・ジュンテ(チェ・ジョンファン)を選んだのかもしれません。


そんな地図があることすら知らなかったパンスは早速ホン会長の手下に捕まり、息子を殺すと脅されて、幼馴染でペクサン先生と呼ばれる有名団員の孫のキム・チャンギ(チョ・ドクヒョン)の居場所を教えてしまいました。チャンギもまた何も知らないと言い張ったため、無残にも自殺に追い込まれてしまいます


パンスは、友人を裏切ったせめてもの罪滅ぼしに、チャンギの息子のスヒョン(ホ・ジュヌ)を助けて逃がしました。が、そんなこととは知らないチャンギの妻、ミン・ヘウォン(シン・ウンジョン)は、夫と息子を失った絶望のあまり、入水自殺してしまいます


何とかヘウォンを助けようとして、また泥棒までしたパンスでしたが、ヘウォンが死んだと聞いて、仕方なくスヒョンを施設に預けようとしました。が、すっかりパンスになついたスヒョンは、後を追いかけてきてしまいます。アボジ!


心優しいパンスはスヒョンを捨てることができず、その名を「ドルモク」と改めて実子として育てることにしました。もちろんハギョンとミンジェは、本当はドルモクがパンスの子どもなのではないかと疑って猛反対しますが、パンスは意志を貫いたようです


それにドルモクがまた実に賢くて可愛い子どもなのですよね。パンスがふたりに気を使っているのも分かっていて、自分もまたふたりを気遣おうとするのですが、ハギョンにはそれがまた面白くない訳ですよ。でもミンジェは彼なりにドルモクを可愛がってくれたようです


そしてこのドルモクが、実は、パンスの祖父の墓代わりらしい大木の根元に開いた穴の中に地図を発見しています。小さい頃に一度見ただけですが、賢い子なのでいつか思い出すのかもしれませんね


またこのドラマには、かなりお調子者ではあるものの子煩悩な刑事のカン・ソンイル(キム・ジョンテ)と娘のソジュ(キム・アイン)の親子も登場します


ソンイルは、チャンギ殺しを初めとするホン会長やジュンテの悪事に気づきましたが、脅して消されるよりは、黙って従った方がマシだと判断し、それなりのうまみを得ていたようです。娘のソジュは本当に良い子なんですけどね~


この子どもたちが成長して「恋する泥棒」になるようですね。今のところ、あらすじ感想を語るにしても週1~2回のペースがせいぜいですが、最後まで楽しく見られるドラマになるといいなあ恋する泥棒が楽しみ( *´艸`)

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ