ああ、私の幽霊さま ネタバレと感想 第11&12話 ボンソンが危ない!

チョ・ジョンソクさん主演のラブコメディ、【ああ、私の幽霊さま】の11話は「奇妙な三角関係」、12話は「オレの彼女だ!」です。


このドラマも本当に楽しいですね~。最近あまり(韓ドラの)ラブコメにはハマれなかったのですが、これは今一番のお気に入りです


以下簡単なネタバレのあらすじですああ、私の幽霊さまのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


スネは相変わらず、ソヌの側を離れがたくて、なかなか思うようにうまく行かないとボンソンに嘘をついていました。今のソヌならすぐにも昇天させてくれそうなのに、スネが逃げているだけなのです


ソヌは、これまでずっと積極的だったボンソン(スネ)の変わりように戸惑いますが、そこは惚れた弱みで何をやっても可愛く見えているようです。ソヌは取材の場にまでスネを連れて行き、あたかもスネが恋人であるかのように仄めかしました。横で聴いていたスネは気が気ではありません。あんなこと言ったら気づかれちゃうのに!シェフったら( *´艸`)


が、さすがに同じ部屋で寝るという絶好のチャンス!?に拒まれたのは我慢できなかったようです。スネの部屋が水浸しになっていたためソヌがスネを自分の部屋に誘ったのです。着る物も無くてソヌのワイシャツを羽織っただけの姿にそそられぬようではもう男ではありませぬ。それに何せずっと「やろう!」と誘われ続けてきたのですから


プライドを傷つけられたソヌは、翌日の仕事でそのうっ憤を晴らしました。スネが施したアサリの下処理に難癖をつけ、これでは使えないからエビを買って来いと命じます。何とも器の小さな男ですが、スネには可愛く見えたようです。


スネは買い物の途中でついでにミョンホの店に立ち寄りました。その時ミョンホは亡くなったスネの携帯に電話をかけていたそうです。いつか電話が通じてスネが話しかけてくるのではないかと思ってしまうのだそうです。だからいまだに解約できずにいたらしい。もう手元に電話もないのに


それなら死因は事故だったのかと尋ねたスネに、思いもよらない答えが返ってきました。なんとスネは自殺をしたのだそうです!?


いくら記憶が無いとはいえ、自分が自殺するなどとは到底思えなかったスネは早速日記を調べました。スネが亡くなったのは、ミョンホの還暦の誕生日の前の週だったらしく、スネは当時ミョンホに内緒でグァムへの家族旅行を計画していたことを思い出します。スネは既に航空券も用意していたそうです。


それなのに自殺などするはずがない!


スネは早速日記と航空券を持ってソンジェに会いに行きました。ソンジェは、スネの死は間違いなく自殺だったと証言します。スネはうつ病で、死ぬ前にメールで遺書を送っていたというのです。


それでももう一度調べてみるというソンジェの言葉を信じたものの、スネは不思議でなりませんでした。皿洗いを終えるとすぐにボンソンから飛び出し、ソビンゴのもとを訪ねます。


自分に目もくれずに出ていったスネ(ボンソン)を見たソヌは、ボンソンを相当怒らせた、と困り果てました。これはもう惚れた弱みでござりまするね


一方で、スネがまだ成仏していないと知ったソビンゴは驚きを隠せません。自殺をしても成仏できない霊はいる。早く成仏しないと悪霊になるよ!!あんた、まだやってなかったの!?


スネは分かった分かったと言いながらももやもやが晴らせなかったため、ソヌの顔を見て元気になろうと急いで戻ってきたところで、ソヌがボンソンにバラの花束とペアリングをプレゼントしている姿を目にしました


俺は思ったよりお前のことが好きみたいだ


すっかりラブラブな二人を見たスネは、二人がキスしようとしているところに突進してボンソンを突き飛ばしてしまいます。スネの体には妖気が漂い、その顔はすっかり険しくなっていました


これにはソヌやボンソンはもとより、スネ自身が驚いてしまいます。正気じゃない!何やってんだ!私!!


ソビンゴの言葉が聞こえてきます悪霊はダメだ!永遠に消えない


スネは覚悟を決めてボンソンに憑依し、ボンソン宛の手紙を書いて&ソヌの寝顔をじっと見つめて去っていきました


ナ・ボンソン、今までありがとう。もうあんたに憑依しない。彼のそばに残りたくなってあんたとの約束を守れなくなりそうだから。私がいなくてもふたりは大丈夫。あんたの幸せを願ってる。生きてる時に精一杯愛しな。自分自身も、他の人も。


スネの気持ちを理解したボンソンは、ボンソンにすまなく思いながらも、ようやく両想いになれたソヌを諦められませんでした。ここは身勝手にならなければ!


ボンソンはボンソンのままソヌと交際し始めます。


が、最初は何とか合わせたものの、次第にほころびが目立ってきました。ソヌが語るふたりの思い出はソヌとスネのものばかりなのです。ホルモンが好きなのも、南山に行きたいのも、遊覧船に乗りたいのも、みんなみんなスネであってボンソンではありません。


ソヌが好きになったのはスネの性格を持ったボンソンだと思い知らされたボンソンは、ついに真実を打ち明けてしまいました。


シェフが好きになったのは私に憑依した幽霊!


ソヌに信じろという方が無理ですよね。それでなくても人一倍頭が固い方なのに


でも、そこはなんとか、せめてスネの存在だけでも知ってほしい~そう願わずにいられません。こうなったからにはもう陽気男との成仏は難しいかもしれませんが、そこはソビンゴが痛くないように昇天させてやると約束してくれてましたからね


が、そうもいかなくなりました。ソンジェがついにボンソンを殺そうと動き出したからです。偶然通りかかったスネが助けたから良かったものの、そうでなかったらボンソンもスネの仲間入りでござりました。それにどうやらボンソンがスネだと気づいていたようですよね?


ボンソンを轢こうとした人物がソンジェだと知ったスネはわが目を疑いますが、通りかかった何の関係もない男性に八つ当たりしてひどい暴行を加えるのを見てはもう信じずにいられません嫌な予感がする


殺されたシネの無念はもちろんのこと、娘が殺されたというのに何か辛いことがあって自殺したと思い込まされているミョンホが哀れでなりませんでした。なんとかソビンゴが悪霊を退治してくれることを切に願う次第でありますソンジェに取り付いた悪霊をやっつけろ!


ああ、私の幽霊さま」は続きもとっても楽しみです



これは是非ノーカットで視聴したい


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ